「ほっ」と。キャンペーン

『村祐』 と 『祐村』

本格的な冬の寒さが到来してきました。

去年は浦和でも何度の雪が積もりました。

日本酒には暑さよりも寒さの方がいいですね。

『雪見酒』なんてのもいいですよね~

今年の冬はどうなりますかね?

寒くなると水道の水が冷たくなってきます。

料理には夏の生ぬるい水よりは冷たい方がなにかと便利です。
f0193752_1440589.jpg
ただ、洗いものにはお湯を使いますので手荒れが気になる季節ですねえ。

これからはこうゆうものが手放せなくなります。

サラリーマン時代には想像もできなかったことです。


f0193752_1562261.jpg

新潟の村祐酒造さんの『村祐(むらゆう)』は生キャラメルのような甘さが特徴。

甘酒のようなお米の甘さではなく、ジューシーな酸味も加わって

キレ良く、跡を引かない独特の甘さが楽しめるお酒です。

こうゆう甘口って、発酵を早めに止めればいいというものでもないでしょうし、

どうやって造るんですかね? 

できれば酒蔵に行って訊いてみたいと興味がわくお酒です。


さなぶりオープン当初は辛口嗜好の中でなかなか売れないお酒でしたが、

最近は比較的若いお客様も増えて嗜好が広がったためか、よくご注文をいただきます。

写真は「特別純米無濾過生原酒 秋上がり」。  熟成の旨みが楽しめる村祐です。

ぬる燗にすると、これまた独特のジューシー甘口なお燗酒になっておススメです。


『祐村(ゆうむら)』は『村祐』の逆さまで辛口。

特別純米の無濾過生酒です。 

蔵元の遊び心ですかね。

それとも「辛口もチャンと造れるよ。」という証明のようなものなのかな?

村祐酒造はデータを公開していないので日本酒度がどのくらいかわかりませんが、

熟成の酸味も感じるキレのいい濃醇な辛口に仕上がっています。

ただ、薫りの中に微かですがキャラメルっぽさが含まれているような・・・・・

気のせいかな?




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-09 15:20 | さなぶり  

<< 『醸し人九平次 火と月の間に』 『さなぶり純米大吟醸』 新酒で... >>