高知から愛媛へ その一

今年7月の四国酒蔵めぐり旅の記録。 12月6日以来ストップしたままになってました。

久々に再開したいと思います。

7月17日のお昼頃、「さらば土佐久礼!」というところからの続きです。


土佐久礼から土讃線で西へ25分ほどのところに窪川という駅がありました。
f0193752_1035636.jpg
土佐久礼よりは少しだけ大きな駅でした。
f0193752_2023299.jpg


この街には文本酒造さんという酒蔵があります。 お酒の銘柄は『入駒』『桃太郎』。

この街に立ち寄ることにしたのは、文本酒造のHPの以下のコメントを読んだためでした。
【高知県中西部に位置する高岡郡四万十町。標高250メートルの高南台地を中心に広がった、
人口約1万7000人の高原の町だ。清流・四万十川の源流、美しい興津(おきつ)海岸などいまなお、山、川、海の豊かな自然が残り、のどかな風情が漂っている。】


『四万十川源流の町』って惹かれるものがありませんか? 住所は『高岡郡四万十町本町』

以前はこの小さな街で8軒も酒蔵があったそうですが、現在は文本酒造さん1軒だけ。

蔵元自らが杜氏を務めて頑張ってる酒蔵さんです。

駅から15分ほどのところで・・・・・見えてきました、煙突。  煙突の下には酒蔵がある!
f0193752_949462.jpg
喜ぶのも束の間、文本酒造さんはお休みでした。 残念!
f0193752_1034494.jpg
アポも取らずにいってしまったんで、こんなこともありますね。
f0193752_1061610.jpg

チョット残念ですが、四万十川源流の町を少し散策して駅に戻ることにしました。

四万十川源流の街には小川がいっぱい。
f0193752_1031943.jpg
f0193752_10324048.jpg
f0193752_1033912.jpg

こんな歴史ありそうな旅館もありました。
あとで調べると料理がおいしいそうです。 この街は海が近い山間にあるので食材が豊富。
f0193752_10423874.jpg


駅にもどって再度、宇和島行きの電車に乗りました。
f0193752_10544041.jpg
これから四万十川に沿っての旅となります。

できれば、その途中の土佐大正駅の四万十川のほとりにある『無手無冠(むてむか)』という

酒蔵さんにも行きたかったのですが、駅から離れているようで断念しました。

無手無冠は『ダバダ火振り』という栗焼酎を造っている酒蔵さんです。

このあたりは栗の産地でもあるんですね。








にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ
[PR]

by sakenihon | 2008-12-20 10:57 | 酒蔵めぐり  

<< 本日の一献 《12月20日》 ... 成田は北総鉄道の建設ラッシュ! >>