カテゴリ:その他いろいろ( 84 )

 

【祝】 ブログ開設 1か月!

10月3日のスタートから早くも一か月。

皆様、応援ありがとうございます。

短く短くと思いながら、文章がつい長くなってしまう習性、駄目ですねえ。

反省しながらも気がつけば・・・・つい


これからも、原則毎日更新でやっていきたいと思いますので、

よろしくお願いします。

いろんなお酒たちと一緒にお待ち申し上げておりますよ~~~

f0193752_1032283.jpg



ランキングへ参加してま~す。
ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ
[PR]

by sakenihon | 2008-11-03 10:47 | その他いろいろ  

【速報】 『房総のむら』秋祭り情報

まったくお酒とは無関係なネタですみません。
まじめなネタが続いたんで、チョット気分転換です。

『体験博物館 千葉県立房総のむら』では本日~明日にかけて「秋のまつり」を開催中!
天気もよかったし、タダ!ってことでフラりと行って参りました。
f0193752_19271060.jpg


久々に行くとさすがは県立!って感じで少し立派になってました。
こんなご時世に入場無料で一日つぶせるのは、小さな子供を持つ家庭にとっては助かりますね。
今日もお客さんでいっぱいでした。
江戸の町並みが再現されたこの通りがメインです。
薬屋さん、本屋さん、蕎麦屋さん、小物やさんなどがあって、それぞれでいろんな体験ができます。
f0193752_1929465.jpg


ろうそく造りの体験 300円
f0193752_193047100.jpg


f0193752_1931724.jpg


小さな水路で船にも乗れて・・・
f0193752_19315754.jpg


道端では流山市から来た「新撰組」の殺陣が・・・
f0193752_19324794.jpg


武家屋敷では鎧兜も着れます。 七五三シーズンだもんね!
f0193752_19334251.jpg


優雅な「野だて」
f0193752_1934967.jpg


こんな人も・・・虚無僧(こむそう)っていいましたかね。
私の幼い頃(昭和30年代)は普通に街にいましたよ。お久しぶりでーす。
f0193752_19344588.jpg


房総の農家。本物を移築したものです。農家の中でもかなり立派なものでしょうね。
『房総のむら』には全部で3軒(上総・下総・安房)の農家があります。
f0193752_19353439.jpg


農家の前の畑には野菜がいろいろ・・・・だまってもらってはいけません。
f0193752_19362824.jpg


畑の隅のこんなものが! 
鞘が30cmはある、どでかいお豆さん。 『なた豆』っていうらしいっす。
f0193752_1938170.jpg


立派な母屋です。 武家屋敷よりはるかに立派。
f0193752_19385495.jpg


二階の軒下には干し柿が・・・・季節ですものね!
f0193752_19392766.jpg


「へちま」ってのも久しぶりに見ました。 それにしてもデカイ。
これでタワシ作ったらすごいのができそう・・・・
f0193752_1940513.jpg


敷居は踏みつけちゃだめですよ! ご先祖様の頭だから、って叱られてました。
f0193752_19404628.jpg


お窯もまだ健在です。
お湯からは湯気が・・・・・ 炭の臭いが漂います。天井は真っ黒。立派な竹炭になってます。
お窯の上には神様が・・・・火の神様かな・・・・『火』は神聖なものなんです。やっぱり。
f0193752_19434938.jpg


黄門様だ‼   でもちょっとお疲れ?
f0193752_19443483.jpg


お土産は地元の農家直送の野菜がいろいろ。
もしかしたら栄町特産の丹波黒豆『どらまめ』が今年最後の販売に出会えるかも?
f0193752_19451054.jpg



今日はいい天気でした。
木漏れ日がやさしい秋の休日を満喫できました。
f0193752_19453818.jpg



房総のむらの『秋の祭り』イベントは11月末までやってますよ。
ただし入場無料は明日11月3日までです。明日もお天気は良さそうです。 
お近くの方はどうですか?
(お昼には駐車場がいっぱいになります。)



11月3日のプログラムとパンフもらってきました。 (それぞれクリックで拡大します。)
f0193752_195031.jpg


f0193752_19504230.jpg


f0193752_19511826.jpg


f0193752_19522522.jpg



ランキングへ参加してま~す。
よーやるわ!っと思ったら、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ
[PR]

by sakenihon | 2008-11-02 19:59 | その他いろいろ  

千葉県印旛郡栄町の丹波の黒豆『どらまめ』

先日天ぷらとなって紹介した、『どらまめ』の追加説明です。

明日、木内酒造さんの酒造り講座に行きますが、終了後の懇親会で一人一品持ち寄りなので、私はどらまめを持ってゆくことにしました。
それで、今日購入してきたんで、その時の写真です。
f0193752_116743.jpg


成田市のとなりに位置する印旛郡栄町の名産品です。
どらまめの「どら」はドラゴンの「どら」。栄町には龍角寺という奈良時代の大変古いお寺跡があり、竜神伝説が残っているため、町おこしとして「どら」をアピールしているようです。
印旛沼周辺に龍腹寺、龍尾寺というお寺もあったそうで、天から落ちた龍の頭、お腹、しっぽをそれぞれ祀ったとか。

もとは兵庫県の有名な丹波黒を持ってきて栽培したものです。
毎年、この時期に2~3週間だけの販売ですので、即席のテントで販売所ができます。
ここで、とれたての枝豆をおばさんたちが、枝から外しながら袋詰めして販売してます。
のどかでしょう。
f0193752_1425342.jpg


大変大粒で、実がふっくらしており、おまめの味が濃い枝豆です。
もし、この時期に成田近辺にお越しの際は是非一度お試しあれ!
わかりやすい販売所は千葉県立『房総のむら』内の「ドラムの里」という産直品販売所で販売してます。
一袋(300g)で350円程度です。
[PR]

by sakenihon | 2008-10-19 01:58 | その他いろいろ  

肴の買出し

昨日の夜の帰宅途中、上野御徒町の吉池で肴になりそうなものを探索してきました。

f0193752_1415265.jpg


吉池の一階の鮮魚売り場にはバイヤーが全国から探し出してきた海鮮食材でいっぱい。
すぐとなりがデパート(上野松坂屋)ですが、海鮮関係では断然こちらの勝ちです。
特に北海道の鮭は自社工場を持っていることもあって、大変豊富です。
幻の鮭といわれる『鮭児』にさえお目にかかれます。(見るだけで買ったことはありませんが)
お正月の買い出しにはアメ横が有名ですが、私は吉池のほうが間違いなくコストパフォーマンスが高くお勧めです。

今日も美味しそうなものをいくつか見つけてきました。

まずは広島の珍味『でびらかれい』
f0193752_1422814.jpg


15cmくらいのが1パックに7~8枚入っていて400円。安い!即購入です。
ご存じない方が多いと思いますが瀬戸内海で獲れたタマガンゾウビラメをカチカチペラペラになるまで干したものです。
かなり硬いので、カナヅチで叩いてから軽く炙って食べます。
さらに食べる前に手で背骨を折るような要領でもんでから食べます。
頭から全部食べられます。
熱燗の肴によく合うと思います。


そのほかには以下の3点を購入。
①左上=> 沖縄産天然もずく 118円 (「天然」の部分に反応しました。)
②右上=> 平貝 韓国産 値引きで300円 (国産の価格は2~3倍。つい価格に反応)
③下 => ふぐの一夜干し 4枚で300円 (珍しくはないけど、また酒粕漬けにしようかと)
f0193752_14514581.jpg



帰宅後、ふぐの一夜干しはすぐに酒粕の中に。
これで1日漬け込んで軽く焼けば、あとは何の味付けもなしでいい肴になるはず。
f0193752_1563236.jpg
でも生でなくて一夜干しを漬け込んでよかったのかな?
まっ、すぐにわかるお楽しみ。
[PR]

by sakenihon | 2008-10-12 15:29 | その他いろいろ