<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

和酒処さなぶり二周年記念【さなぶり寄席】

月日の経つのは誠に早いものです。

来年は龍年なんですね。

前回、龍のデザインで年賀状を作ってから十二年が過ぎたということか・・・・

ほんの数年前のような気がするのは私だけでしょうか?

今年は大きな出来事が次々にめまぐるしく発生しましたね。

何かと記憶に残り、後々まで話題になる一年となったのではないでしょうか。


さてさて、もう今年も残すところ半月。

年が明けて1月15日は和酒処さなぶりの開店二周年記念日なんです。

本当に皆様のお陰で、なんとか二周年を迎えることが出来そうです。

ありがとうございます。  感謝、感謝です。

皆様への感謝を込めて、いろいろとイベントを考えておりますが、

その第一弾として8月の納涼寄席以来のさなぶり寄席を開催いたしたいと思います。
f0193752_1342893.jpg


今回はさなぶりの二階の畳部屋で行います。

寄席終了後にはいつも通り懇親会を行いますが、今回は二周年の感謝を込めて、

いつも以上に美味しいお酒を揃えます。

大赤字覚悟です。 呑み会としても滅茶苦茶お得です。

さなぶりの二周年を賑やかに祝ってやってください。

********************************
【さなぶり寄席開催要領】

 出演 :  三遊亭鳳志 他
 日時 :  2012年1月15日(日)  開演 14時
 場所 :  和酒処さなぶり 2階

 木戸銭 : 1,000円

 懇親会 : 4,000円  寄席終了後~
        (皆様の健康のため、18時30分終了とさせていただきます。)
**********************************

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-17 09:28 | さなぶり  

『日置桜 鍛造(たんぞう)生もと純米 強力』

さなぶりのメニューに載せるお酒を事前に味見が出来ることはほとんどありません。

ですから、酒屋さんから聞いた感想とか、ラベルに記載されたデータ、そして直感。

そんなものを頼りに購入しています。

ですから、想像したものと違ってしまうことも度々あります。

このお酒は大きく想像が外れてしまいました。 

想像をはるかに超えた旨いお酒だったんです。

f0193752_1972724.jpg『日置桜 鍛造(たんぞう)生もと純米 強力』

日本酒に興味のない方が見ると、

何のことやらさっぱりわからない銘柄

なのではないでしょうかね。

『日置桜(ひおきざくら)』は鳥取市の山根酒造場のお酒。

生もと造りで醸した酒蔵で2年ほど熟成させた

平成20年度醸造の純米酒です。


日本酒の発酵過程には野生酵母などを寄せ付けないための乳酸を生成するために

乳酸菌が必要になります。

乳酸菌を空気中から自然に取り込む昔ながらの醸造方法が【生もと造り】です。

現在のほとんどのお酒は【速醸】といって工業的に造った乳酸菌を投入します。

【生もと造り】は【速醸】に比べて3週間ほども時間がかかります。

その代りに【生もと造り】はしっかりとした、深い旨みある雑味のないお酒ができます。

【生もと造り】には【山卸し(やまおろし)】という作業を伴います。

【山卸し】というのは2~3人掛りで櫂棒を使ってお米をすりつぶす重労働で、

これまた手間と時間がかかります。

この【山卸し】の作業が鍛冶屋が鉄を叩いて刃物を鍛える作業と通じるものを感じたため、

このお酒に『鍛造(たんぞう)』という名前を付けたのだそうです。

f0193752_11573971.jpg

そして、『強力(ごうりき)』。 これはお米の名前です。

鳥取県で大正時代から戦前まで使われていた、大粒で心白の出来も大変よく、

35%以上の高精白にも適して、特有の酸味を有するお酒が出来る優れたお米。

ところが、収穫効率が悪いことから戦後の米不足で姿を消したのだそうです。

それを鳥取大学農学部に原種保存されていた一握りのモミから昭和60年代に

復活されたのが現在の『強力』です。

山根酒造場の『強力』はすべて低農薬・低肥料の契約栽培。

『強力』は搾ってすぐには膨らみが少なく、熟成させると豹変して酸味と旨みがパッと広がる

典型的な秋上がりタイプのお米だそうです。


最近には珍しくウンチクを長々と書いてしまいましたが、

要は最高に旨いお燗が飲めると云うことです。

今、イチオシのお燗酒です。

50度程度の熱燗で出します。

徐々に温度が下がるに従い、日本酒独特の旨みの変化が楽しめます。

毎年、安定的に出荷されるお酒ではないようで、この出会いに幸せを感じます。

是非、一盃味わってください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-15 12:29 | さなぶり  

さなぶりのクリスマス

12月といえばクリスマス?

それも今年のクリスマスは3連休。

日本酒でなにかイベントが出来ないものか?

と思い悩んだ末、これに決まりました。
f0193752_2515425.jpg


埼玉県蓮田の酒蔵、神亀酒造さんの『神亀 純米活性にごり』を開栓します。

阿波産山田錦60%精米の純米酒です。

活性にごりは搾りたてのフレッシュ感を味わうものと思っていましたが、

『神亀』は辛口熟成タイプの活性にごりのようで、『鶴齢』『雁木』の活性にごりとは

一味も二味も違うようで楽しみです。

12月24日(土) 19時頃に開栓予定です。

みんなで大人のクリスマスイブを楽しみましょう!

ご来店をお待ちいたしておりま~す。(ご予約も受け付けております。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-12 09:49 | さなぶり  

『醸し人九平次 火と月の間に』

明日は木内酒造さんでの酒造り体験講座最終日。

先週搾ったお酒のオリが下がった頃ですので、『生』と『火入れ』の

2種類のお酒を瓶詰めしてきます。

『生』は年明けからメニューに載せる予定です。

『火入れ』は冷蔵庫に寝かせて秋に「ひやおろし」としてメニューに載せます。

今年は酒蔵の都合でビール造りも最終日に行うことになってます。 これも楽しみ♪♪

本当の目的はその後の打ち上げなんですがね。

またヘロヘロになってしまうことは間違いありません。

というわけで、 明日(11日)は和酒処さなぶりはお休みさせていただきます。

申し訳ございませんが、お許しくださいませ。


名古屋市の萬乗醸造さんの『醸し人九平次』。

いつもオシャレだなあ~と感心してしまうお酒です。

ワインのようなイメージが強い九平次なのですが、この『火と月の間に』はお燗用。

f0193752_19152461.jpg

『火と月の間に』というネーミングは
という漢字を分解したものだそうです。
「そっか! 燗の字の門の中は日じゃなくって月だったんだ~」と気づかされると、

やっぱり九平次さんはオシャレだなあ~と感心してしまいます。

お燗用といっても50%精米の山田錦を使った純米吟醸。

純米吟醸をお燗することに抵抗があるかもしれませんが、その燗上がり具合

を知ってしまうと冷酒で飲む方がもったいないと思うお酒です。

残念ながらもう残り僅かしか残ってません。

ご興味ある方はお早めに!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-11 01:23 | さなぶり  

『村祐』 と 『祐村』

本格的な冬の寒さが到来してきました。

去年は浦和でも何度の雪が積もりました。

日本酒には暑さよりも寒さの方がいいですね。

『雪見酒』なんてのもいいですよね~

今年の冬はどうなりますかね?

寒くなると水道の水が冷たくなってきます。

料理には夏の生ぬるい水よりは冷たい方がなにかと便利です。
f0193752_1440589.jpg
ただ、洗いものにはお湯を使いますので手荒れが気になる季節ですねえ。

これからはこうゆうものが手放せなくなります。

サラリーマン時代には想像もできなかったことです。


f0193752_1562261.jpg

新潟の村祐酒造さんの『村祐(むらゆう)』は生キャラメルのような甘さが特徴。

甘酒のようなお米の甘さではなく、ジューシーな酸味も加わって

キレ良く、跡を引かない独特の甘さが楽しめるお酒です。

こうゆう甘口って、発酵を早めに止めればいいというものでもないでしょうし、

どうやって造るんですかね? 

できれば酒蔵に行って訊いてみたいと興味がわくお酒です。


さなぶりオープン当初は辛口嗜好の中でなかなか売れないお酒でしたが、

最近は比較的若いお客様も増えて嗜好が広がったためか、よくご注文をいただきます。

写真は「特別純米無濾過生原酒 秋上がり」。  熟成の旨みが楽しめる村祐です。

ぬる燗にすると、これまた独特のジューシー甘口なお燗酒になっておススメです。


『祐村(ゆうむら)』は『村祐』の逆さまで辛口。

特別純米の無濾過生酒です。 

蔵元の遊び心ですかね。

それとも「辛口もチャンと造れるよ。」という証明のようなものなのかな?

村祐酒造はデータを公開していないので日本酒度がどのくらいかわかりませんが、

熟成の酸味も感じるキレのいい濃醇な辛口に仕上がっています。

ただ、薫りの中に微かですがキャラメルっぽさが含まれているような・・・・・

気のせいかな?




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-09 15:20 | さなぶり  

『さなぶり純米大吟醸』 新酒できました!

昨日、茨城の木内酒造さんでお酒の搾りを行ってきました。

これで4年目に酒造り体験ですが、やっぱり新鮮で感動に満ちた体験でした。

この小型のサーマルタンクで約40日間じっくりゆっくりと定温発酵させました。
f0193752_7342583.jpg

搾り方は『槽しぼり』です。

タンクからホースを使って槽(ふね)という搾り機までお酒を輸送します。
f0193752_752282.jpg

お酒を搾るためにモロミを少量づつ袋に詰めて、袋の口を縛ります。
f0193752_754209.jpg

その袋を槽の中に規則正しく並べてゆきます。 

今回のお酒の量は4合瓶で約800本分ほどの少量ですが、それでも100袋ほどになります。
f0193752_7583194.jpg

並べ始めると、すぐに自重によって槽の下からお酒が流れ出始めます。

上から押さえつけなくても自重によって流れ出てくるお酒が『あらばしり』です。

『あらばしり』が流れ出たあとは、ゆっくりゆっくりと上から圧を掛けて搾ります。

すべて搾り終わるには3日間ほど掛るそうです。

今回は『あらばしり』をすぐに瓶詰めしました。 4合瓶で約160本ほど。
f0193752_841978.jpg
薄いブルーの瓶にうすにごりのお酒が入った姿は大変涼しげ。
f0193752_845364.jpg

瓶詰め後に裏ラベルを貼って、今回の作業は終了。
f0193752_810545.jpg

『純米大吟醸 無濾過生原酒 しぼりたて あらばしり うすにごり』の完成です。

ひたち錦を45%精米し、吟醸香が出やすい1801という酵母を使って醸したお酒。

お米の旨みに薄濁りの甘みが加わった、大変爽やかな新酒しぼりたて。

かなり良い出来栄え!

すぐに宅配便で発送しましたので、今日にはさなぶりに到着します。 

この搾りたてを本日からご提供させていただきます。(4合瓶で10本)

是非、日本酒ニューボーをお楽しみください。


来週の日曜日は搾り終わったお酒をすべて瓶詰めして、

『生酒バージョン』と『火入れバージョン』ができます。

『生酒バージョン』は年明けからのご提供。

『火入れバージョン』は秋まで冷蔵保存して『ひやおろし』としてご提供いたします。

『さなぶり純米大吟醸 23BY』を今年もお楽しみください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-05 16:24 | さなぶり  

ご無沙汰しておりました。

10月25日以来、約40日もブログ更新を怠ってしまい、ご心配をお掛けしまして

申し訳ございません。

大きな問題があったわけではないのですが、体力・気力の両面で少しパワーダウン

してしまったようです。

営業時間中のヒマな時間が以前ほどなくなったという有り難い状況変化もありますが、

営業時間後の深夜~朝方に更新する気力がなかなか湧いてこないのが原因のようです。

いいわけをしてもしかたありませんねぇ。まったくもって申し訳ございません。

ぼちぼち、復活いたします。


本日はいくつかご連絡させていただくことがあります。

【酒造り進行中】

例年通り、茨城の木内酒造さんでの酒造りは順調に進んでおりまして、明日(12月4日)は

お酒の搾りに行ってまいります。 とんぼ返りで営業は通常通り行う予定です。

来週の11日は瓶詰め作業を行い今年のお酒は完成となります。

出来上がったお酒のにごり生酒は15日頃からメニューアップする予定です。

今年のお酒はひたち錦の45%精米の純米大吟醸。

どんな出来栄えになるか楽しみです。


【和酒処さなぶり 休業日のお知らせ】

酒造りのため、 12月11日(日)はお休みさせていただきます。

なお、年内の営業は12月30日まで。 31日はお休みします。

年始は1月3日より営業いたします。

つまり、 12月31日~1月2日はお休みさせていただきます。

新年、1月3日~5日にご来店のお客様へ、

越乃影虎しぼりたて新酒を一杯サービスさせていただきます。


【さなぶり二周年とさなぶり寄席開催のお知らせ】

年明け、1月15日で和酒処さなぶりも満二周年を迎えます。

ド素人で始めたこのお店がなんとか二年もったのも、本当に皆様の応援のお陰です。

感謝、感謝です。

二周年記念のイベントの一つとして、久々のさなぶり寄席を開催いたします。

会場が確保できず、8月を最後にずっと開催していませんでした。

今回も会場がありませんので、さなぶりの二階で寄席を行います。

もちろん、その後の懇親会も行います。

今回は二周年の感謝の気持ちを込めて、いつもに増して美味しいお酒をご用意します。

是非、ご参加ください!

 (さなぶり寄席開催要領)
 出演    : 三遊亭鳳志 他
 開催日時 : 1月15日(日)  開演 14時~(いつもより1時間早くスタート)
 場所    : 和酒処さなぶり 2階
 木戸銭  : 1,000円
 懇親会  :  15時30分~18時  参加費 4,000円  



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

by sakenihon | 2011-12-03 21:11 | その他いろいろ