突然 米沢へ・・・・

石巻で一杯やりながら、突然思い立って米沢へ。

これも『大人の休日倶楽部パス』あっての芸当です。

仙台から新幹線に乗ってしまえば、福島乗り換えであっという間に米沢。f0193752_2019378.jpg
f0193752_2020357.jpg


米沢駅に到着したのは午後3時半。

米沢は”天地人”一色。 『天地人博』なんてものまで開催中。
f0193752_2045846.jpg
会場は上杉神社前の”上杉博物館”  素晴らしい”箱”です。
f0193752_2046117.jpg
テレビの力は凄いもんです。

これが目当てではないけど、せっかくですから”上杉神社”にもお参り。
f0193752_20593426.jpg
米沢城は徳川に対する配慮で、石垣も天守閣もない平城で土塁で囲まれていたそうです。
f0193752_210371.jpg
その米沢城跡に上杉神社は建てられ、上杉謙信が祀られています。
f0193752_210313.jpg


隣接したこちらは”松岬神社”。
f0193752_21121980.jpg
こちらには上杉鷹山、上杉景勝、そして人気の直江兼継が祀られておりま~す。

上杉神社を後にして、徒歩で約15分でのんべえの目的地『小嶋総本店』さんへ。
f0193752_21374570.jpg
”東光”というお酒を造っているお蔵です。 

このお酒、以前に一度飲んでいい印象が残ってます。

1597年(慶長2年)創業の米沢上杉家の御用酒屋です。

この年代の酒蔵では金沢の『やちや酒造』、土佐の『司牡丹』に続く3軒目の訪問。

期待したのですが、なんとここは本当の酒蔵ではなくて資料館『東光の酒蔵』でした。

本当の酒蔵は数百メートル離れたところにあって、そちらは見学できないそうで断念。
f0193752_2148369.gif

下調べもなく、アポもなく思いつきの訪問ですからしかたありません。
(実はチョットしたコネがあったので蔵元にさえ会えれば、と思っていたんですが・・・甘かった。)

でもこの資料館、想像以上でしたよ。(入場料300円也) 

廃業した酒蔵を買い取って、そのまま博物館にしたそうで、ちゃんと煙突も健在。

ざっと写真だけレビューします。
f0193752_21541946.jpg
f0193752_2154406.jpg
f0193752_21553214.jpg
f0193752_21554713.jpg
f0193752_21563356.jpg
f0193752_21564752.jpg
f0193752_21581842.jpg
f0193752_21584168.jpg
f0193752_21593937.jpg
f0193752_2159581.jpg

最後に試飲コーナー。 お決まりの観光コースって感じで吟醸以下すべて飲み放題!

しかし、ここで50~150円での大吟醸の有料試飲ができたのは良かった。
f0193752_2210378.jpg


『大吟醸の袋吊り』『純米大吟醸の袋吊り』の飲み比べ。

同じ水、同じ酵母、同じ造りという同条件での比較。

違いは精米歩合(大吟醸35%、純米大吟醸40%)とアル添の有無だけ。

こんな豪華な飲み比べ、できそうで出来ないですよね。 いい機会でした。


で、どうだったかって?

それは次回に・・・・



滞在時間3時間の米沢でした。

試飲の余韻を残しながら、この日の宿泊地 仙台へ。  

実は、まだこの日の蔵めぐり終わってないんです。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-09-26 22:28 | 酒蔵めぐり  

<< 米沢 こぼればなし 石巻 蔵巡り >>