『鶴齢ひやおろし』 『七田 純吟』 『まんさくの花 超限定大吟』

昨日や珍しく早起きをして活発に活動。

開店準備もいつになく早めにはじめて、18時にはお通しの準備も終えお客様を待つばかり。

なのに、そんな日に限って・・・・・寂しい寂しい一日でした。

やっぱり、らしくないことをやっちゃいけないんでしょうかね。

まっ、先週忙しかったからね。


さて、少し前になりますが春と秋に開催される業界向けの試飲会に行ってきました。

今回は″ひやおろし″を中心に秋のお酒がずらり。

そんな中から特に気に入ったものをチョイス。

f0193752_12382211.jpgまずは『鶴齢 山田錦 特別純米 ひやおろし』

「鶴齢は旨くて当たり前」と言われるほど

ハズレがないお酒ですよね。

今回の試飲会でもそのことを改めて感じました。

で、季節柄で”ひやおろし”をチョイス。

深くてまろやかな旨味が豊かで、新潟というよりも

会津のお酒をスッキリさせたような印象。

吟香はひかえめで上品。

余計な物を感じないスッキリとした食中酒。

一杯いただくと気分が豊かになるような気がします。

f0193752_12485773.jpgで、次は佐賀の天山酒造さんの『七田(しちだ)』。

いろいろな七田を試飲しましたが、

迷いなくこの一本が気に入りました。

麹米は山田錦(50%精米)、掛け米佐賀の華(55%)。

佐賀らしく多少甘めなれど甘ったるさはなくキレがいい。

薫りはメロン系ですがそれほど強くなくスッと鼻に抜けます。

苦味・酸味はやさしく、滑らかで飲みやすいお酒です。

f0193752_12592970.jpg三つ目は秋田の『まんさくの花』。

この酒蔵もいろんなお酒を造っていて色々試飲をしてきました。f0193752_1335023.jpg

雄町や愛山の限定品もありました。

が、迷わず今回は『超限定』をチョイス。


「吟の精」というお米を50%精米した純米大吟醸の原酒です。

上品な吟醸香、心地よい酸の刺激、奥深い味わい、

キリッとしまったボディとキレ。

さらに価格も含めて全体のバランスが大変いいと思いました。


すでに3本ともすでにメニューに載せました。

これは本当に飲んでほしいな、というお酒です。

f0193752_13203194.jpgこのほかに『羽根屋』さんもやっぱり良かったですよ。

残念ながらまだ買えてません。

羽根屋さんは売ってるところが少ないのが玉にきず。

まあ、近日中にご紹介できると思います。

こちらも、ジューシーでホントに美味しかったからねえ。

もう少しお待ちくださいませ。


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-10-20 13:26 | さなぶり  

<< 10月24日は お休みですよ 福島県 『自然郷』 を再度紹介 >>