「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:酒蔵めぐり( 94 )

 

『23BY 酒造り体験講座』スタート

23日の日曜日は『酒造り体験講座』参加のため、茨城の木内酒造さんへ行ってきました。

私にとっては今年で4回目の酒造りとなりますが、毎回新しい発見や「ほ~~っ!」という

ことがあって楽しいものです。

今年は昨年と同じく『ひたち錦』という茨城県の酒造好適米を使います。

精米は45%。 純米大吟醸。

酵母は1801を使うらしく、昨年よりも華やかな薫りのお酒になりそうです。

23日は洗米~浸漬~蒸し~放冷~種切り(麹菌をお米に振りかける)までを

やりました。

(洗米) 時計の秒針を見ながら・・・
f0193752_1926148.jpg
洗米のとき、崩れて流れてしまうお米が去年より少なかった。
やっぱり去年はお米が硬かったんだなあ、と今更ながらの再発見でした。

(蒸し)
f0193752_19261581.jpg

(種切り)
f0193752_19263631.jpg
遊んでいるんじゃありません。
麹菌がお米にくまなく付着するようにまぜまぜしているんです。
f0193752_19262672.jpg


作業終了後は酒の肴一品持ち寄りでの懇親会。

いつになく酔っぱらってベロベロ。 証拠写真は残しておりません。


来週は『留め仕込み』。

12月に入って『搾り』~『瓶詰め』と作業は続きます。

どんなお酒が出来上がるかな? 今から楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-10-25 19:38 | 酒蔵めぐり  

仙台の夜、飲み歩き『ねぎぼうず』

萩野酒造さんのある有壁駅から一関駅で新幹線に乗り換えて向かうは”仙台の夜”。

ホテルが取れなかった関係で宿泊は古川ですから、下りの最終新幹線までしか

時間がありません。 頑張って回らなくっちゃ!

で、一軒目に訪ねたのは仙台駅からも徒歩5分ほどの『自遊庵 ねぎぼうず』というお店。

さなぶりのお客様ご推薦のお店です。
f0193752_19311634.jpg

雑居ビルの地下への階段を下ると狸がお出迎え。
f0193752_1932459.jpg

十数人座れる長いカウンターに大小のお座敷部屋がある大きなお店です。

のんべえが入店した時はカウンターは無人でしたが、お座敷ではすでに数組の宴会が

始まっていて賑やかでした。

お酒のメニューを見ると宮城県のお酒が勢ぞろい。

以下のように『浜の酒 』『山の酒』 『野の酒』の三つに分けて紹介されていて感心しました。

 浜の酒 = 日高見 すみのえ 浦霞 伏見男山 於茂多加

 山の酒 = 澤の泉 栗駒山 迫力 綿屋 萩の鶴

 野の酒 = 乾坤一 あたごのまつ 真鶴 宮寒梅 夢幻 鳳陽 
         もりいずみ 天賞 一の蔵 蔵王

宮城のお酒でも港町、田園地帯、山辺でそれぞれ酒質が違うということを

良く現わした分け方ですよね。 (これは使える!) 


”小松菜のお浸し”のお通しとともに、まずは阿部勘さんの『於茂多加 特別純米山田錦』

を冷酒で頂きま~す。
f0193752_19385498.jpg

お料理はまずは『鰹の刺身』を注文。 
f0193752_19421951.jpg
脂ののった腹側の部分を出していただきましたら、これがキレのいい於茂多加と相性ピッタリ!

酒がすすんでしまいます。

二献目は岩牡蠣とともに『天賞 吟醸酒』をお燗でいただきました。
f0193752_12121236.jpg

天賞を醸す宮城県川崎町のまるや天賞㈱は酒蔵自体には致命的な損傷は

なかったようですが、今回の震災をきっかけに休業されることになりました。

『天賞』は呑んだことがなかったし、これが最後になりそうなので迷わず注文。

宮城らしい柔らかい酒質で癖のない、微かな吟醸香を含んだぬる燗でした。

酒蔵が全壊した『伯楽星』の新澤酒造さんが天賞さんの設備を買い取り、

今季から天賞さんの設備を使って『伯楽星』を醸されることになったようです。

そんな事情が解っているだけに複雑な気分の一献となりました。


三献目は”ばくらい”とともに大崎市の森民酒造(分家)『もりいずみ』の純米酒をいただきました。

森民酒造は仙台市内と大崎市に2軒の酒蔵があり、仙台市内が本家で『森民(もりたみ)』を

醸しています。

『もりいずみ』は以前から気になっていたのですが、呑んだことがありませんでした。
f0193752_121579.jpg

おっ、これは旨甘系の好みの酒です。

時間があったら、明日酒蔵に行ってみようかな・・・

これが気まぐれ酒蔵めぐりの醍醐味ですねえ。


さあ、そろそろ次の店に行かなくっちゃ。

後ろ髪をひかれながら『ねぎぼうず』さんを後にしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-10-23 09:00 | 酒蔵めぐり  

宮城県金成有壁 『萩野酒造』さん

9月2日。

善知鳥神社をお参りした後、青森駅から新青森経由で新幹線で南下の旅。

今日の宿泊地、古川駅に向かいました。

ホントは仙台に泊まりたかったのですが、仙台は震災バブルとかでホテルはすべて満室。

翌日、大崎市の酒蔵を廻ることを考慮して古川駅前のサンルートホテルを選択。

このホテル、2009年にも泊まっており、天然温泉付きでいい印象がありました。

一旦、ホテルに荷物だけ置かせていただいて、すぐに出発。

目指すは石巻! 
 

と、思っていたのですが時刻表をみると古川~小牛田~石巻の乗り継ぎが滅茶苦茶悪い。

仕方なく石巻行きはあきらめて、今来たばかりの東北新幹線をもう一度逆戻り。

北上し、くりこま高原を越えて岩手県一関へ!

一関で在来線の東北本線に乗り換えて、今度は駅一つだけ南下。

するとそこは宮城県栗原市の『有壁(ありかべ)』という無人駅。
f0193752_0492714.jpg

そう、ここは岩手県と宮城県の県境地帯。
f0193752_0585158.jpg


『一関』は岩手県、『有壁』は宮城県、そしてもう一つ行った『清水原』という駅は岩手県。

この地帯は2008年の地震の震源地だし、今回の東日本大震災でも震度7を記録した

最激震地帯で、その被害も気になっていました。

そして、ここは地名では金成有壁(かんなりありかべ)。

昔から交通の要所・旧奥羽街道の宿場町として栄えた面影を残す町金成は、

平安時代に炭焼藤太が金を発見、金が成る所としてその名がついたと云われています。

今も旧本陣を中心に古い町並みが残っていて、時代劇のロケが出来そうです。

(駅前通り)
f0193752_2291319.jpg

(有壁宿本陣跡)
f0193752_191389.jpg

(有壁の町並み)
f0193752_1103639.jpg

(今でも薪ですか!?)
f0193752_1123411.jpg

(「有壁わら工品工場」は”わら縄”などを作っています。)
f0193752_115516.jpg

(河も自然のままでした。)
f0193752_1171870.jpg


外からざっと見たところでは、幸い震災の爪跡は思ったほど見られませんでした。

そして金成有壁の地にも酒蔵が健在です。

『萩の鶴』と『日輪田(ひわた)』というお酒を醸す萩野酒造さん。

萩野酒造さんのお酒は落ち着いていて、お米の旨みがじんわりと広がりまろやかで

呑み飽きしないタイプ。 お燗も旨くって、これからの季節にピッタリのお酒です。


萩野酒造は、有壁本陣の分家にあたり、旧萩野村の地主だったそうです。

酒造業は江戸時代末の天保年間(1840頃)に創業されました。

その歴史ある酒蔵もさすがに今回の震災で大きな被害を受けられています。

レンガの煙突の先っぽが崩れて(写真には写ってませんが)

瓦礫となって地面に転がっていました。
f0193752_284619.jpg

アポなしなので、外からそっと見せていただこうと敷地の外に立っていると、

偶然にも佐藤善之さんが「だれですか~?」ッて感じで出てこられました。

萩野酒造さんはお兄さんの萩野曜平さんと弟の佐藤善之の二人で酒造りをされています。

そして、佐藤さんとは5月の池袋サンシャインでの日本酒フェアで名刺交換してて、

お顔を見知ってましたので図々しくも小雨の中でしばらく立ち話させていただきました。

外から見ただけでも被害は少なくないようなのですが、

「沿岸地域に比べたら、ウチの被害なんて軽いもんです・・・」って。

この秋~冬には萩野酒造さんのお酒もたくさん扱わせていただこうと想います。

さなぶりのメニューに『萩の鶴』 『日輪田』が見つかったら是非一杯試してください。


有壁駅に戻ると次の一関行きの列車までは40分以上の待ち時間。

そこで、唯一のお蕎麦屋さんで時間をつぶすことに。
f0193752_2335171.jpg

入ってビックリ、そして感激! 

「時間が止まった空間」というのは、こういうのをいうんですなあ~

(まさに昭和。 扇風機がカタカタ)
f0193752_2355084.jpg
(正面のガラスは年代物の手作り、波打ってます。これ割れたら代替え不能ですよ)
f0193752_2362196.jpg
(凄い冷蔵庫。コカコーラ、ハイシー、キリンラガー。鉄板です!)
f0193752_2364264.jpg
(ざるそば)
f0193752_237160.jpg


お店にはおばあちゃんが一人。

震災ではお店の建っていた方向も良かったようで、幸い大きな被害がなかったそうです。

出てきた”ざるそば”の量の多さにびっくり。

これから仙台に行って呑む予定なんで、ここでお腹いっぱいにはなれません。

でも、せっかく作ってくれたものを残すわけにはいきませんもんね。

まっ、なんとかなるさと有り難く完食しました。

ごちそうさま~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-10-22 09:00 | 酒蔵めぐり  

『善知鳥(うとう)神社』

9月1日の夜、青森の名店『ふく郎』さんで記憶をなくした翌朝。

駅前のホテルのビュフェスタイルの朝食をガッツリと食べておもむろに行動開始。

小雨模様の中、駅前商店街を通って徒歩10分ほでで『善知鳥(うとう)神社』に到着。

のんべえ、信仰心が強い方でもなく、神社マニアでもありませんが、

日本酒好きであれば『善知鳥』という単語にはグッと惹かれるものがありますよね。

『田酒』を醸す西田酒造さんの大吟醸『善知鳥』を思い浮かべますから。

優しくって繊細、いろいろな旨みを感じてキレもある、素晴らしい大吟醸です。
f0193752_195527.jpg

で、ついつい引き寄せられるように朝から神社へお参りです。
f0193752_2023636.jpg
f0193752_20232967.jpg

現青森市の前身は善知鳥村で周囲20~24キロもある大きな沼地があり、

善知鳥(チドリ目ウミスズメ科)という鳥が沢山生息していたんだとか。

善知鳥神社はそのころから町の鎮守様なんですね。
f0193752_20495020.jpg


最初の青森町役場が善知鳥神社の境内にあったことから、ここを『青森発祥の地』

と位置づけたり、お江戸日本橋から発する『奥州街道終点の地』ともされている場所。
f0193752_20501121.jpg

青森駅にも近い市街地のど真ん中にあるんですが、境内の周囲には池などもあって

かなり大きな神社でしたよ。


日本酒のご縁がなかったら青森に来ることもなかったかも・・・・

弘前や黒石、はたまた鰺ヶ沢なんて絶対行ってないし、岩木山を眺めることも、

リンゴ畑の道を通ることもなかったでしょうし、

『ふく郎』さんも『善知鳥神社』も訪れることはなかったでしょうねえ。

それが今は、すっかり”青森好き”になっちゃいました。

これも酒の神様の導きかな?


また『大吟醸 善知鳥』も呑みたいな・・・・

こんど青森に来ることがあれば、今度こそ『田酒』の西田酒造店さんにもお邪魔しよう!

と心に決め、青森をあとにして宮城県古川(大崎市)へ向かったのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-10-21 09:00 | 酒蔵めぐり  

弘前の古蔵 斎藤酒造店 【六根】

東北酒蔵巡りに戻ります。

鰺ヶ沢の尾崎酒造さんを後にして、一路弘前へ戻ります。

2009年に一度訪れた斎藤酒造店さんに伺うためです。

斎藤酒造店は江戸時代より『酒母屋』を営み、津軽一円の酒蔵へ酒母を供給していたそうです。

『酒母屋』時代を加えると、青森県で最古の酒蔵となるそうです。

『酒母(しゅぼ)』とは、蒸米に麹米と水を加えたもので、日本酒の元となるものです。

酒母の善し悪しがお酒の出来に大きく影響するお酒造りで最も重要な工程です。

そのため独自のノウハウを持った『酒母屋』という専門業者が存在したのでしょうね。

斎藤酒造さんのHPによると、醸造試験場の設立によって『酒母屋』は役目を終えたようです。

それで、造り酒屋としての斎藤酒造さんは明治37年(日露戦争中)の創業。


前置きが長くなりましたが、斎藤酒造さんのメイン銘柄は『松緑』。

総面積2000坪という広大な酒蔵の一角にあるお庭にある樹齢300~400年の

松の緑の美しさから銘々された銘柄。
f0193752_20535037.jpg

今回はスケジュールが読めなかったので、事前アポなしで突然の訪問。 

「お酒を買うだけでもいいや」という想いでしたが、幸いにも蔵元の土居真理さんがおられました。

2009年3月以来ご無沙汰ののんべえを覚えていてくださり感激。

お蔵の中のこんな風景を眺めながら暫し歓談。
f0193752_20584363.jpg
天井からは囲炉裏の自在かぎが下がってます。
松の木があるお庭が奥に見えます。
f0193752_2059847.jpg
お神棚には酒の神様「松尾様」。
f0193752_20593245.jpg
2009年の訪問時にも感じたのですが、ここにいると「酒の神様」がそこらじゅうにいるような、
なんだかとても幸せな気分になれます。 またもう一度、来たいと願う空間です。


この酒蔵を受け継ぐのは、熱き女性蔵元 土居真理さん。

十八代目蔵元 齋藤仁左衛門でもあります。

残念ながらご子息がおられないので、今流行りの”専務杜氏”とはゆきませんが、

若くから松緑の酒造りに参加してきた安達氏がまだ30歳代ながら杜氏として育ち、

若い蔵人チームでの酒造りが始まり、今に至っておられます。

シーズンには真理さんもすっぴんで造りに参加され、蔵元と杜氏の二人三脚で新たな方向性を

模索しながら酒造りに取り組んでおられます。


で、問題のお酒。

斎藤酒造さんのメイン銘柄は『松緑』なんですが、今回の目的は『六根(ろっこん)』

青森県の吟醸用酒造好適米『華想い』を55%精米して醸した純米吟醸の原酒。
f0193752_152544.jpgf0193752_153301.jpg

『六根』という銘柄は、これは!というお酒ができたときだけに使っていた銘柄だそうです。

『六根』とは五感に第六感を加えた、人間の認識の根幹をあらわす仏教用語だそうで・・・

そのとっておきの『六根』銘柄を使って、自らの最高の酒を世に問う想いで昨年から

出し始めたお酒だそうです。

真理さんと安達杜氏の火傷しそうな熱い想いが詰まったお酒。 

まずは呑んでみなければ!

で、呑んでみました。

口に含んだ瞬間、想像以上の出来に驚き。

思わず 「これ、旨いっ・・・・・・・・・」 と唸りました。

『華想い』というお米のパフォーマンスが見事に出ているようです。

酒の神様に見守られて出来上がったお酒なんだなあ~と感嘆。

これが安定して毎年出来るのであれば、近い将来『六根』は間違いなく世に出るでしょう。


この『六根』を含め、三浦酒造さんの『豊盃』と尾崎酒造さんの『安東水軍』の3銘柄の

『華想い』純米吟醸の呑み比べもやってます。

同じお米でもこんなに違ったお酒になるのか!ということが本当によく判る呑み比べです。
f0193752_216055.jpg



土居真理さんの熱さが現れたお酒がもう一つ。

『刑事(デカ)』f0193752_2233311.jpgf0193752_2313649.jpg

2001年5月に発生した『武富士弘前支店強盗殺人・放火事件』を捜査する刑事さん達に接し、

その労をねぎらう想いを込めて醸されたお酒です。(蔵元のみで販売)

それ以来、現在でも青森の刑事さんたちに慕われ愛飲されているそうです。

今回一本だけ購入してきましたが、当面メニューに掲載する予定はありません。

さなぶりの『お守り』としてとしばらくは保存しておこうと思ってます。

現物を見てみたい方はお声掛け下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-09-27 03:11 | 酒蔵めぐり  

"鰺ヶ沢"と『安東水軍』

和酒処さなぶりの新銘柄紹介ブログとなってしまっていたこのブログ。
久々に『酒の向こうに日本が見える』のタイトル通りの内容になっているような
懐かしい気がします。

やっぱり時々、出かけないといけまんね・・・・・
ということで、今回は多くの方が興味を感じない内容になってしまいそうですがご勘弁!


尾崎酒造さんを後にして、鰺ヶ沢の港の前にある【海の駅】に寄り道。
f0193752_0272029.jpg

二階には『鰺ヶ沢相撲館』なる入場無料の施設が・・・・
f0193752_0505887.jpg
鰺ヶ沢は大相撲の舞の海関の出身地だったんですね。

さすがに海の幸は豊富で安い! でも、旅は始まったばかり、買っては帰れません。残念!
f0193752_052568.jpg
f0193752_0532050.jpg

ここで少し遅い昼ごはん。 やっぱり青森はホタテ。 で、『帆立ラーメン』。
f0193752_0552057.jpg

きざんだナルトや竹輪、ワカメなんかがグチャグチャッとのっかているいるあたりに
ローカルっぽさを感じてしまいますが、さっぱり塩味で美味しかった。
敢えて言えば”ゴマ油”はチョット邪魔だったかな・・・

【安東水軍について】

ここで「安東水軍」について簡単に触れさせてください。

江戸時代、各藩は領地から集まった年貢米を貨幣に換えるために、”天下の台所”大坂へ
お米を運ぶ必要があったんですね。
弘前藩がお米を大坂へ運ぶ場合、岩木川の舟運(しゅううん)を使って河口の十三湖まで運び、
その後、小型の船で海岸伝いに鰺ヶ沢まで運んで集積して北前船に積み替えて敦賀~大坂に
運んでいたそうです。  なるほどね~
f0193752_31491.jpg

時代はもっとさかのぼって、鎌倉~室町時代に十三湖の河口付近に十三湊(とさみなと)
という港町が栄えていたそうです。
その十三湊を中心に海洋兵力を擁し、津軽から秋田付近で勢力を誇っていたのが安東氏
という豪族。 それが『安東水軍』だそうです。
十三湊の遺構からは中国製の陶磁器、高麗青磁器などが出土しており、当時は博多と並ぶ
国際貿易港として栄えていたということです。
こんな辺鄙なところ(ごめんなさい!)にそんな街があったなんて、ロマンです。

のんべえの勝手な想像ですが、蝦夷地とも深い交流があったでしょうし、アイヌ民族を通して
樺太~アリューシャンとの交易もあったんでしょうね。
そんなことを考えながら、鰺ヶ沢の海を眺めていました。
f0193752_1136332.jpg


サッ、弘前に戻ろう!
まだまだこの日の酒蔵巡りは続きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-09-11 11:50 | 酒蔵めぐり  

鰺ヶ沢 【安東水軍】 尾崎酒造店

三浦酒造さんで念願のお酒を買い込んだ後に向かったのは、
青森県の日本海側の港町”鰺ヶ沢(あじがさわ)”。

鰺ヶ沢には『安東水軍』というお酒を醸す尾崎酒造さんがあります。

のんべえが好きな『北前船』と深い関わりを持つ青森県で日本海を見てみたい! 
という想いも大きな動機。

弘前から鰺ヶ沢へは岩木山をぐるりと回るようなコース。
f0193752_2341798.jpg
道の両側に延々と広がるリンゴ畑はすでに色づき始めていました。 
f0193752_212739.jpg
f0193752_2115152.jpg
 
尾崎酒造さんの住所は「西津軽郡鰺ヶ沢町大字漁師町 」。
酒蔵の前のバス停も「漁師町」でした。
岸壁からわずか20mほどしか離れていない酒蔵。
「日本一海に近い酒蔵」は他にもあれど、ここも間違いなく日本一候補。
f0193752_2463559.jpg
はるか遠くに見えるのは北海道の松前半島か?
f0193752_383195.jpg

尾崎酒造さんは約400石ほどの小さな酒蔵。
f0193752_1561478.jpg
代々南部杜氏を雇っていたのが、昨年度から蔵元の尾崎行一社長が
蔵元杜氏となって自ら醸す蔵となったそうです。

突然の蔵訪問だったぬもかかわらず、尾崎社長さんに暖かく迎えていただき、
お話しを聴くことができました。

メイン銘柄は『安東水軍』。(安東水軍については別途書こうかな・・・)

お米は青森県の吟醸酒用酒造好適米「華想い」を多用されています。
「華想い」は同じく青森県の酒造好適米「華吹雪」に「山田錦」を掛け合わせたお米です。
「華吹雪」の粒の大きさと「山田錦」の安定した心白出現の両方を併せ持ったのが「華想い」。
f0193752_15353097.jpg

左から『安東水軍 特別純米』 (華想い(掛)、ムツホマレ(掛) 精米 60%(麹・掛)
    『安東水軍 純米吟醸』 (華想い(麹・掛)          精米 55%(麹・掛)
    『神の座』  吟醸酒   (華想い(麹・掛)          精米 55%(麹・掛)

 『神の座』というお酒は俳優の故森繁久彌氏が愛し命名したお酒だそうです。
 ラベルの字も森繁さんの実筆。
 どうして青森の酒蔵さんと森繁久彌さんがつながったのかの経緯を尾崎社長から
 直々にお聞きしました。
 蔵のHPにもまとめて記載されていますのでご覧ください。
f0193752_16252328.jpg
f0193752_16261198.jpg
先ごろ亡くなられた竹脇無我さんとともに尾崎酒造さんを訪問された森繁久彌さん。
f0193752_16263791.jpg


肝心のお酒の感想はまた改めて・・・・

長文にお付き合い、ありがとうございます。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-09-09 16:30 | 酒蔵めぐり  

【豊盃】 三浦酒造さんへ訪問

54歳の野田佳彦という方が日本の総理大臣になられたのを横目に、

9月1日am7時、同じく54歳ののんべえは東北方面へ向かって、フラフラと旅立ちました。

浦和を出て大宮からは新幹線。

東北新幹線の終点”新青森”で在来線へ乗り換え、弘前の街へ一直線。 

前回、2009年2月に弘前を訪れて以来、二度目の来訪。

八戸までだった新幹線は新青森まで伸び、青森が近くなったことを実感。

最初の目的地は『豊盃』の三浦酒造さん。
f0193752_10101515.jpg
f0193752_10105632.jpg

弘前駅からは北西の岩木山方面へ弘前城~岩木川を超えて車で20分程の市街地にあります。
f0193752_14283618.jpg

年間総生産量、400石(一升ビン四万本)ほどの小さな家族蔵です。

2009年の訪問時に詳しくレポートしています。==> 【過去記事へ】

f0193752_10242838.jpg今回はだれも居られないことは事前に判っていたのですが、

どうしてもほしいお酒が・・・

蔵限定販売の純米大吟醸。

酒蔵でしか買えないという限定酒。

前回の訪問時に知って、その素晴らしさに感嘆した逸品。

いかにも豊盃らしい柔らかな旨みですが、いつも以上に深い。

薫りも上品で豊かです。 

真っ黒の一升ビンにスポンジのような素材でできた真っ黒なラベル.

あの【ビキニ娘】の酒蔵とは思えないカッコいいデザイン。



そういえば、少し前に試飲会で三浦さんの長男、剛史氏にお会いして

【ビキニ娘】のモヒカン娘の経緯がわかりました。
f0193752_115473.jpg


このラベルをデザインしたのは弘前出身のデザイナーさん。

その人が『新婚さんいらっしゃい』に出演したのがきっかけで、山瀬まみさんが

協力して作ったのがあのモヒカン娘なんですって。

そのデザイナーさん自身の頭がモヒカンだったことからあんなデザインになったんだそうです。

そういえば、ビキニ娘の顔立ちは山瀬まみさんに似てるかも?

「もうひとつ燗して」という意味も含まれているのだとか。

 (ビキニ娘は既に売り切れ。 また来年の夏をお楽しみに!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-09-06 11:07 | 酒蔵めぐり  

無事 帰ってきました

9月1日朝から4日夜まで、たっぷり4日間の東北地方フラフラ旅から帰ってきました。

『東北地方』のはずでしたが、台風から逃れるため? 函館まで足を延ばしてしまいました。

旅程をざっと報告しますと・・・・

 浦和~大宮~弘前~青森~古川~有壁~仙台~古川~函館~八戸~仙台~大宮~浦和

15、000円で4日間乗り放題の『大人の休日倶楽部パス』を利用しましたが、

これを通常料金にすると69、180円分の移動。 

東北新幹線を行ったり来たりの本当の気まま旅。

 青森県弘前市では『豊盃』の三浦酒造を訪問。

 鰺ヶ沢で青森県の日本海を眺め、『安東水軍』の尾崎酒造さんへ訪問。

 弘前に戻って、『松緑』『六根』の斎藤酒造さんへ訪問。

 八戸では『陸奥八仙』『陸奥男山』の八戸酒造さんへ訪問。


 宮城県では『萩乃鶴』『日輪田』の萩野酒造さんへ訪問。

 『山和』『わしが國』の山和酒造さんへ訪問。

 『伯楽星』の新澤酒造さんへ訪問。

 『もりいずみ』の森民酒造さんへ訪問。


青森では『ふく郎』さんでヘロヘロ。

仙台では『ねぎぼうず』さんと『地雷也』さんでヘロヘロ。

函館では『翠花亭』さんでヘロヘロ。

帰り道でもう一度仙台に途中下車。 『東屋』さんでヘロヘロ。


酒蔵めぐりと酒浸りの充実した4日間。

少しずつ詳細をご報告してゆきますので、お楽しみに!
f0193752_13231322.jpg


今晩から和酒処さなぶりは通常営業いたしま~す。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-09-05 13:24 | 酒蔵めぐり  

第6回 埼玉酒蔵巡りバスツアー

埼玉県内の酒蔵をめぐるバスツアーも今回で6回目。

もちろん今回も主催はJTB、埼玉県の後援。

今回は秩父の3つの酒蔵を巡る一日です。

今回は震災の影響で詳細の発表が遅くなっております。

さなぶり経由でお申し込みされるお客様は6月14日までにご予約をお願いします。

その後はJTBさんへの直接申し込みとなります。

【開催要領】

日時:6月25日(土) 浦和駅西口8:00発 大宮駅西口8:30分発    

巡る酒蔵: 武甲酒造(武甲正宗)、矢尾本店(秩父錦)、菊水酒造(秩父小次郎)。

昼食: ほっとすぽっと秩父館

参加費用:6800円

(JTBへのお申し込み) 
  電話でのお申し込み 048-642-8650

  インターネットでのお申込み 『埼玉探検旅くらぶ』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-06-11 04:13 | 酒蔵めぐり