愛知県愛西市の酒 『義侠 純米原酒山田錦60%』

久々のお酒の銘柄紹介。

入れ替わりが速すぎて、味見してメニューに記載して、その後で落ち着いて味わって・・・

なんて考えてたら、一升ビンは半分以上なくなってるってことになってしまって、

このブログに紹介するにはタイミングが遅すぎる、ってことになる訳です。

そんな中で、これは遅ればせでもレポートしたい一本です。

愛知県愛西市、山忠本家酒造の『義侠(ぎきょう)』の登場。
f0193752_3103254.jpg


『義侠』らしい銘柄として兵庫県東条市産特A山田錦を60%まで精米した純米酒を

選びました。

メニューに載せたコメントは以下の通り。
『ウイスキーを思わせるような深い薫りとコク。
キレのいい辛味を感じます。口当たりはサッパリ、なれど旨みは抜群に濃くで深い。』

味覚は人によってそれぞれですが、私はウィスキーのモルトの薫りを感じてしまいます。

今までに味わったことがない薫りと深い味わい。

ところが、これをお燗にするとまたまた楽しめるんです。

一旦50度以上までお燗すると麹の香りがチョットキツイくらいのフルボディーの

お酒らしいお酒になります。

それを掌の中で少しづつ温度を下げてゆくと、次第に甘みが増してなんとも優しく薫り高く、

優しいお酒に様変わりしてゆく、なんとも楽しいお酒なんです。

まるでホットウィスキーといったら言い過ぎかなぁ?

あくまで主観ですよ。

それにしても日本酒は深いなぁ・・・・・・

ホント、日々勉強させていただいております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-05-18 03:20 | さなぶり  

<< 富山市のお酒 『羽根屋 特吟 ... 桂宮治さんの寄席 >>