山口の山奥の小さな酒蔵『獺祭』 かわうそ寄席

このブログをスタートした時から、書きたいと思っていました。
『獺祭』旭酒造さんのご紹介をさせていただきます。

どうして今日、旭酒造さんのことを紹介する気になったかといいますと、昨日紹介した三遊亭鳳志さんの師匠『三遊亭鳳楽』さんの落語を今年の夏、旭酒造さんで聴かせていただいたためです。
師匠より先にお弟子さんに紹介をしてしまい、鳳楽師匠ごめんなさい!

『獺祭』『だっさい』と読みます。
『獺』は川に棲む動物『かわうそ』の意味です。
『獺祭』の名前の由来は旭酒造さんのHPをご覧ください。
旭酒造さんでは毎年夏に『かわうそ寄席』というイベントを開催されています。
のんべえははるばる夜行バスに乗って行ってきました。

旭酒造さんのキャッチコピーは『山口の山奥の小さな酒蔵』です。
このキャッチは旭酒造さんを正確に表現しています。
旭酒造さんの所在は山口県岩国市周東町獺越というところで、JRでは周防高森という小さな駅が最寄駅となります。
しかし、酒蔵は駅からさらに4kmほど山を登った、ホントに山の奥にあります。
f0193752_23295248.jpg
周防高森駅は岩国駅から岩徳線で西へ30分ほどにある小さな駅です。f0193752_2347873.jpg
この駅のすぐ裏手に新造された旭酒造さんの精米工場があります。
(酒蔵ではありません。精米工場のみです。)

奥の背が高い建物の中に大型の精米機が2機並んでおりました。
この精米工場の中で日本蕎麦をごちそうになりました。
f0193752_2358129.jpg
手前が事務所棟で、この1階で落語とその後の懇親会が催されました。
どちらも、できたばかりのピカピカの施設です。f0193752_23595694.jpg
当日は近隣、山口県内各地、関東方面など各地から100名以上の獺祭ファン、
鳳楽ファンが集まりました。f0193752_084382.jpg
鳳楽師匠も毎年恒例の行事ということで非常にリラックスされ、2時間近くもの独演会となりました。

実は、のんべえにとっては、これが生まれて初めての生落語。
この時はこの落語家さんがどんな方かを全く知らなかったのんべえでございましたが、後で聞いたら”人情話”というカテゴリーでの第一人者とのこと。
ただただ、お気楽に腹を抱えて笑っておりました。f0193752_091486.jpg


f0193752_155911.jpg
この後、懇親会で獺祭の5割、三割九分、二割三分、遠心分離、薄にごりと全ラインナップをほとんど飲み放題状態で、申し訳けないほど遠慮なく頂いてしまいました。

雑味が全くといっていいほどなく、本当にスルスルと喉へと流れて行く酒です。
吟醸香はフルーティーで豊かですが不思議と飽きがきません。
食事を邪魔することがなく、食中酒になる大吟醸だと思います。

もう一つ嬉しいのは、 『和らぎ水』として獺祭の仕込み水が瓶詰で用意されていたこと。
憎いな!これには感激でした。
今まで飲んだ中で一番ともいえる軟水のやわらかな水でした。
そのお陰で酔い心地が一層穏やかで心地いいものになりました。

また、山口の郷土の味覚もいろいろといただきました。
(食べ物の写真が残ってません。すみません)

f0193752_2133227.jpg
ここで一つの発見は『山口の味は甘い!』ということです。
お寿司も漬物も、すべてが薄い甘口で味付けが穏やかなんです。
私も全国各地でいろいろ食べてきましたが、山口の味付けは全国的にもかなりの甘口ではないかと感じました。
そして、この薄甘口の食べ物と獺祭の滑らかで穏やかな香りや舌触りが大変にマッチします。

今や全国区を飛び越えて世界で愛される獺祭は、やっぱり山口のそして岩国の地酒なんだなあと実感しました。

ここに東北の塩辛い漬物や北陸のこんか鰯などを持ってきても、決して合わないだろうと思いました。
やはり日本酒はその土地の味とマッチしているんですね。
この事あっての歴史であり文化だと思います。


鳳楽師匠とともにごあいさつをされる浴衣姿の桜井社長です。
f0193752_1131535.jpg


そして、ずらりと立っておられるのが旭酒造の蔵人たち。
旭酒造には杜氏さんはいません。
お年寄りは一人もいません。
みんな元気でタフな若者ばかりでした。
彼らが伝統や歴史に頼ることなく、獺祭を醸し続けてくれてます。
f0193752_1194100.jpg



旭酒造さんの酒蔵のこと、お酒のこと、明日もう少し続きを書きたいとおもいます。

                             つづく・・・・






いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2008-11-18 02:27 | 酒蔵めぐり  

<< 獺祭(だっさい) 旭酒造の続き... 本日の一献 《11月15日》 ... >>