「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

店休日のお知らせ

唐突ですが、

和酒処さなぶりは


4月4日(月) お休み
  
させていただきます。

誠に勝手ながら、お許しくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-30 19:10 | さなぶり  

無事でよかった! 陸奥八仙

青森県八戸市の港からすぐに酒蔵、『陸奥八仙』の八戸酒造さん。

正直なところ、「だめだろうな・・・」と想像してネット検索。

ところが、嬉しいことに蔵は無事! もちろん人も!

確かに津波は来たものの、蔵の土塀で止まったということです。

正に奇跡!!!

塀の汚れは津波の跡。   (写真は八戸酒造様HPより転載拝借)
f0193752_4472677.jpg

いや~よかったねえ~~

物流が回復次第、出荷も再開できるようです。

冷蔵庫の中の陸奥八仙が一層おいしく思えてきます。

f0193752_453287.jpg

【 陸奥八仙 黒ラベル純米吟醸無濾過生原酒 】

『華吹雪』を55%精米した中汲み限定品の無濾過生原酒。

メロンの薫りとパイナップルの酸味が入り混じって、ジュワッと来る吟醸酒。

トロリとした豊潤な酒質。口の中に広がる旨味。キレもいい。

吟醸酒好きな方は、ほぼ100%「これ美味しい!!!」というリアクション。

八戸港の近くでなんでこんなお酒ができるのか?

改めて不思議を感じてしまいます。

まだ飲んだことのない『陸奥男山』も味わってみたくなりました。

震災が落ち着いたら、八戸にも行きたいなあ~~


八戸~青森~弘前~十三湖の青森酒蔵巡り。

いつか実現したいものですなあ・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-29 05:04 | さなぶり  

村八分の文化

今回の大震災の後の日本人の”助け合い”の精神に対して、海外より

驚きと称賛、そして「どうして日本人はあんなに冷静に助け合えるのか?」

という疑問も起こっていると聞きます。

日本人としては当たり前で、「どうして?」といわれても・・・・

確かに「どうして略奪とかが起こらないんだろう?」と考えると不思議かも。

日本人は農耕民族で『ムラ』の共同体を中心に生活してきたから、

というのが一つの答えかも、と思います。

『さなぶり』という田植えの後の行事も『ムラ』や『小字』ごとの行事でしたし・・・


神崎宣武著の『しきたりの日本文化』という本を思い出しました。

その中に『村八分』についての記載があります。

『村八分』ってのは周知の通り、何らかの理由によって共同体としての

『ムラ』から特定の家をつまはじきにすること。

その家は田植え、稲刈り、祭りごとなどの一切の共同行事に参加できません。

ところが、完全に締め出すわけではないのが『八分』の意味なのです。

残った『二分』があるのです。

それは、『火事』と『葬儀』。

万一、村八分になっている家に不幸があった時は、ムラをあげて葬儀の手伝いをする。

万一、火事が起こって村八分の家の者が焼け出されたら、ムラで支援する。

村八分になっても、この2分はちゃんと助け合うことが決まりだったそうです。

本当に困った時には、何が何でも助けるという精神があったのですね。

現在のイジメや嫌がらせとは全然違いますよね。

ちゃんと節度というか、文化があるんですよね。

東北地方にはその文化が都市部以上に残っていて、今回のような助け合いと秩序が

生まれているのかも・・・ということは想像できますね。

だとすると、世界に誇るべき習慣であり文化ですね。


都市部でも今でも”回覧板”というものがありますね。

自治会とか青年団、消防団なんてものも残っているのでは?

都内だって下町には町内会があって、マンションには管理組合がある。

面倒だけど、なんとなく当たり前にみんな関わっている。

こうゆうのって、ムラ文化の名残なのかもって思えてきました。

こうゆうのって、海外でもあるんでしょうかね?


残念ながら平時では面倒臭くって、ほとんど形骸化してますね。

でも、回覧板があるんでお隣さんにごあいさつする機会も生まれるわけです。

いつもくだらない内容の回覧板ですが、回すこと自体が有意義なのかも?

もし、東京や埼玉とかで直下型の震災が発生して、極限状態に追い込まれても

東北の人々のように助け合えるのかなあ?

みんなそれぞれ心の奥底にはムラの習慣や文化は残していると思うけど、

それを発揮できるのかなぁ・・・

不安あるよなあ~~

なんてことを、考えながら今夜も満寿泉で一献。


今日は、久々に『酒の向こうに・・』っぽいことを書いてしまったかも。

グタグタですみません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-28 02:32 | その他いろいろ  

南会津の酒 『花泉 純米にごり』 『国権 特別純米』

福島県双葉郡浪江町の『土耕ん醸』は無くなってしまいました。

幻の酒になってしまいました。 

『土耕ん醸』というネーミング通りの個性豊かなお酒でした。

本当に残念です。 


今日は同じ福島でもずっと内陸に位置する南会津郡の銘柄を紹介します。

南会津郡南会津町の花泉酒造さんと田島町の国権酒造さん。

ともに震災後のHP更新はなし。

会津若松よりもずっと南の栃木県寄りなので、

大きな被害はないのだろうと祈っているのですが・・・
f0193752_3122361.jpg

左側が花泉酒造さんの『花泉 純米にごり酒』。

花泉酒造さんは四段仕込みの酒蔵。

普通の日本酒は三段仕込みですが、そこにもち米を使って四回目の添えを行う

独特の造りを行っています。

もち米を使うと甘みが強くなります。

ただし、花泉は甘ったるくなくて跡口はスッキリ。

地元では根強い人気のある銘柄のようです。

お燗もまろやか。  旨甘口好みののんべえは好きな酒です。

今回は”にごり酒”。 

それも澱が瓶の三分の一ほどもあって、非常にスムージーなこってり燗。


そして右側が国権酒造さんの『国権 特別純米 夢の香』。

オレンジのような柑橘系の甘酸っぱい酸味と米の旨みを程よく感じます。

スッキリとキレのいい後味。

南会津のイメージに反して、サッパリとした爽やかなお酒です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-27 03:34 | さなぶり  

ロウソク営業 終了しました。

第二グループの計画停電。 

なかなか楽しめました。

18時40分頃から始まって、なんと20時に終了。

結局、1時間20分だけの停電でした。

私はホッとしましたが、「もうちょっと長くてもよかったなあ」という

お客様の声も・・・・

停電の間、もちろん真っ暗でロウソクの灯りだけ。

その上に静かなんです。

電池ラジオの音はあるんですが、それ以外は無音。

エアコン、冷蔵庫、ビールサーバー、換気扇・・・・

気づかない内にいろんなものから出ている雑音が無くなると、本当に静か。

そんな雰囲気も悪くないねえ~~と思いました。

ロウソクの灯りをゆっくり見るのも何年ぶりか?

気持ちが落ち着きますよ。   時には悪くないものでしたよ。

ただ、外から見て営業していることが全く分からないのは困ったな。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-26 04:44 | さなぶり  

ついに今日は計画停電

さなぶりは第二グループです。

今晩ははじめて営業時間中の本格的な計画停電。

よりによって金曜日だもんなあ・・・・・

予定時間は18時20分~22時の間の3時間。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしてしまいますが、ロウソク営業で頑張るつもりです。
f0193752_584398.jpg

お鍋に沸かしたお湯でお燗もできます。

お料理はほとんどできないと思いますが、暖かいお通しを用意して

お待ちいたしております。

真っ暗な数時間。 静かにお酒と語り合いましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-25 05:13 | さなぶり  

【南部美人ニュース】のご紹介

岩手県二戸市の『南部美人』。

岩手県を代表する銘柄の一つです。

二戸市も大きな被害が出ているそうです。

南部美人さんのホームページの中に【南部美人ニュース】というコーナーがあります。

震災後の3月14日以降、毎日のように蔵や周囲の状況が記載されています。

マスコミからでは伝わらない被災地域の現状が伝わる内容です。

読んでもどうなるものでもないかもしれませんが、

痛みをともにすることは無意味ではないと思いますので、

ご紹介させていただきます。

  【南部美人ニュース】

その辛さや寒さは私には想像もできません。

でも読んでいるだけで心が痛くなります。

そして早くも懸命に復興を目指す魂の強さに触れ

『頑張れ~~~~!』と叫んでいます。

日本はかならず再生し復興します。 必ず。
f0193752_3384394.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-25 03:42  

辛口三兄弟 『常山』 『こなき純米』 『いずみ橋 秋とんぼ』

久々に今日は東北地方に無関係。

ずっと以前に掲載するつもりだったネタ。

いろいろな事情でボツになるところでしたが、復活掲載です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のんべえ自身はどちらかというと旨口系、甘口系が好きなのですが、

お客様のご要望は圧倒的に『辛口』です。

『辛口』といっても、その言葉の意味するところは十人十色。

お米由来の醸造酒である日本酒は本来は甘さが売りのアルコール。

そこに『辛口』と云われても・・・・ああ悩ましい・・・

『辛口』がこんなに好まれるようになったのはアサビスーパードライの影響かな? 

だとすると『辛口』というのは旨みが少なく(良くいえば淡麗)て、キレ味がいい酒

という意味なのでしょうかね。

かといって一昔前の新潟の酒のような『淡麗辛口』は水のようで嫌だとおっしゃる。

あまり難しく考えず『辛口』=『甘ったるくない』くらいでいいのでしょうか?

だとすれば、さなぶりのお酒のほとんどは該当することになります。

ああ・・・・悩ましい。

そこで一つの逃げ道が【日本酒度】という指標。

お酒の比重(重さ)を現わしている数字ですね。

糖分が多く含まれている液体は重くなるので、重たいほど甘口、軽いほど辛口という

ことですよね。+(プラス)が辛口、-(マイナス)は甘口。

人間の味覚とは必ずしも一致しませんが、一つの参考にはなりますよね。


で、今のんべえの心の中で【辛口三兄弟】でまとまっているのがこの3アイテム。
f0193752_1422278.jpg

一番右側が三男。

福井県福井市、常山(とこやま)酒造の

『常山(じょうざん)純米超辛無濾過生原酒+10 』。

読み方がややこしいですよね。

福井らしいサッパリとした酒質の中にかすかなメロン香の甘みと旨み。

キレのいい辛口生原酒ですが荒々しさはなく、

調和のとれたキレ者の女性のようなイメージかな?


真ん中は次男。

水木しげるさんの故郷、鳥取県境港市。

千代むすび酒造の『こなき純米 超辛口無濾過生原酒+15』。

精米歩合は55%。 アルコール度は18度。

口に含んだ瞬間は鼻腔で微かなメロン香を感じて甘口と勘違い。

飲み下すと喉の奥がピリリとした辛みを感じます。

余韻も甘い香りと辛みあるキレが複雑に絡み合います。


そして左側が長男。

神奈川県海老名市の泉橋酒造の『いずみ橋 秋とんぼ+23』。

日本酒度+23というのはのんべえが知る中では最大値です。

さらに精米歩合が80%の山廃造り。その酒を約一年間熟成。

どっしりとした日本酒の旨みと焼酎のような辛みの調和。酸度は2.0。

50度位の熱燗がおススメ!


ブログ掲載が大変遅れたため、どれも残りは僅か。

『辛口』の日本酒を極めたいという方は是非お試しください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-25 02:13 | さなぶり  

さなぶりでも義援金を集めます。

せっかく頑張って被災地のお酒を集めているのですから、これを義援金集めに

活用したいとおもいます。

そこで和酒処さなぶりでは、被災地のお酒を一杯(90ml)飲んでいただくと、

その代金の内の50円を義援金として貯金します。(つまり、一升で千円が集まります。)

ですから、皆様が被災地のお酒を飲めば飲むほど義援金が集まることになります。

目安としては4月末までやって、集まったお金は日本酒造組合中央会へ寄付しようと

思っております。

もちろん昨日から紹介している銘柄はすべて対象となります。

みんなで被災地のお酒をたくさん飲みましょう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-24 02:40 | さなぶり  

宮城県石巻市の酒蔵 『日高見』 『墨廼江』

今回の津波のニュースを見て、最初に頭に浮かんだのがこの二つの酒蔵。

港町石巻で『日高見(ひたかみ)』を醸す平孝酒造さんと、

『墨廼江(すみのえ)』を醸す墨廼江酒造さん。

うわーっ!やばい!というのが第一印象。

胸がキューっと締め付けられるようでドキドキして気分が悪くなったほど。
f0193752_214409.jpg


どちらも石巻駅から徒歩で15分ほどのところにあって、

海からも遠くない街中にあり、さらにどちらもそれほど頑丈そうな酒蔵ではなかったから

きっと大きな被害がでているだろうと想像してしまいました。
         【2009年9月25日の記事へ】  



ネット上の情報によると幸いにどちらも人的な被害はないということ。よかった。

しかし、酒蔵は大きな被害を受けているようです。

日高見さんは直接的な津波の被害はなかったようで、跡片付けも始まっているようですが、

墨廼江さんのほうは津波の来襲を受け、冷蔵用コンテナの上に登ってなんとか助かった

という状況のようで、蔵はがれきに埋もれている状態のようです。

お見舞申し上げます。 としか言葉が見つかりません。


今、さなぶりで確保できたのは日高見が純米吟醸の山田錦50%。

墨廼江はしぼりたて純米吟醸無濾過生原酒です。

どちらも港町の酒らしいスッキリとキレのいい魚との相性が抜群のお酒。

是非飲み比べて、しっかりと味を覚えててください。

しばらく飲めなくなってしまいそうですから・・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-03-24 02:30 | さなぶり