ちりめん山椒

午前3時。

さなぶりの営業が終わり、片づけが終わった後。

のんべえは、のんべえに戻るのです。

外から見えないように照明は極力小さくして、

カウンターの上には余り物を含めた数点の肴。  それに酒。

酒は中途半端に瓶の底に残ったものがあれば、それを片づければいいし、

それがなければ満寿泉の白ラベル。

これからの季節は軽くお燗が旨い。

さて、今日の肴は・・・・・・・

少しだけ残った『ちりめん山椒』。
f0193752_0364987.jpg


実はこれ、現在さなぶりの肴の中で一番の自信作。

材料を本当に厳選して、レシピも酒の肴向けに工夫したもの。

市販のものは味が濃すぎたり、甘すぎたり。

自作の『ちりめん山椒』は砂糖は一切使わず、醤油も少なめ。


ちりめんが一匹づつチャンと存在していて、噛めば噛むほど旨味が出てくる。

歯ごたえはシャキシャキ。

それを少量づつ奥歯でゆっくりとかみしめる。

口の中はちりめんの旨味と山椒のシビレ。

そこに旨味が乗った”ひやおろし”のヌル間など流れ込んでくると・・・・

山椒のシビレが日本酒の甘みと融合して、「うんめ~~っ」と叫んでしまいます。

ついつい盃が進みます。

つ~か、一升瓶が空になってしまいます。

やばい。

こんなことしてたら・・・・・・

さなぶり、潰れる!




『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-10-03 04:53 | その他いろいろ  

<< バスツアー 『長澤酒造』 『開運』『磯自慢』『臥龍梅』『... >>