<   2009年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

田植え ほろ酔いつつ無事終了

この週末のぐずぐず天気、いやになりますなあ。
昨日の遠出の影響もあって、久々に今日は昼前まで惰眠をむさぼりました。

さてさて、その遠出のはなし。
昨日行ってきましたよ。 田植え。
酒の神様のお陰でしょうか、ほとんど雨にもあわず無事終了でした。

まずは蔵元の木内酒造さんへ集合。
木内さんの門が大変立派なんですねえ。
この時期、ツバメが巣を作って飛び回っていました。
f0193752_171348100.jpg
門と一体となって右側が蔵元事務所、左側が手打ち蕎麦屋になっています。
手打ち蕎麦屋の部分は去年まではビールの醸造部屋でした。
ビール工場の新築にともなって蕎麦屋を開業。
木内の社長は商売上手。

こちらの扉の中に甑があります。
この木の色、いいですねえ。
立派な〆縄が周囲の空気を引き締めているようです。
f0193752_1851522.jpg



今日の参加者は35名。 この天候でよく集まりましたよ。
東京都内から20代の若者グループ10名の参加もあって、にぎやかにバスで移動。

今年は『五百万石』という酒米の苗を植えます。
去年は『ひたち錦』でした。 
ひたち錦はサラッとした女性的なお酒ができましたが、五百万石はもう少しコシがあるしっかりした酒ができると思います。のんべえとしては歓迎の品種変更です。
f0193752_17232877.jpg
毎年参加している常連さんの掛け声でみんなお尻を並べて一斉にスタート。
f0193752_17234516.jpg
f0193752_17244745.jpg
f0193752_17324539.jpg
f0193752_17335675.jpg

広い面積ではないし、人数も十分なので素人でもあっという間に終わっちゃいました。

田植えが終わる頃にはバーベキューも出来上がり。
さっそくカンパーイ、いただきまーす!となります。
f0193752_17384639.jpg
f0193752_17402871.jpg

日本酒はもちろん、木内さん自慢のネストビールの生も用意され飲み放題。
このビール、エール系ですがやっぱり出来立ての生は最高にうまいです。 
普段はビールを飲まないのんべえもこれはおかわり! 
これだけでも来た甲斐あった!?
f0193752_17493691.jpg


f0193752_18475516.jpgお腹いっぱいになったところで、近くの保養センターの温泉へ寄って汗と泥を落としてスッキリ!

最近五十肩に悩むのんべえには大変有難い瞬間。 

なんだか少し楽になったような気がします・・・・ホントに。


近くの道の駅でも小休止。
f0193752_186274.jpg
ここで思わず買ってしまったのが、山椒の実。
f0193752_1854467.jpg
 庭の山椒ができるのを待ちきれませんでした。 
ホントにできるかも未知数だし・・・・安い。 1パック50g程度で150円。 2パックゲットです。
(安いのに弱いのよね~、保険のCM?)
これで、またツマミ作りがいろいろ楽しめる~~ルンルン♪

そしてもう一つ。
『芋がら』というものだそうです。
f0193752_1935994.jpg
戦時中はこればかり食べていたため、見るのもイヤッという高齢の方も居られるそうですね。
しかし、のんべえにとっては初めましての食材。  
思わず購入。 こちらも150円。
でも、どうやって食べるものやら?  これから調査研究。 情報お待ちします。

この後、水戸まで移動してさらに懇親会。
田植え後の移動中のバス車内でも木内酒造のお酒の飲み放題。
終始ほろ酔いでいい気持ち。 
賑やかな一日でした。



この日、いただいたお酒。
f0193752_19172465.jpgf0193752_19175678.jpg
左側はひたち錦+ひたち酵母のお酒を木桶で仕込んだ純米酒。

右は山田錦50%の純米吟醸。

吟醸香はほのかでキリッとしまった一品。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-31 19:41 | 日本酒の作り方  

明日は田植えです。


明日は茨城の木内酒造さんへ田植えに行きます。

去年に続いて二度目。

これが今年度の酒造りのスタートです。

参加者みんなで手植えです。

といっても、ホントは機械で植えた方が断然早くてチャンとできるんですがね・・・・

作業の後のバーベキューだの懇親会が楽しみなんです。

残念ながら天候は最悪のようですが、雨天決行。 

欠席者続出かも・・・・

まっ、気合いを入れて頑張ってきま~す。




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-30 01:51 | 日本酒の作り方  

房総の味覚『あじのなめろう』で一献

昨夜はまるで台風のような風雨。
窓に打ち付ける雨音が煩くて、なかなか寝付けずチビリチビリやってました。



f0193752_234862.jpg先日ゲットした四国土佐の高木酒造さんの

「土佐金蔵 純米生原酒」、いい酒でした。

土佐酒らしくきりりとしまった酸味が舌に心地よく、

男酒でありながら米の香りがしっかり。

辛口ながら旨味・甘み・ふくよかさはタップリ。

ああ、日本酒飲んでるな~~と喉が大喜びです。

冷やもいいけど常温か一肌程度もいい。

酒米は”松山三井”の65%、時期的にはすべて火入れ済み

だけど一部ユーザーの要望で数十本だけ生で取ってある

ものの一本だそうな。

高木さんの酒質の特徴で、しっかりと温度管理をしておけば

実に楽しい熟成をしてくれる。

その意味で生原酒での保存を依頼したユーザーへ感謝。

もう一本買って、冷蔵庫で1~2年寝かせようかな・・・・

いや、あったら飲んじゃうよな。

鈴木屋成田店の店長によると、「しばらく常温保存して、敢えて少しヒネさせても面白い」

んだそうで、それも試してみようか。 

ん~~楽しすぎる。


土佐酒だからカツオの刺身でも、と思っていたらカミサンが鰺を買ってきてしまった。
f0193752_2355082.jpg


鰺も今が旬で新鮮なものが豊富。さらにお安い!

こんなに立派な鰺が1匹100円しないんだから文句はありません。

よっし! 鰺ときたら『なめろう』だ! で決まり。

早速、房総の味覚『鰺のなめろう』の3分間クッキング開始です。

まずは頭を落として・・・
f0193752_2384529.jpg
 
三枚におろして・・・
f0193752_2392551.jpg

皮を引いて・・・
f0193752_2395794.jpg

骨を取り除いたら下ごしらえは終了。
f0193752_2423274.jpg

あとは細かく切った鰺に味噌・みりん・酒・生姜汁・ネギなんかを混ぜで包丁で混ぜ混ぜしたら出来上がり!  さすがは漁師料理、簡単です。
f0193752_2445240.jpg

のんべえはこれをたっぷりのお酢で食べます。 房総・御宿の漁師料理屋で覚えた食べ方。
不思議と全くすっぱくなくて、すごく合うんです。


鰺3匹、300円弱でこんなにたくさんできてしまったよ。

まあ、余ったらフライパンで軽く焼いて『さんが焼き』にしようと思っていたら、

普段は魚嫌いの高校生に娘が、パクパク食べてしまったよ。

親爺の酒の肴、横取りすんなよな~~



えっ? 土佐金蔵との相性はって? 

それは聞くに及ばずでしょ!



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-29 06:57 | 本日の一献  

祝 高知・豊の梅 鑑評会金賞受賞!

おはようございます。
今日はカラッと晴れたすがすがしい一日になりそうです。
海でも見に行きたいなあ~

さて、今年も全国新酒鑑評会の結果が発表されましたね。  詳細はこちらへ
日本酒の蔵元や杜氏さんにとっては自らの技量を試す最大のイベントです。

一般の消費者にとってはあまり馴染みはありませんが、出品する蔵にとってはこの為だけに特別に気合いを入れて仕込みますから、賞をもらえればそれは嬉しく、誇らしく、鼻が高いもののようですね。

【結果の概況】
      出品数  金賞   入賞
Ⅰ種   139    37    32
Ⅱ種   781   211   177
合計   920   248   209

出品された約27%が金賞受賞したことになり、それほどハードルは高くないように見えます。
しかし、なぜか取れない蔵は取れないんですねえ、これが。
たかが監評会、されど鑑評会です。
反面、十分な実力があっても出品しない蔵も多くありますが・・・・

上記のⅠ種は山田錦以外、Ⅱ種は山田錦を使った酒です。
Ⅱ種が圧倒的の多い状況は相変わらずですが、新潟や広島のようにⅠ種入賞に力を入れているエリアもあり、のんべえとしては嬉しく思います。
やっぱり、各地各様のお酒があってこそ、『酒の向こうに日本が見える』のですからね。

そんな中で、去年の7月の四国一周蔵巡りでお世話になった、高知の『豊の梅』(高木酒造)さんがⅠ種での金賞受賞となりました。
   (酒蔵訪問記は=> こちら )

おめでとうございまーす!

それも、四国の酒米【吟の夢100%】【宇宙酵母CEL19/CEL11】を使った、土佐宇宙酒です。

吟の夢100%での金賞は初めての快挙! 
高知の酒造業界では衝撃だったのでは?
純土佐製での金賞受賞に大きな意義を感じるのんべえです。


f0193752_445628.jpg
お祝したくって、いつもお世話になってる

成田イオンSC内の鈴木屋さんで一本買ってきました。

受賞酒の入荷はまだですので、

とりあえず『土佐金蔵 純米生原酒』で一人乾杯です。

なにか、土佐の食材探さねば・・・・またカツオかな・・・・



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-27 07:17 | 本日の一献  

ミニトマト、順調に生育中!

暑いとおもったら急に肌寒くなったり、晴れたと思ったら途端に雷ゴロゴロ。

なんだか毎日落ち着かない天候が続きますね。

昨日の夜は布団を一枚増やして寝ましたよ。


そんな不安定な天候がいいのか?悪いのか?

庭の植物は毎日スクスクと生育しています。

ミニトマト、もう花が咲きました。
f0193752_1494143.jpg

枝豆も順調。 ヨシヨシ、おいしくなるんだよ~
f0193752_151129.jpg

今年はなんだか山ももの当たり年かも。 すっごく沢山の実がついてます。
これまた”山もも酒”ができるぞー
f0193752_1532138.jpg


「目指すはJunk Garden」さん風に・・・・ただし、なんてゆう花なのかはサッパリわかりません。
f0193752_15703.jpg
f0193752_157211.jpg
f0193752_1573799.jpg

これは知ってます。ハイビスカス。
花が終わると散らずに閉じる! なんと行儀のいい奴。
f0193752_1575856.jpg
f0193752_1582112.jpg



明日はまた暑くなるみたいですね。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-26 02:03 | 木と花と野菜  

『鰹のタタキ』で一献

前回、前々回とツイツイややっこしい文章となってしまいました。
ドン引き、多数発生ではなかったかと心配しとります。
ごめんなさい。

今日、成田のイオンジャスコに買い物に行きましたら、旬のカツオの大安売り!
地元千葉産の獲れたて鰹が一匹丸ごとでナント780円。

ヨッ  買った! 

と言いたいところですが、さすがに一本は食いきれませんな。
一歩譲歩して皮付きの半身398円をゲット! 
それでも十分安い。  庶民の味方。

今の時期の脂が少ない鰹はのんべえの好みです。
柵買いなら腹身より背身を迷わず選びますねえ・・・・
マグロもトロより赤身が好きですなあ・・・・

回転すしで”エンガワ”が大人気だって聞くと悲しくなってしまいます。
コリっとしたヒラメのエンガワじゃなくって、
どろっとしたノルウェー産カラスカレイのエンガワだもんね。
昔、一回だけ食べたときはショックでした~
オッと、また脱線。


先日の お寿司屋さんのクッキングスクールで鰹のタタキの要領も教えてくれたんで、実践してみましたよ。

まずはウロコをそぎ取って、四身の柵に・・・・
f0193752_1161923.jpg

串を打ってコンロで皮側中心に焦げ目が付くまで焼いて・・・・・・ ナカナカ順調じゃん!?
f0193752_1233342.jpg

しっかり水にさらした新玉ねぎのスライスを敷き詰めた上に鰹を並べ、その上から一茹でしたモヤシ、さらにその上に水菜をタップリ。 大葉の千切りをパラパラと散らして・・・・・・
全体に土佐酢をタップリ掛けたら、包丁の腹でポンポン!ポンポン!とよ~く叩いたらできあがり~~f0193752_1385570.jpg
今日は手抜き土佐酢造りに一工夫。
テレビCMもやってる大手メーカーの”追い鰹つゆ”ってやつを冷蔵庫で発見。
それを水とお酢とレモン果汁で2~3倍に薄めるだけで、けっこうイケてる土佐酢ができました。

でもって、この鰹のタタキを肴に、話題の? 「大輪菊盛原酒」を合わせてみました。f0193752_201189.jpg

蔵のおススメの通り、オンザロックで。
すると! 思った以上にいいんですわ!
酒だけ単独で飲んだ時には、酸味が強くドライできつく感じていたのですが、鰹のタタキと一緒に口の中に入れてみると、まったく違った味わいになったんですねえ、これが。
酒の旨味と甘みを感じるんですよ。 ホントに。 

昨年の夏の四国一周の土佐で学んだことを思い出すと納得なんです。
土佐の酒も辛口アッサリ系が多いんですが、これが鰹にピッタリなんですねえー
鰹は旨味の塊りのような食材だから、すっきりした酒がいいバランスを作ってくれるんですねえ。

そういう意味で「大輪菊盛原酒」も土佐や富山の酒に近いと考えれば、いただき方が見えてきます。

青森で旨味が強い食材といえば”ホタテ”が思い浮かびます。
次は軽く焼いたホタテを合わせてみようかな・・・・

いやー、呑み方、合わせ方でいろんな顔を見せてくれる、
日本酒ってのはホントに不思議で面白いヤツですなあ~。

感謝、感謝、ごっちゃんです。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-25 02:20 | 本日の一献  

添加物も一つのテクニックということか・・・・

『大輪菊盛の原酒』について、コメント感謝します。
お陰で頭の中が少し落ち着いてきました。


なるほど、酒呑親爺さん、高橋さんご両人のご指摘のように『酒税』
重要なキーワードですね。
22度未満が現在の税法下での最高度数ということになるわけですねえ。

アルコール度数第一で造られた酒と考えるのが自然ですね。
あまり高すぎて、結果的に添加物で調整せざるを得なくなったということですか・・・

条件や方法を選ばないのであれば、高度数を出すことは難しくはないでしょうが、
高度数でありながら旨味豊かなお酒に仕上げるのは大変だそうです。
並行複発酵の日本酒なればこそ、杜氏さんにとってはチャレンジする甲斐がある目標なのかもしれませんね。

そういえば数年前、とある有名吟醸蔵で名人杜氏が引退した途端に、
目指した17度程の度数がどうしても出なくなったという話を聞いたことがあります。


昨年お邪魔した金沢の『武内酒造店(御所泉)』にはわずか100石の製造石高ながら、
20度の吟醸原酒がありました。
ここは近隣200軒の消費者にほぼ限定した販売で維持している蔵で、まさにユーザーニーズ直結の酒造りだったので感激しました。
地元でそのようなお酒への需要があるとすれば、それは一つの日本酒文化になるのでしょう。

青森の丸竹酒造店さんも同様な背景があるのであれば素敵ですね。
もう一度、弘前まで行って確かめたくなってきましたねえ。



ところで、『原酒』という表示、分かりにくいですね。
普通は『原酒』といえば『混ぜものがない酒』と思いますよ。
まさか、『加水してない酒』の意味だとは思いませんよね。

本当に日本酒の表示というのはわかりにくい!
国税庁さん、酒税徴収もいいけど・・・・もうちょっと考えて!



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-24 19:43 | 本日の一献  

糖類・酸味料添加の高級酒?

昨日は雨は降らなかったものの、すっごい強風が吹き荒れてました。
風が納まる夕方まで屋内にこもってました。


さてさて予告の通り、チョットした悩みというか、できればご意見いただきたいことが。

f0193752_0291055.jpgいま、手元のある一本のお酒のことなんです。

ある方からのいただきもので、4合瓶。

お酒をいただくのは何よりもハッピーです。

頂いたのは丸竹酒造店さんの『大輪菊盛 原酒』

弘前市郊外、世界遺産”白神山地”と岩木山に

挟まれた素晴らしい立地の酒蔵。

茨城の木内さんの菊盛は「きくざかり」。

こちらの菊盛は「きくもり」です。

早速ラベルを見てみますと、その記載内容にビックリ!

アルコール分21度以上22度未満
原材料名:米 米麹 醸造用アルコール 糖類 酸味料

石川の御所泉さんの20度までは飲んでましたが、22度ってのは、私の中での新記録です。

さらに、「糖類」添加!  さらにさらに「酸味料」添加!

原材料を見る限り三増酒ではありませんか!?
これが安いパック酒であるなら、なんら疑問はないのです。
しかし、三増酒なら加水して度数を15度まで下げるのが定石です。
それだけで出来高が何割か増えるのですから。

しかし、この酒はわざわざ原酒で22度。
醸造用アルコールで度数を上げた可能性はありますが、なんのため?
アル添前の度数はいったいどれくらいあったのか?

蔵自体のHPはありませんが検索で見つかった情報によると、甘口でオンザロックで飲むのがおススメとのこと。

実際、飲んで見るとさすがに22度、ギンギンのドライ系で甘口には感じません。
アル添臭は気になりませんが、”ふくよかさ”はあまり感じません。
ロックにしても水っぽくならない利点はあります。
明らかにパック酒とは違い、マトモな酒ではあります。
価格も1.8Lで3000円を超えており、高級酒の域です。


のんべえとしては、どんなお酒でも造る側の想いを理解した上で、合った飲み方をすれば美味しく味わえると思っていますので、お酒の批評をしないのが信条です。

しかし、このお酒に関しては『なんでこんなお酒を作ったのか?』が解らないのです。
なんでこんなにアルコール度数が高いのか?
なんで糖類や酸味料まで添加するのか?
もしかしたら、私が知らないだけで、各地方にこういうカテゴリーの日本酒があるのかも?
この疑問が解けると、いただく楽しみが何倍にもなると思うのです。


のんべえなりに考えた末の今現在の結論は以下の通りです。
① この蔵は高アルコール度を造り出す技術をもっており、それをアピールしたかった。
② しかし、高アルコールだとドライになりすぎる。
③ 青森地方の食べ物の味覚は塩分が非常に強いため、甘口の酒が好まれる。
④ そのために糖類を添加して調整した。
⑤ アル添は柱目的であり、増量目的ではない。

しかし、酸味料を添加する目的まではわかりません。
もちろん、上記の推測が正しいのかも自信もありません。

どなたかこのお酒の疑問を解くカギをご存じの方がおられましたら、ご遠慮なくコメントいただけないでしょうか。

蔵に電話して聞いてみれば早いわけで、そうしようとも思いましたが、いきなり電話して「糖類・酸味料添加の理由」を聴いてしまうと、なにか喧嘩を売っているように誤解されないかドキドキして止めました。

その最終手段の前に皆様のお知恵やご意見を伺えればと思います。

いつもと通り長文・駄文の上、ややこしい話題ですみません。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-23 15:32 | 本日の一献  

成田にはインフル感染者はいない?

本当に暖かくなってきました。
しかし、明日は関東も雨模様のようで、すずしくなるのか、蒸し暑くなるのか。
まだ、季節の変わり目という感じです。
インフルエンザに掛るまえに体調を壊さないようにしましょう。



テレビは新型インフルエンザの事ばかり。


今日、長女が「成田じゃ、なんで感染者が出ないんだろうね?」と問題定義。


「海外旅行する人、いないからじゃない?」とカミサン。


「そっかー」と家族一同納得。


じぶんちとしては頷ける。 よそんちはそんなことないんだろうけど。


毎日、毎日何十何百という飛行機を見ながらも、いまだ海外への家族旅行経験なし。


「いつかは行きたいねえ・・・でも、全員のパスポート取るだけでもお金かかるねえ・・・」


でいつも終わってしまいます。


のんべえの部屋の窓からは、こんな感じで飛行機が見えます。
f0193752_1344113.jpg


のんべえが海外に行ったのは20年以上前の新婚旅行。
帰りにウイスキーを10数本買って帰って、二人で持ちきれなくて大変恥ずかしい思いをしました。
ウイスキー全盛の時代でしたし、洋酒は高かった。

当時はのんべえも日本酒党ではなくて、スコッチでしたねえ。


と、チョットいいかげんな話題ですみません。
明日はある日本酒に関する悩みを皆様にご相談したいと思っとります。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-22 01:48 | その他いろいろ  

のんべえの庭は酒のツマミのネタばかり・・・

今日はいい気候でした。
暑すぎもせず、寒すぎもせず、風もなく。
一年中こんな日ばかりだったら、アホになるかも・・・・・

夕方から庭の雑草取り、頑張りましたよ。 バケツ一杯。
カミサンへの点数稼ぎですがね・・・。
まだ蚊がいないから助かります。

今年もまたブラックベリーの花が咲き始めています。
手前の咲き終えたところには早くも実の形が・・・
今年もブラックベリー酒が作れるほどたくさん取れればいいけどね。
f0193752_1165258.jpg

こちらはブルーベリー。
でも熟すとすぐに鳥に食べられてしまい、人間の口に入りません。
今年はなんとかしなくっちゃ。 たくさん取れたらブルーベリー酒かな?
f0193752_1185399.jpg

新しい花壇への苗の植え込みも終了。
少し混雑してます。 狭いからねえ・・・・
左側の黄緑のがラズベリー。
右側の濃い緑はミニトマト4本。すでに少し花が咲き始めています。
f0193752_121348.jpg

こちらの一角が酒のつまみコーナー。
大きな4本はキュウリ。ビールのお供にできるのが待ち遠しいなあ・・・・
一番手前の一本は万願寺とうがらし。
以前、料理屋で丸焼きしたものを食べたことがあり、日本酒の肴にピッタリだったんで、これも楽しみです。
ブロックの近くの小さな3本は枝豆。これまた楽しみ~ 
f0193752_1383561.jpg

この小さなポットに顔を出したのはフォックスフェース。
昨年の秋、木内酒造さんの酒造り体験講座の稲刈りの時に買って帰った一本の子供です。
でもこの時期にこの生育では遅いようです。あまり大きくはならないかも。
f0193752_1421695.jpg

野いちご。
f0193752_1471153.jpg

実山椒。これも植えたばかり。うまく実が付いたら「自家製ちりめん山椒」を作るつもり。
f0193752_149817.jpg

こっちは葉山椒。 こっちは勝手に生えてきたもの。鳥さんありがとう!
こちらは福島の名物「ニシンの山椒漬け」を作れればラッキー。
f0193752_1512783.jpg


ほとんどはカミサンが面倒見てます。
のんべえの頭の中は酒の肴のことばかり・・・。


またまたお粗末でした。

もっときれいな花々をご覧になりたい方は、三宅島の『目指すはjunk garden』さんへどうぞ!




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-20 02:11 | 木と花と野菜