宮城県石巻市の酒蔵 『日高見』 『墨廼江』

今回の津波のニュースを見て、最初に頭に浮かんだのがこの二つの酒蔵。

港町石巻で『日高見(ひたかみ)』を醸す平孝酒造さんと、

『墨廼江(すみのえ)』を醸す墨廼江酒造さん。

うわーっ!やばい!というのが第一印象。

胸がキューっと締め付けられるようでドキドキして気分が悪くなったほど。


どちらも石巻駅から徒歩で15分ほどのところにあって、

海からも遠くない街中にあり、さらにどちらもそれほど頑丈そうな酒蔵ではなかったから

きっと大きな被害がでているだろうと想像してしまいました。
         【2009年9月25日の記事へ】  



ネット上の情報によると幸いにどちらも人的な被害はないということ。よかった。

しかし、酒蔵は大きな被害を受けているようです。

日高見さんは直接的な津波の被害はなかったようで、跡片付けも始まっているようですが、

墨廼江さんのほうは津波の来襲を受け、冷蔵用コンテナの上に登ってなんとか助かった

という状況のようで、蔵はがれきに埋もれている状態のようです。

お見舞申し上げます。 としか言葉が見つかりません。


今、さなぶりで確保できたのは日高見が純米吟醸の山田錦50%。

墨廼江はしぼりたて純米吟醸無濾過生原酒です。

どちらも港町の酒らしいスッキリとキレのいい魚との相性が抜群のお酒。

是非飲み比べて、しっかりと味を覚えててください。

しばらく飲めなくなってしまいそうですから・・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp



■  [PR]

by sakenihon | 2011-03-24 02:30 | さなぶり 

<< さなぶりでも義援金を集めます。 宮城県加美町の酒 『山和』 >>