カシスと緑茶の『お酢』

先日、 『はせがわ酒店グランスタ店で一献』という話をしましたが、そのお店の隣にお酢の専門店がありました。

はせがわ酒店の磯自慢で御機嫌になったところに、タイミングよく綺麗なオネエサンに「ど~ぞ~ご試飲くださあーい」と差し出されたら、つい受け取ってしまいます。

いろんなお酢が流行っているのは知ってましたが、特に興味はありませんでした。
でも、試飲した『カシスと緑茶のお酢』というのが新鮮な味覚で、「へ~~ッ」「ほ~~」でした。

ちょうど母の日も近いし、時にはカミサンに、ということで購入したのが以下の2点。f0193752_156329.jpg

左が『カシスと緑茶のお酢』です。

原材料表示は《ぶどう果汁 果実酢(カシス・ぶどう)、緑茶 カシス果汁》となっています。

カシスとブドウを原料にしてワインのようなものを作った後、それに酢酸菌を加えてお酢にして、さらにぶどう果汁とカシス果汁、さらに緑茶を添加したということでしょうか。 
水や炭酸で5倍程度に希釈して飲むものだそうです。


右は『ビール割り用ビネガー』ですって! いろいろあるもんですね。

こちらの原材料表示は《りんご果汁 果実酢(りんご、グレープフルーツ、オレンジ、ローズヒップ)、グレープフルーツ果汁、ローズヒップ果汁、ぶどう果汁、オレンジ果汁、レモン果汁》となっています。

つまりアップルビネガーにいろいろな果汁を添加した製品ですね。
ビールに少し加えると普通のビールがベルギービールのようなフルーティーな香りになるそうです。
確かにベルギービールにはいろいろな香りが付いていますからね。

どちらも60mlで525円。
すごく手間が掛っているとは思いますが、女心をうまくつかんだ高付加価値商品ですね。
ビール好きのカミサンも喜んでくれました。(量が少ないと不満そうでしたが)

お酢の作り方もちょっと勉強してみようかな。
果実酒のように出来合いのお酢に果実を漬け込むだけなら簡単ですが、本格的に醸造からとなると大変そうです。どぶろくのお酢版みたいなものでしょうか。
お酢はアルコールではないので製造免許はいらないんでしょうかね?
でもお酢を造る過程で一度はアルコール醸造をするわけだから、いろいろ制約があるんでしょうかね。
素人にはハードル高そうですが、できたら面白そうではないですか!?

そういえば、昨年酒造り体験をした茨城の木内酒造さんではお酢も造っていたような・・・
こんど要領を聴いてこようかな・・・・・
  (ちょうど今年の酒造り体験が30日の田植えからスタートします。)



2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング
[PR]

by sakenihon | 2009-05-16 02:21 | その他いろいろ  

<< ランキングアップにご協力ありが... 民主党の岡田さん・・・ >>