<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

嬉しかったこと

暖かいと思ったら、また寒くなってしまいましたね。

金曜日・土曜日と賑やかなさなぶりでした。

金曜日はご予約が二組(二名様と五名様)。有り難かったです。

その御二組が帰られて、片づけを行っているところに更に嬉しいお客様。

女性一人のお客様です。

女性が一人でこうゆうお店に入るのにはかなりの勇気が必要だと思います。

ですがら、そうゆうお客様に安心してくつろいでいただけるお店にしたいと

強く想っています。

開店以来、女性が一人だけのご来店はこれで三人目です。

最初のお一人のご来店時には団体のお客さまで混み合っており、

全くお話できないままですぐにお帰りになってしまいました。

きっと、落ち着かなかったからだと思います。

今でも残念でなりません。

二人目はスポーツトレーナーのお客様がランニングの途中に一杯だけで

お立ち寄りくださって、結局一杯では済まずいっぱい召し上がっていただき

他のお客様とも大盛り上がりとなって、ああ~良かった~ でした。

そして金曜日の三人目のお客様。

毎日のようにお店の前を通っていて、ずっと気になっていたということでした。

やはり、勇気を出して入りましたとおっしゃってました。

そして2時間近くゆっくりお話できて、私もすご~く気持ちが和みました。

こうゆう出会いを重ねられる今の状況。 本当に幸せです。


昨日の土曜日は雨も降ってて、「今日はダメだろうな」と思ってました。

ところが結果は、5組16名のお客様のご来店。

もっと嬉しかったのは、すべてのお客様がリピーターかリピーターの方が

お連れになったお客様だっとということ。

御新規ももちろん有り難いのですが、一度ご来店のお客様が新しいお客様を

連れてきていただけるということは、さなぶりを気に入っていただいた証拠ですので、

本当にうれしい限りです。

本当にありがとうございます。感謝 感謝です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3月22日に『第二回さなぶり寄席』を開催いたします。
祝日の月曜日です。 皆さま是非ご来場くださいませ。

日時:3月22日(月) 15時開演(14時30分開場)
場所:さいたま市コミュニティーセンター コムナーレ 第13集会室
   (JR浦和駅東口駅前 パルコ10階)
出演:三遊亭鳳志 ほか
木戸銭:1000円

終了後、和酒処さなぶりにて懇親会を行います。(定員20名)
参加費 別途4000円

★ご予約は電話かメールで!
 048-882-3721
 メールはさなぶりHPの「お問い合わせ」よりお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-28 15:48 | さなぶり  

あらたなプレミアム日本酒 登場!

昨日の月曜日はヒマでした。

お給料日前ということと月曜日が重なると、やっぱダメなんですねえ。

せっかく、新しいメニューの”烏賊のなめろう”を投入したのに・・・どんまい!

また、一つお勉強になりました。


それでもお酒の方はどんどん変わってゆきます。

お陰さまで善知鳥(うとう)はなくなってしまいました。

が、またまた凄いプレミアム日本酒の登場です。

『MASUIZUMI 1998』
f0193752_1548197.jpg

御存じ富山の満寿泉さんのお酒なのですが、多麹仕込みで造った純米酒の原酒を

ブルゴーニュの白ワイン造りで一度使用済のワイン樽で貯蔵したうえで瓶詰した

お酒です。 瓶詰が平成十二年で、そのあと瓶貯蔵で10年が経過しています。

とある酒販店のオーナーが隠し持っていた秘蔵酒を2本だけ分けてもらえました。

約0度の冷蔵庫できっちりと管理保存されていたものです。

味わいはまさにワインです。

ワインは詳しくありませんが、熟成したリースリングワインような干しブドウの甘さを

含んだ素晴らしい逸品です。

もう一つのプレミアムは、12年前の造りですから能登四天王の一人、三盃幸一杜氏

の手によるお酒ということです。(三盃杜氏は平成17年で御引退されてます。)

さらにさらに、このお酒のアイディアは達磨正宗の白木社長のものだそうです。

なんともなんとも、凄いものが照会できることになってドキドキしてます。

アッ! ワインのコルク抜きがない! 買ってこなくっちゃ・・・・


他にもこんなに新しい銘柄が入ってます。
f0193752_164495.jpg






『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-23 16:07 | さなぶり  

雑感

すこしだけ寒さが緩んだ感じですね。

お陰さまで金曜・土曜と賑やかでした。

なんと両日とも、0時時点で満席という状況です。

反面、かなり老体がミシミシいっております。

そのため、ブログの更新がますます後回し状態で申し訳ありません。


先日ばるべにーさんの呑み友達のけー氏がご来店。

福島からの出張の帰りにわざわざ立ち寄っていただきました。

普段は車で来るところを、そのために電車に変えて。  感謝です。


くどき上手の愛山もなくなりました。

善知鳥でさえもうあとわずか。

やっぱりおいしいお酒を飲みたい人は少ないくなんですね。

頑張ってガンガンいいお酒をそろえよう!と思った今朝の目覚めでした。

HPのメニューの更新もしなくっちゃ・・・実態とかけ離れてきてます。


ブログの内容が”さなぶり”の中だけのことに終始してしまっているのが

寂しいですねえ。

せめて埼玉の酒蔵を廻ったレポートがたくさん載せられればいいのですが・・・

今のところ余裕がありません。


酒呑親爺さんの酒ブログランキングが、定位置の2位から3位に下がってますねえ。

応援のポチ,やらねば・・・・ですね。


てなことで、ほんとに簡単ですが本日の雑感ってとこです。

ちょっと、マッサージに行ってきま~す。




『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-21 11:54 | さなぶり  

発芽玄米酒 『むすひ』

昨日、最後のお客様が帰られたのは午前5時近く。

今朝の埼玉は軽い吹雪状態。寒い夜でした。

寝たのが6時でした。 これは新記録。

シンドイけどなかなか楽しい時間でした。

昨日、『善知鳥』と『獺祭』を両方呑んだお客様の感想。

「獺祭は弦楽四重奏、善知鳥はオーケストラ。」

特に日本酒に詳しくはない、普通のお客様の素直な感想がこれ。

非常に的を得ていると思います。

『善知鳥』を最初に呑むか?最後に呑むか? これは問題ですね。

最初に呑むと、そのあとのお酒がつまらなくなるかも。

最後に呑むと酩酊していて、せっかくの善知鳥の味がわからない?

じゃ、真ん中頃がいいのかぁ?

やはり、最初に呑んで、そのあとは全く違った酒質のお酒を飲むのがいいかも・・・

『くどき上手 愛山』とか。


f0193752_1311144.jpgさて、開店時からメニューに載っていて、だれも

注文しなかった寺田酒造さんの

『むすひ』が開栓しました。

最初のご注文は女性。 

やっぱり、こうゆうチャレンジ精神は女性の方が

強いようです。

『むすひ』は発芽玄米を使ったお酒。 

ですから、精米歩合は100%です。

濾過を全くやっていませんので『清酒』のカテゴリー

にはならず『雑酒』です。

火入れもされていないので、強い活性があり開栓に時間がかかりました。

強い糠漬けの香りがします。 酸味も強いです。

最初に呑んだ女性は「このお酒の糠漬けが食べてみたい~」といっておられました。

多くの方の是非味わっていただきたい一本です。

これを呑んで糖尿病が治ったという話もありますが、薬事的にもそれは言えませんね。 

しかし、なんだか身体の中が奇麗になるような気がします。

興味のある方は是非お早めに。(活性が抜けてしまう前に)


合わせて三つのお酒がメニューに載りました。
f0193752_1315324.jpg

神奈川の”とんぼラベル”が人気の『泉橋』。
神奈川県海老名産山田錦を使った山廃の純米吟醸です。
独特の粘り気と山廃チックな風味が特徴のお酒です。

『黒龍 垂れ口』は槽(お酒を搾る機械)から滴り落ちたお酒をそのまま瓶詰
した薄濁りの本醸造酒です。
本来は辛口系のお酒ですが、澱の影響で大変甘く感じます。
呑んでいる一杯のなかでイロイロな味わいを感じられる楽しいお酒です。

『むすひ』と同じ寺田酒造の『香取90』は精米歩合90%の生もと造り。
『むすひ』と合わせて呑むと楽しいです。
寺田酒造は春に搾ったお酒は秋まで出荷しません。
このお酒は昨年の春に搾ったものですが、これも蔵にも市場にもほとんど
残っていません。
ですから、今年の秋までの間はもう手に入りません。
このお酒を送ってきた段ボールにはこんな表示が・・・
f0193752_13214811.jpg


佐賀から、『鍋島』『能古見』『天山』『肥前蔵心』がどんと届きました。
『天吹』さんの生もとの純米吟醸もまだ冷蔵庫に入ってます。
どうやって、メニューアップするか・・・
【佐賀酒フェアー】でもやりますか?
(まるで、デパートの酒売り場みたい)



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-18 13:35 | さなぶり  

善知鳥 を開栓しました。

昨日は日曜日。

すっごく寒くて、天気も下り坂。

バレンタインデーは1月15日の開店からちょうど一カ月でもありました。

しかし、いつかは来るであろうお客様ゼロの日が今日ではないか?と覚悟の開店。

ところが、結果的には平日と変わらない程のご来店。

ホッとしました。

さらに、11時頃にご来店の男性一人のお客様がお二人。

どちらもお馴染様。

で、結局3時頃まで3人で盛り上がっておりました。

その勢いで、開店当初から登場のタイミングを探していたお酒を出すことになってしまいました。

f0193752_1221346.jpg『田酒』で知られた青森の西田酒造店の

『善知鳥(うとう)』です。

これで、深夜の乾杯。 

酔いが醒めるような澄み切ったお酒。

三人ともしばらく言葉が出ませんでした。

澄み切ってはいるけど、重厚で強い旨味と滅茶苦茶

すばらしいキレ。

以前、田酒の山廃特別純米を呑み、

その上品なヨーグルト香に感激しましたが、

さらに味わいの深みがあります。

『善知鳥(うとう)』は西田酒造の元々の銘柄

『喜久泉』の大吟醸に冠された銘柄名。

『善知鳥』とは鳥の名前でもあり、青森が青森に

なる前の地名でもあるそうです。

詳しくは西田酒造さんのHPをご覧ください。

西田酒造のお酒は田酒は純米、喜久泉は非純米です。

しかし、このお酒を「アル添酒」呼ばわりする人がいるとすれば、それは野暮でしょう。

わずかなアルコール添加によってこの重厚さが引き出されているのですから。

旨いものは旨いのです。

上品な吟醸香。

舌の真ん中程まではサラリと流れ、奥に行くに従って重厚な旨味が

しっかりと感じられ、嚥下するとスッ~と消えてゆく余韻。 

これは絶対に呑む価値ありです。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-16 01:49 | さなぶり  

神様はいるみたい

たった9席の小さなお店のなかで、奇跡のような出会いが起こることがあります。

そんな時、「やっぱり神様っているんだあ」と感じてしまいます。

先日もそんな出会いがありました。

始めてご来店の男性と私がお話していました。

十年以上前に行っていた池袋の居酒屋さんのお話です。

大変日本酒の品揃えが良かったということでした。

すると、反対の端に居られた男性が興奮して急に立ちあがって、

「そのお店に私、勤めてました!」って。

聞くとすでにそのお店は閉店してしまったそうですが、そこで10年以上も

働いて日本酒と飲食の経験を積まれたお客様だったのです。

その話の展開に一同唖然でした。

やっぱり、神様のいたずらが時々起るようです。

さなぶりは心霊スポットか?


ここ数日少しヒマです。

水曜日が結構忙しくって、翌日も期待したんですがさっぱり。

実は木曜が祭日だって知りませんでした。

そうか、水曜日は休前日だったのか!ってとぼけたお話。

昨日の金曜もちょっと寂しかったですねえ~

そんな時は新メニューの開発。

酒盗三昧は使う器の部分で手こずってましたが、今日からメニューアップします。

鰹・鮪の酒盗と烏賊の塩辛、うにクラゲという4点の珍味を少しづつってヤツ。

それと、深夜にガッツリ食べたいというお客様用に"焼きそば”を検討中。

昨夜、寝る前に試食したら今朝は胃が重い・・・・当たり前か。


新着のお酒達です。
f0193752_11595248.jpg

くどき上手の愛山。 昨日開けました。
うまいです。でも2~3日するともっと良くなる予感。

勝駒の新酒がようやく出荷されましたね。
ガッシリとした搾りたて生です。

奈良萬も純米無濾過生。開栓待ちです。
はやく味見したいな~~

この季節、新酒ばかりなので菊姫の山廃純米の10年物もラインナップ。
10年置いても”古酒”にはなってなくて、あくまで”熟成”であるところが
菊姫の凄さですね。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-13 12:09 | さなぶり  

屋守 活性にごり ウマい!

f0193752_4133365.jpg
本日、屋守の活性にごりを抜栓しました。

噴き出さない様に注意しながら約10分ほど格闘。

予想以上の美味しさ。 いや、冗談抜きにいいですよ。

ついもう一杯といいたくなる爽やかな出来です。

結果、今日一日で随分減ってしまいました。

このペースでは明日にはなくなりそう・・・・・

藤井酒造さんの龍勢呑み比べも無事売り切れました。

『夜の帝王』は一升瓶なのでまだあります。


福島の花泉ロマンが売りきれ。 代わりに今度は『奈良萬』が加わります。


近々、鍋島と能古見の新酒あらばしりが入荷の見込みです。

なんだか入れ替えのペースが慌ただしくなりそうです。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-11 04:24 | さなぶり  

藤井酒造蔵元 ご来店

日曜日はゼロを覚悟しておりましたが、ようやく御一名様のご来店。

なぁ~んだ、一人だけか?

って、0と1では気分は大きな違いですよ。


月曜日は広島の藤井酒造の蔵元、藤井善文様をお迎えしました。

藤井酒造さんへは一昨年の夏に訪問しました。=> 過去記事

開店時間から蔵元が来店された9時頃まで、ずっと満席状態だったのが、

蔵元ご来店と同時にサァーッとお客様が引いてしまいました。

そして、蔵元がお帰りになった11時頃からまた混み始めて、結局営業終了は

午前2時をかなり廻った時間。

一日を通すと大繁盛、売り上げも開店以来の好結果。

でも、蔵元来店時間帯だけは大変落ち着いた状態。

これって、蔵元は"福の神”だったのか、"貧乏神”だったのか?

いえいえ、やはり蔵元は"酒の神様”に違いありません。

"酒の神様"が蔵元とゆっくり話ができるようにと気を効かせてくれたのですね。


蔵元をお迎えするに当たって、藤井酒造『龍勢』の呑み比べセットをメニューアップ。
f0193752_9352785.jpg

右が純米生原酒の活性濁り『活濁酒』。

真中が特別純米でお燗が映える『夜の帝王』。

左は特別純米中取り無濾過生原酒。

お値段も90mlづつで1000円とかなりのサービス価格。ただし限定8名様。

もちろん口切りは蔵元。 当然話も大変盛り上がって最後はこんな状態でした。
f0193752_9402677.jpg
これで雰囲気伝わるでしょ!?

龍勢呑み比べセットはまだ少し残ってます。 

ご希望の方はお早く!です。

そんなこんなで、屋守(おくのかみ)の活性濁りの抜栓は今日に延びました。




『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-10 09:58 | さなぶり  

味見

最近、飲酒の量が減ったせいでしょうか?

やたらと甘いものが欲しくなります。

今日も無性に食べたくなって”たいやき屋さん”の行列に並んでしまいました。

買い物袋を片手に下げて、買ったばかりのたいやき一つをほうばりながら、

お店へ急ぎ足・・・・

飲むお酒と言えば営業時間後に中途半端に残ったお酒を片づけるか、新しく入った

お酒の味見をするくらい。

昨夜、味見したのは司牡丹の『龍馬からの伝言 日本を今一度せんたくいたし申候』

f0193752_20262375.jpgというなんとも時流に乗ったお名前のお酒。

といってもテレビとは無縁の生活。

番組を見たことはないのですがね・・・

純米の超辛口。 

信用できる酒屋さんからのおススメですし、

のんべえも実はミーハーですのでつい購入。

味見をして一安心。

龍馬が辛口好みだったかどうかはわかりませんが、

土佐のイメージにピッタリのシマリのある辛口で

お燗にすると旨味も引き立ちます。

一昨年の7月の四国一周酒蔵巡りで訪れた司牡丹さんがある佐川の街並みを

思い出しながらの味見でした。 => 2008年12月3日の記事へ


って、いま営業時間なのに・・・・今のところお客様なし。

居直ってブログ更新。

こんなの初めてだぁ~~

もしかして、初のゼロ記録? やっべ~っ!

やっぱり日曜はダメなのかな?

定休日決まり? 

いやいや、休んだってすることないでしょ。

明日は藤井酒造のお蔵元も来られるし、頑張ろう!



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-07 20:40 | さなぶり  

メニュー更新

ようやく、HPの料理・肴系のメニューをアップできました。

少しは余裕が出てきたかな?

お酒も随分変わりましたよん。

スタートから半月。 

本来は4合瓶の方がいいのですが、採算面を考えてほとんどが一升瓶。

うまく回転させないとお酒が劣化する恐れもありますよね。

特にこの時期は生酒が多いので要注意ですね。

でも、お陰さまでなんとか満遍なく減ってきており、なんとか順調に廻っています。


来週9日(火曜日)には屋守(おくのかみ)の活性純米を開ける予定。

開店時にあった純米吟醸がすっごくスッキリして旨かったんで、つい仕入れてしまいました。

店主が一番楽しみにしてどうするんだ~~というツッコミが起きそうですが、

正直なところ楽しみです。
f0193752_15433549.jpg

一緒にシュワシュワを楽しみましょう!

br clear=all>
『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2010-02-06 15:47 | さなぶり