職業病?

ずいぶん暖かくなりました。

でも、桜は散ってしまいましたね。

さなぶりをスタートしてから毎日、日本酒の一升瓶の蓋を何度も開けたり閉めたり。

多い日は50回以上もやることになります。

そのためでしょうか? 左手の中指の間接が痛くなってきました。 

右手で一升瓶を支えて、左手で蓋をねじって開けていたために、左の指が

腱鞘炎か関節炎を起こしたようです。

それで、右手で蓋をねじるようにしましたが、今度は右の中指も・・・・

職業病ってやつですね。

まったく想定していなかった問題です。

一升瓶の蓋の締まり具合もいろいろあって、時々滅茶苦茶堅いのがあったりして、

人知れず悲鳴を上げております。


一升瓶自体も微妙に太さが違ったり、重さが違ったりするものなんですね。

やっぱり高いお酒の一升瓶は少し厚みがあって、重たいような気がします。


話は変わりますが、キャベツが高いです。

一個300円もするんです。

八百屋さんのオジサン情報では、暖かい日と寒い日が繰り返したりすると、生育途中で

キャベツが割れてしまうんだそうです。

それで出荷量が減ってしまって、価格が上がってしまってるんだとか・・・・

そういえば、この一カ月ほど寒暖が繰り返してますよね。

買う方も大変ですが、作ってる農家の方も大変なんだろううと思ってしまいます。

300円のキャベツはよほど必要でなければ買えませんよね~


指の痛みもキャベツの値段も、サラリーマン時代には全く無関係のことでした。

そんな変わってしまった自分に今更気付いて、それをまた楽しんでいる今日この頃。




『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-04-11 11:41 | さなぶり  

<< お蕎麦屋さんで昼飲み 関東信越きき酒会 >>