獺祭 桜井社長のご提案

先日、ある利き酒会で『獺祭』を醸す山口県の旭酒造の桜井社長さんに

お会いしました。

旭酒造へは2009年7月のかわうそ寄席の時に酒蔵へお邪魔しました。
  【過去記事 かわうそ寄席へ】

桜井社長さんともその時お会いしておりました。

ついでに言えば、のんべえと落語の出会いもここから始まっていますので、

いろいろな意味で大変お世話になり影響を受けた酒蔵様です。

久々にお会いして、改めて名刺交換をさせていただきました。

家に戻って頂いた名刺を改めて見てビックリ!

その名刺は蛇腹式に折りたたみに成っていて、広げると通常の名刺の4倍の大きさ

になりました。

そこに記載されていたのは、桜井社長さんなりの寄付の方法について。

旭酒造さんは今後1年間継続して毎月の売り上げの1%を被災地への寄付へ廻すということです。

利益の1%ではなく、売り上げの1%ですから大胆な決断です。

文面から桜井社長の頑なな想いがにじみ出ています。

この名刺はまるで自らに課す負荷の宣言書のように思えます。
 
 【旭酒造さんのHPへ】

f0193752_425459.jpg
f0193752_4373945.jpg


南部美人の久慈さんのコメントを聞いていても、より被災度合いが大きかった

海岸部への支援の想いが伝わってきて頭が下がります。

すべて流された酔仙さんを岩手の酒蔵みんなで復活させるんだと。


酒造業は数百年もの間コツコツと日本酒というものを造り続けてきた歴史の上に立つ

大変誇り高い物造り集団です。

その誇り故、被災した酒蔵は必ず復活する、と思えるようになりました。

互いに助け合い、支援し合って、何としても再建されるであろうと。

心配ばかりせず、再建を信じて楽しみに待とうと思います。

自分ができるお手伝いは忘れずに。


幸か不幸か全国の酒蔵には遊休設備が山ほど眠っているのですから、

それを有効に使えば・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-04-22 05:12 | その他いろいろ  

<< 『鶴齢 純米吟醸山田錦』 『ソ... 復興の狼煙 ポスタープロジェクト >>