「ほっ」と。キャンペーン

和酒処さなぶり二周年記念イベント

お陰さまで1月15日で和酒処さなぶりはオープン2周年となります。

本当にあっという間でしたが、多くのお客様からのご支援でなんとかやってこれました。

この二年間の感謝を込めて二周年記念イベント行います。

赤字覚悟で頑張ってみます。 是非是非ご参加くださいませ~~

【記念日前夜祭イベント】f0193752_4372943.jpg
  
 『活性にごり 開栓します』

   1月14日(土) は前夜祭で~す。
   
   山口県の 「雁木 スパークリング」
   
   福岡県の 「庭のうぐいす スパークリングピンク」 
   
   を開栓します。  
    
   19時頃の開栓予定です。 
   
   シュワシュワとした大変元気なシャンパンのような
   
   日本酒を楽しみましょう!

 【1月15日 記念日イベント】

 『二周年記念 さなぶり寄席』
 
  第12回目のさなぶり寄席は二周年記念日当日の開催です。f0193752_4285889.jpg
 
  (日時)  1月15日(日) 14時開演
 
  (場所)  和酒処 さなぶり 二階 
 
  (木戸銭) 1,000円
 
  いつものように三遊亭鳳志師匠と桂宮治さんのコンビです。 
  
  さなぶり二階の小さな小さな座敷で行います。 
  
  窮屈ですが雰囲気は抜群。
  
  気楽にふらりと来てください。 
  
  初めて落語を聞く方大歓迎です!!!


  『懇親祝賀酒呑も会』 (これがメインイベントです) 
  
  落語を聞いて笑った後は、お客様同士の懇親と二周年お礼を兼ねて
  
  美味しいお酒を思いっきり楽しんでください。
  
  寄席抜きの呑みだけでも大歓迎です。 
  
  美味しいお酒をたっぷり揃えてお待ちしてます。
  
  とにかく楽しくやりましょう!
  
    1月15日(日) 16時~18時30分 の二時間半。
    
    さなぶりの一階と二階を使って、美味しい日本酒飲み放題です。
    
    来店者多数の場合は一階は立ち飲みになるかも・・・・その際はご協力を・・・
    
    参加費 4,000円 
    (おつまみも用意してますが、 皆様の持ちこみおつまみも大歓迎! )

 【特別イベント その一】
 
  『日本酒銘柄読み方クイズ』 
    1月13日~16日の4日間毎日開催します。
     昨年も行いました、日本酒銘柄の読み方のクイズです。
   
     豪華賞品ありますよ!
    10問全問正解=>「純米大吟醸さなぶり」 4合瓶
    7問以上の正解=>美味しいワンカップ
        毎日問題は変わりますので4日間毎日チャレンジしていただけます。

 【特別イベント その二】 
 
 『アウグスビール 500円セール』 
f0193752_420025.jpg
1月16日~18日の3日間。

思い切ってアウグスビールを500円にてご提供。
(通常750円)

 
埼玉では4件しか飲めないこだわりのプレミアムビールをたっぷりと味わって下さい。

アウグスは通常800~900円で販売されており、この価格では滅多に飲めないいですよ~。 

f0193752_593540.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2012-01-10 08:45 | さなぶり  

新年 新酒のご紹介です

年末のさなぶりのお酒メニューは売り切れだらけのボロボロでした。

それは年始の新メニューで皆様に喜んでいただきたかったから・・・・

年末にご来店のお客様、御迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

気合いを入れて揃えた年始のお酒メニュー、どうか楽しんでくださいませ。

f0193752_10531883.jpgまずは何と言ってもご紹介したいのがコレ!

青森県弘前市の斎藤酒造さんの『六根』

「華想い」で造った純米吟醸。

22BYを昨年9月の酒蔵で買ってきて以来

絶対ブレークすると思ってましたが・・・・

ホントにブレークしたようです。

今年度は11月に搾ったものがすでにほぼ完売状態。

酒蔵はパニック状態になっているようです。

なんとか数本は確保してもらいました。

それも生原酒を!(22BYは火入れでした。)

f0193752_11111194.jpgこれもさなぶりの常連さんにはお馴染の『久礼(くれ)』

高知県中土佐町久礼の西岡酒造さん。

夏は槽口詰めの生が大人気でしたが、

今回は四万十川近くの洞窟内熟成させた火入れ。

あの久礼に旨みがたっぷりノリました。f0193752_11134669.jpg


f0193752_1252678.jpg3.11大震災の津波で完全倒壊してしまった

福島県浪江町の鈴木酒造さんの『磐城壽』。

原発からわずか7kmの浪江町での再興は無理で、

避難先の山形県において家族一丸でようやく醸せた

新酒第一弾『磐城壽 しぼりたて生酒』

山形県産『出羽燦々』65%精米の

本醸造規格のおりがらみ。

執念の新酒を味わえるのが楽しみです!


f0193752_13135911.jpg『鍋島 NEW MOON純米吟醸無濾過生原酒』

佐賀県鹿島市の鍋島の新酒しぼりたて。

お米は富山産雄山錦。

昨年はお米の溶けが悪くて各蔵が苦労する中で

あれだけの出来のお酒を出し続けた鍋島。

今年のお酒はさてどうでしょう! 昨年以上かぁ?

もう、これは開栓が楽しみ!のひとことに尽きますね。


【おりがらみ4銘柄】
f0193752_11343891.jpg

新潟県南魚沼市の『鶴齢(かくれい)』 特別純米 山田錦おりがらみ
埼玉県羽生市の『花陽浴(はなあび)』 純米吟醸 山田錦おりがらみ
福島県喜多方市の『奈良萬(ならまん)』  純米酒 おりがらみ 本生
東京都東村山市の『屋守(おくのかみ)』 純米おりがらみ 無調整生原酒

活性感も楽しめそうなのでどれもまだ未開栓。 最初のご注文時に開栓するのが楽しみ!

【大吟醸 3銘柄】
f0193752_12292070.jpg

宮城県大崎市の『宮寒梅 純米大吟醸 ひより』 精米歩合40%。 
大震災直前に醸されたお酒をさなぶりの冷蔵庫でじっくり熟成させました。
『ひより』は「山田錦」と「ササシグレ(ササニシキの親)」を宮城県で交配栽培されたお米で、
寒梅酒造さんは自社田で栽培したお米を使って醸しています。

福井県大野市の『一の谷大吟醸「暁」十瓶中取り無濾過生原酒』
この大吟醸は昨年大変旨かった印象の強い一本。
このラベルを見た瞬間にその味わいがよみがえり、思わず購入。

富山県黒部市の『幻の瀧 大吟醸しぼりたて』
山田錦を50%まで精米した大吟醸。
搾ってすぐに酒蔵から直送されました。

【新潟のお酒 2銘柄】
鶴齢のほかにもお勧めの新潟の銘柄。
f0193752_12563982.jpg

新潟市の『村祐(むらゆう)純米吟醸無濾過生 紺瑠璃ラベル』
長岡市の『夏子物語 純米吟醸 生貯蔵酒』
新潟の酒といえば淡麗辛口・・・・?
いえいえ、なかなかバライティーの豊かさを実感します。


他にも昨年から引き続いてメニューアップされているおススメ銘柄がズラリ!
f0193752_1327928.jpg

福岡県八女市の 『繁桝(しげます)限定純米吟醸一火 山田錦』
秋田県山本郡の 『白瀑(しらたき)「山本」純米吟醸 酒こまち』
山形県天童市の 『山形正宗 純米吟醸 稲造(いなぞう)』
石川県白山市の 『手取川 大吟醸生原酒あらばしり山田錦40』

f0193752_13384345.jpg栃木県宇都宮市の四季桜(しきざくら)吟醸貴酒 生』
山口県萩市の   『東洋美人 純米吟醸611』

写真はありませんが、
『賀儀屋(かぎや)低温熟成無濾過純米原酒』
『府中誉(ふちゅうほまれ)渡船純米吟醸槽搾り原酒』
『越前岬 純米吟醸18号火入れ瓶囲い22BY』
『庭のうぐいす 純米吟醸 ぬるはだ』
そして、『日置桜 鍛造 生もと純米 強力 20BY』

などなど、まだありますよん。

今年もたくさんの皆様の「うっまいねえ~~~~~!」の声を聞けることを
本当に楽しみに頑張らせていただきます。

ブログ更新も途切れ途切れになると思いますが、細々でも頑張りますっ。
寛容の精神で見守ってやってください。

今年もよろしくお願いいたします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2012-01-02 14:06 | さなぶり  

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

あっという間に過ぎ去った2011年。

新年2012年、平成24年もまたアッという間に過ぎるのでしょうが、

毎日ご来店いただくお客様一人一人との会話を楽しみながら、一日一日を大切に

過ごしていけたらいいなあ、と思う年の始めです。

大晦日から1月2日までお休みをいただいていますが、大晦日に千葉の家の帰り、

元旦は朝から家族全員で成田山新勝寺にお参りに行ってきました。

さすが成田山、朝10時ですでに人で埋まっておりました。
f0193752_121571.jpg

f0193752_123940.jpg
人の波に流されながらも無事にお参りして、家族の健康とさなぶりの繁栄を

お願いしてきましたよ。 (おみくじも大吉でしたぁ)

今年もさなぶりはお酒の神様が守っていただけることでしょう。


和酒処さなぶりは1月3日からの営業。

3日から5日までにご来店のお客様には新潟の『越乃景虎 純米しぼりたて生酒』

一杯サービスさせていただきます。
f0193752_1321765.jpg


新年に合わせて、新酒しぼりたてのフレッシュなお酒もズラリと揃えてお待ちしております。

1月15日はさなぶりの開店二周年。

二周年に合わせてさなぶり寄席の他、イベントだらけの1月にしたいと思っております。

日本酒を美味しく楽しんで、健康に2012年を過ごしましょう!

今年もどうかよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2012-01-02 01:40 | その他いろいろ  

和酒処さなぶり二周年記念【さなぶり寄席】

月日の経つのは誠に早いものです。

来年は龍年なんですね。

前回、龍のデザインで年賀状を作ってから十二年が過ぎたということか・・・・

ほんの数年前のような気がするのは私だけでしょうか?

今年は大きな出来事が次々にめまぐるしく発生しましたね。

何かと記憶に残り、後々まで話題になる一年となったのではないでしょうか。


さてさて、もう今年も残すところ半月。

年が明けて1月15日は和酒処さなぶりの開店二周年記念日なんです。

本当に皆様のお陰で、なんとか二周年を迎えることが出来そうです。

ありがとうございます。  感謝、感謝です。

皆様への感謝を込めて、いろいろとイベントを考えておりますが、

その第一弾として8月の納涼寄席以来のさなぶり寄席を開催いたしたいと思います。
f0193752_1342893.jpg


今回はさなぶりの二階の畳部屋で行います。

寄席終了後にはいつも通り懇親会を行いますが、今回は二周年の感謝を込めて、

いつも以上に美味しいお酒を揃えます。

大赤字覚悟です。 呑み会としても滅茶苦茶お得です。

さなぶりの二周年を賑やかに祝ってやってください。

********************************
【さなぶり寄席開催要領】

 出演 :  三遊亭鳳志 他
 日時 :  2012年1月15日(日)  開演 14時
 場所 :  和酒処さなぶり 2階

 木戸銭 : 1,000円

 懇親会 : 4,000円  寄席終了後~
        (皆様の健康のため、18時30分終了とさせていただきます。)
**********************************

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-12-17 09:28 | さなぶり  

『日置桜 鍛造(たんぞう)生もと純米 強力』

さなぶりのメニューに載せるお酒を事前に味見が出来ることはほとんどありません。

ですから、酒屋さんから聞いた感想とか、ラベルに記載されたデータ、そして直感。

そんなものを頼りに購入しています。

ですから、想像したものと違ってしまうことも度々あります。

このお酒は大きく想像が外れてしまいました。 

想像をはるかに超えた旨いお酒だったんです。

f0193752_1972724.jpg『日置桜 鍛造(たんぞう)生もと純米 強力』

日本酒に興味のない方が見ると、

何のことやらさっぱりわからない銘柄

なのではないでしょうかね。

『日置桜(ひおきざくら)』は鳥取市の山根酒造場のお酒。

生もと造りで醸した酒蔵で2年ほど熟成させた

平成20年度醸造の純米酒です。


日本酒の発酵過程には野生酵母などを寄せ付けないための乳酸を生成するために

乳酸菌が必要になります。

乳酸菌を空気中から自然に取り込む昔ながらの醸造方法が【生もと造り】です。

現在のほとんどのお酒は【速醸】といって工業的に造った乳酸菌を投入します。

【生もと造り】は【速醸】に比べて3週間ほども時間がかかります。

その代りに【生もと造り】はしっかりとした、深い旨みある雑味のないお酒ができます。

【生もと造り】には【山卸し(やまおろし)】という作業を伴います。

【山卸し】というのは2~3人掛りで櫂棒を使ってお米をすりつぶす重労働で、

これまた手間と時間がかかります。

この【山卸し】の作業が鍛冶屋が鉄を叩いて刃物を鍛える作業と通じるものを感じたため、

このお酒に『鍛造(たんぞう)』という名前を付けたのだそうです。

f0193752_11573971.jpg

そして、『強力(ごうりき)』。 これはお米の名前です。

鳥取県で大正時代から戦前まで使われていた、大粒で心白の出来も大変よく、

35%以上の高精白にも適して、特有の酸味を有するお酒が出来る優れたお米。

ところが、収穫効率が悪いことから戦後の米不足で姿を消したのだそうです。

それを鳥取大学農学部に原種保存されていた一握りのモミから昭和60年代に

復活されたのが現在の『強力』です。

山根酒造場の『強力』はすべて低農薬・低肥料の契約栽培。

『強力』は搾ってすぐには膨らみが少なく、熟成させると豹変して酸味と旨みがパッと広がる

典型的な秋上がりタイプのお米だそうです。


最近には珍しくウンチクを長々と書いてしまいましたが、

要は最高に旨いお燗が飲めると云うことです。

今、イチオシのお燗酒です。

50度程度の熱燗で出します。

徐々に温度が下がるに従い、日本酒独特の旨みの変化が楽しめます。

毎年、安定的に出荷されるお酒ではないようで、この出会いに幸せを感じます。

是非、一盃味わってください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-12-15 12:29 | さなぶり