『独楽蔵』 『きもとのどぶ』 『鶴翔』 『まんさくの花』

大変ご無沙汰いたしました。

先週の月曜日の大雪の日以来、なにかと賑やかなさなぶりが続きまして、

食材の買い物、お酒の仕入れ~メニュー変更に追われておりました。

今週はコロッと静かな状態となりまして、なんとかいつものペースに戻って

ようやくメニューのご紹介となりました。

ですから、紹介したいメニューは山盛り。

もうすでになくなりかけているものもあったりで・・・・

とにかく急がなくっちゃ!

申し訳ありませんが、今日は簡単なご紹介にさせていただきますね。

f0193752_3313775.jpgまずは我が故郷、福岡県。

久留米市の『独楽蔵(こまぐら)』の”円熟純米吟醸 玄”。

2006年度(17BY)で5年間じっくりと蔵で寝かされています。

貯蔵熟成させたコクと旨みが強い純米吟醸。

古酒っぽい円熟感が強く、どっしりタイプ好きの方にお勧め。

山田錦55%精米。

こりゃ、上燗程度に温めると旨いです。

f0193752_3383835.jpg
奈良県宇陀市、久保本家酒造の『きもとのどぶ』。

これはネーミングの妙ですね。

粕たっぷりのにごり。 

見かけと違って辛口。 

日本酒度表示は+2ですが、飲んだ感じはもっと辛い。

これは熱燗~とびきり燗でいい感じに楽しめます。


f0193752_343898.jpg山形県高畠町の『鶴翔(かくほう)』。

純米大吟醸の活性にごり生酒。

「出羽燦々」を50%まで精米した純米大吟醸。

搾ったばかりの元気なピチピチ感を残した

薄にごりのあらばしり生酒

残り少ないです。


f0193752_3463870.jpg秋田県横手市、日の丸醸造の『まんさくの花』。

これは酒屋さんが杜氏さんに頼んで、あらばしりと中どりの

ブレンドを直詰めしてもらったスペシャルバージョンの薄濁り。

さすがにいいとこどりで、すっきりしています。

これをひと肌燗にすると・・・・化けるんです。

旨みと甘みがグワッと膨らんですごーくよくなるから不思議。

実はこれは2本目。

一本目があっという間になくなって2本目も残り僅か。

お早くどうぞ!




ただいま、またまた午前4時。

一旦寝てから続きを紹介します。

まだまだたくさんたくさんあるんです。

ひとまずおやすみなさい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-02-23 03:54 | さなぶり  

<< 『あぶくま』 『雅山流』 『菊... 雪のさなぶり >>