これが冬の博多の高級珍味 アラ!

今回、故郷の福岡に帰った目的は”法事”でございます。

決して酒蔵巡りではございません。

しっかり、お墓参りをし、坊さんの御経と説法を聴いて参りましたんですよ。  ヘヘヘッ・・

そして、そのあとは親戚一同で昼日中からとある料理屋さん貸切の酒宴でございます。

おじさま、おばさま、じいさま、ばあさま、誰一人下戸がいないのが我家系の誇り?

その酒宴がお開きになる頃、夜の予約客のために板さんが魚をさばいておりました。
f0193752_22335667.jpg
おおっと!これぞ幻の高級魚『アラ』ではないですか!? 
”さきと”さんで数切れ800円のあの魚。
しばらく解体ショーをご覧あれ~~
f0193752_22365973.jpg
昔は50~60kgの大物もいたのですが、最近はそこまでのものはなかなかないようです。
f0193752_22372664.jpg
この大きさでも一匹の卸値が4万円ですと!
f0193752_22374889.jpg
皮と内臓以外は無駄なく料理に使います。
f0193752_223848.jpg
美しい透き通ったピンクの身。 魚に穴があきそうなほど見つめてしまいました。
f0193752_2244510.jpg
そうそう毎日こうゆうものが入るわけではなく、板さんも気合いが入った一部始終でした。

こんな高級なものを誰が食べるのか? 聞いてびっくり。

予約したのは魚市場の人たちだそうで・・・・やはり口が肥えたお客様でした。

まあ、見れただけでもいい経験と思って、ブログにアップ!



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-12-11 22:52 | その他いろいろ  

<< 獺祭 遠心分離磨き二割三分 お... 博多百景 >>