屋守 蔵元 ご来店

8月4日、『屋守』を醸す豊島屋酒造の田中孝治さんがさなぶりにご来店されました。

『屋守』はさなぶりで一番人気のある銘柄でほぼ定番となっています。
f0193752_4451245.jpg


18時の開店早々にご到着。 他のお客様も次々にご来店。

お客様のおもてなしをしながら耳は田中さんの方へ・・・・

のんべえの頭の中は完全にパニック状態。

結果、いただいたご注文を忘れたり、随分お待たせしたりで、

せっかくのお客様に大変ご迷惑をおかけいたしました。

申し訳けありません。の一言です。

写真を撮る余裕もなく、せっかくなのに画像なしです。


でも、田中さんからは酒造りはもちろん、奥様との馴れ初めまで聞いちゃいました。

35歳ですでに3人の子供のお父さん。

とてもそうは見えません。

若い頃は”やんちゃ”だったんだろうなという印象でした。

学生時代にはまったく日本酒にも酒造りにも興味なく、体育会系で野球ばかりの毎日。

蔵を継ぐ気は全くなかったとか。

マズイと思っていた日本酒の印象を180度転換したのは”醸し人九平次”だったそうです。

今は酒造りに携われることに感謝・感謝の毎日だと熱く語ってました。


豊島屋酒造の石高は800石ほどで、そのうち今年の屋守は88石ほどだったそうです。

今現在、取り扱いの酒販店は15店舗だけ。 

でもそこにも十分な量を供給出来ていない状況だそうで、

酒蔵でも販売はしていないので、訪れたお客様にいつも怒られるんだそうです。


チョット面白いウンチクを一つ。

屋守の裏ラベルにはカワイイやもりのイラストがあります。
(ラベルの剥がし方がヘタクソですみません。)
f0193752_4493610.jpgf0193752_4565486.jpg
このやもりのイラストの上に数字が記載されているのには気づきませんでした。

左側の中取りの方にはⅢの数字があります。

これはタンク番号の様なものだそうです。

でも右側の荒責めの裏ラベルの屋守にはこの番号はないようですね。

ちなみにさなぶりでは荒責めの方が評判がいいようです。

お陰さまで両方とも売り切れました。

が、数日中には再度入荷しますので、飲んでみたいなという方は来週前半あたりには

開栓仕立てを味わえるはずです。

是非、ご来店をお待ちします。


なお、先の話ですが来年の3月頃に新酒をズラリと揃えて、さなぶり2階で

『蔵元と屋守を楽しむ会』を開催できそうです。

お楽しみに!



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-08-06 05:13 | さなぶり  

<< どヒマな土曜日。 『屋守』 蔵元来店予告! >>