第二回 さなぶり寄席 ご報告

3月22日に第二回の『さなぶり寄席』を開催しました。

本来ならすぐに結果のご報告をしたかったのですが、できませんでした。

だって、聴いてないんですもん!

今日になってやっとその日のお題目がわかりました。

『二番煎じ』と『芝浜』です。

『芝浜』は鳳志さんの18番の人情噺。

ああ~~~主催者なのに、肝心の落語は聴けないんですよ!

さなぶり開店以来のストレス発生です!

我ながら甘いですよねえ~~。 

考えればわかるんですがね。

結局、聴けたのは前座の桂宮治さんの最初の方と主役の鳳志さんの最後の3分間だけ。

その間は店に戻ってずっと懇親会の準備。 

でもね、芝浜の最後3分は聴けました。

鳳志さんの芝浜は過去に3回ほど聴いてましたが、最後の3分だけでわかりましたよ。

噺がうまくなってます。 鳳志さんの顔が違いました。

鳳志さんはこの3月で真打昇進1周年なのですが、この一年で素晴らしく成長されました。

『真打』という立場が人を育てたのかもしれませんね。

この日初めて生の落語を聴いたお客様も多かったのですが、その多くが『泣いちゃいました。』

っておっしゃってました。

わたしゃ聴けませんでしたが、やっぱり寄席をやってよかったなと思った瞬間でした。

次回は4月29日の「昭和の日」に同じ場所での開催です。

今回来れなかった方も是非お運びください。

『落語』に全く興味がなかった私がいうのですから、聴く価値ありますよ。 絶対。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-03-30 02:02 | さなぶり  

<< 福島県 自然郷 浦和 お散歩 >>