青森の夜 『ふく郎』で呑みすぎ

『和酒処さなぶり』がオープンして、そろそろ1年9か月になろうとしています。

早いもんです。

こんなド素人がなんとかかんとか続けられているのは、いいお客様に恵まれたから。

本当に感謝する日々です。

確実にお客様は増えているのですが、それほど忙しさを感じなくなったような気がするのは、

少しは仕事に慣れてきたこともあるでしょうか・・・・

それともう一つは、さなぶりを日本酒バーと割り切って”お酒だけ”のお客様が増えたため

お料理の比率が減ったことも影響しているかもしれません。

その証拠に開店から午後9時までのお客様がグンと減って、9時以降に集中する傾向が

強くなっている気がします。

で、今は土曜の午後7時半。 お客様を待つひと時の更新です。


9月1日~4日の東北酒蔵巡り旅から早くも1カ月以上経過するのに、まだ1日目が

終わってない・・・ なんとか今年中に書き終えたいな。

9月1日。 
f0193752_19402621.jpg


『豊盃』の三浦酒造さん、『安東水軍』の尾崎酒造さん、『六根』の斎藤酒造さんを訪ねて

岩木山を後にして、弘前から宿泊地の青森へ移動。

青森駅前のビジネスホテルに荷物を置いてすぐに”呑み”に出発。

目的地は太田和彦さんのおススメでも有名な『ふく郎』さん。

ホテルから歩いて10分ほどで到着。 ちょっと寂しい通りにひっそりとありました。
f0193752_19444880.jpg

店内に入ってカウンターに座ると”ねぶた”と”ふくろう”がお出迎え。
f0193752_19482349.jpg
f0193752_19492893.jpg

そして、まず出てきた”お通し”に一発撃沈!
f0193752_1951157.jpg

”しゃこ”です。

のんべえ、”しゃこ”が大好きなんです。

どのくらい好きかといいますと、ずっと昔、景気が良かったころの話ですが・・・・

塩釜のお寿司屋さんであまりに立派な子持ちのしゃこに感激して、そのお店にあった

しゃこを全部頂いてしまったことがあるほどです。

子供の頃の我が家では活きが良くて安いものがあった時には、魚屋さんにありったけの

しゃこを買ってきて、塩ゆでにして家族全員でムシャムシャと一人10~15匹も平らげてました。

関東では滅多に生きたしゃこに会えないので、なかなか再現できないのが残念。

”しゃこ話”が長くなってしまいましたが、お通しのしゃこだけでお酒は進んでしまいます。
f0193752_2023719.jpg
まずは『東北泉』雄町純米の冷酒でスタート。

太田さんもおススメの「刺身ちょっと盛り」ももちろん注文。 (ミーハーです。)

帆立、生タコ、いしなぎ、あいなめまでは覚えてるけど・・・・あとは忘れました。
f0193752_2113270.jpg

二献目はお燗で『亀吉』。 奥さんに薦められて「とうもろこしの天麩羅」も頂きました。

これ、甘くって滅茶苦茶美味しかったことだけは覚えています。
f0193752_2205288.jpg
 
三献目は『白神純米』 そしてまた『亀吉』に戻って、とそこまでは覚えています。

が、その後の記憶がなく、気が付いたらホテルの廊下で寝てて、ホテルマンさんに

起こされたという大失態!

やっちいました。

そういえば、昨夜は店の片づけやら旅の準備で一睡もしないで出発したんだっけ!

その上、スタートの”しゃこ”でお酒のペースが上がっちゃったんですねえ~~

大反省。

でも翌朝は「この旅、大丈夫かな・・・」と思いながらもホテルの朝食バイキングで

ご飯をおかわりしてました。

深く記憶に刻まれた”青森の夜”のお話しでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-10-09 02:34 | 本日の一献  

『雁木 活性にごり』 楽しめました!

予定通り、昨夜『雁木 活性にごり』を開栓いたしました。

凄く元気で、開栓に7~8分ほど掛りましたが、なんとか吹きこぼすことなく無事に開栓。

f0193752_13132728.jpg
いや~~、美味しかった。

オトナのサイダーとでもいいましょうか。

シュワシュワ感と甘さ、旨さのバランスが素晴らしくって、

これぞ『活性にごり』ッて感じ。

「おかわり!」の声が飛び、なんとわずか25分で一升瓶終了!

新記録です。

ご来店の皆様、楽しい一夜をありがとうございました。



『活性にごり』はまた来年の夏までおやすみ。

これからは『ひやおろし』、そして『お燗酒』のシーズン。

ますます日本酒が旨くなってくる季節。 

『うに豆腐』『ニシン山椒漬け』『いかの塩辛』などなど、お燗酒にピッタリ!

『湯豆腐』もそろそろ始まります。

あ~~ッ、もうタマリマセン。

酒、呑みて~~~ッ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-10-02 13:22 | さなぶり  

日本酒の日『雁木 活性にごり』開栓します


10月1日は『日本酒の日』 。

十二支の中で「酉」は十番目。

で、「酉」から「酒」へのつながりで10月1日を『日本酒の日』にしたんだとか・・・・

すこし涼しくなったこの季節、『ひやおろし』というお酒が続々と登場します。

『ひやおろし』『冷や卸し』

『冷や』とは『火入れをしない』ということ。

『卸し』とは『酒蔵から出荷する』ということ。

つまり、春に搾って一度だけ火入れをし、酒蔵内でじっくりと保存熟成し、暑い夏を越した

お酒を出荷時の火入れをしないで出荷するお酒ということです。

搾ってすぐに火入れをして、瓶詰め出荷時は火入れしないお酒のことを『生詰(なまづめ)』

ともいいますので、『生詰を秋まで寝かしたお酒』ともいえます。

ちょっと温めるとまろやかで旨みがますます増すお酒が多いようです。

最近は冷蔵設備が発達していますので、搾った時の火入れもしない『生生』を

秋まで寝かせて『秋上がり』という表示で出荷されるお酒もあります。

『秋上がり』とは『秋になって旨みが増す』という意味合いのようです。


というわけで、さなぶりでも本日の『日本酒の日』に合わせて

『ひやおろし』『秋上がり』をズラリとメニューアップいたします。

秋の夜長を『ひやおろし』『秋上がり』で楽しみましょう!
f0193752_14444038.jpg
f0193752_1445335.jpg


また、本日は過ぎゆく夏の〆として山口県岩国市の『雁木 活性にごり』を開栓します。 
f0193752_14551846.jpg

シュワシュワの活性にごりを楽しんでから、『ひやおろし』を楽しむと、

夏から秋への季節の移ろいを楽しめるのでは?f0193752_14575645.jpg
f0193752_14582231.jpg


和酒処 さなぶりへご来店お待ちしてます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-10-01 15:04 | さなぶり  

弘前の古蔵 斎藤酒造店 【六根】

東北酒蔵巡りに戻ります。

鰺ヶ沢の尾崎酒造さんを後にして、一路弘前へ戻ります。

2009年に一度訪れた斎藤酒造店さんに伺うためです。

斎藤酒造店は江戸時代より『酒母屋』を営み、津軽一円の酒蔵へ酒母を供給していたそうです。

『酒母屋』時代を加えると、青森県で最古の酒蔵となるそうです。

『酒母(しゅぼ)』とは、蒸米に麹米と水を加えたもので、日本酒の元となるものです。

酒母の善し悪しがお酒の出来に大きく影響するお酒造りで最も重要な工程です。

そのため独自のノウハウを持った『酒母屋』という専門業者が存在したのでしょうね。

斎藤酒造さんのHPによると、醸造試験場の設立によって『酒母屋』は役目を終えたようです。

それで、造り酒屋としての斎藤酒造さんは明治37年(日露戦争中)の創業。


前置きが長くなりましたが、斎藤酒造さんのメイン銘柄は『松緑』。

総面積2000坪という広大な酒蔵の一角にあるお庭にある樹齢300~400年の

松の緑の美しさから銘々された銘柄。
f0193752_20535037.jpg

今回はスケジュールが読めなかったので、事前アポなしで突然の訪問。 

「お酒を買うだけでもいいや」という想いでしたが、幸いにも蔵元の土居真理さんがおられました。

2009年3月以来ご無沙汰ののんべえを覚えていてくださり感激。

お蔵の中のこんな風景を眺めながら暫し歓談。
f0193752_20584363.jpg
天井からは囲炉裏の自在かぎが下がってます。
松の木があるお庭が奥に見えます。
f0193752_2059847.jpg
お神棚には酒の神様「松尾様」。
f0193752_20593245.jpg
2009年の訪問時にも感じたのですが、ここにいると「酒の神様」がそこらじゅうにいるような、
なんだかとても幸せな気分になれます。 またもう一度、来たいと願う空間です。


この酒蔵を受け継ぐのは、熱き女性蔵元 土居真理さん。

十八代目蔵元 齋藤仁左衛門でもあります。

残念ながらご子息がおられないので、今流行りの”専務杜氏”とはゆきませんが、

若くから松緑の酒造りに参加してきた安達氏がまだ30歳代ながら杜氏として育ち、

若い蔵人チームでの酒造りが始まり、今に至っておられます。

シーズンには真理さんもすっぴんで造りに参加され、蔵元と杜氏の二人三脚で新たな方向性を

模索しながら酒造りに取り組んでおられます。


で、問題のお酒。

斎藤酒造さんのメイン銘柄は『松緑』なんですが、今回の目的は『六根(ろっこん)』

青森県の吟醸用酒造好適米『華想い』を55%精米して醸した純米吟醸の原酒。
f0193752_152544.jpgf0193752_153301.jpg

『六根』という銘柄は、これは!というお酒ができたときだけに使っていた銘柄だそうです。

『六根』とは五感に第六感を加えた、人間の認識の根幹をあらわす仏教用語だそうで・・・

そのとっておきの『六根』銘柄を使って、自らの最高の酒を世に問う想いで昨年から

出し始めたお酒だそうです。

真理さんと安達杜氏の火傷しそうな熱い想いが詰まったお酒。 

まずは呑んでみなければ!

で、呑んでみました。

口に含んだ瞬間、想像以上の出来に驚き。

思わず 「これ、旨いっ・・・・・・・・・」 と唸りました。

『華想い』というお米のパフォーマンスが見事に出ているようです。

酒の神様に見守られて出来上がったお酒なんだなあ~と感嘆。

これが安定して毎年出来るのであれば、近い将来『六根』は間違いなく世に出るでしょう。


この『六根』を含め、三浦酒造さんの『豊盃』と尾崎酒造さんの『安東水軍』の3銘柄の

『華想い』純米吟醸の呑み比べもやってます。

同じお米でもこんなに違ったお酒になるのか!ということが本当によく判る呑み比べです。
f0193752_216055.jpg



土居真理さんの熱さが現れたお酒がもう一つ。

『刑事(デカ)』f0193752_2233311.jpgf0193752_2313649.jpg

2001年5月に発生した『武富士弘前支店強盗殺人・放火事件』を捜査する刑事さん達に接し、

その労をねぎらう想いを込めて醸されたお酒です。(蔵元のみで販売)

それ以来、現在でも青森の刑事さんたちに慕われ愛飲されているそうです。

今回一本だけ購入してきましたが、当面メニューに掲載する予定はありません。

さなぶりの『お守り』としてとしばらくは保存しておこうと思ってます。

現物を見てみたい方はお声掛け下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-09-27 03:11 | 酒蔵めぐり  

『日高見』天竺シリーズ 飲み比べ

ひどいもんです。
今月のさなぶりずっ~と暇なさなぶりなのに、
10日近くも更新をご無沙汰しておりました。
誠に申し訳ございません。

そんな更新サボりのバチが当たったようです。
きっかけは風邪ひきなんでしょうが、喉が痛い。
唾を飲むたびに痛みで顔がゆがみます。
喉の奥の方に口内炎ができているのかも、と思えるような痛さ。 
したがってよくしゃべれない。笑えない。
炎症止め、痛み止めを病院でもらって飲んでいるんですが・・・
つらくって気力が湧きません。

それを知ってか? お客様も少ない。
ますます落ち込むスパイラル。

でも、これは酒の神様が「少し休め」とおっしゃっているのかも、と受け取ってます。
急に涼しくなって、いよいよこれからが日本酒シーズン到来!
忙しくなる前の静かなひと時を楽しみましょう。

といいながらも、お酒は着実に減って、新銘柄が続々登場しています。
そして、久々の【利き酒セット】の登場です。

先日の東北蔵巡りで結局行くことができなかった石巻。
その石巻の『日高見』の天竺シリーズ。
お米の違い以外はすべて同じ条件で醸された三種類のお酒。
f0193752_1931388.jpg


山田錦のお母さん 『山田穂(やまだぼ)』
山田錦のお父さん 『短稈渡船(たんかんわたりふね)』
山田錦と雄町の孫 『愛山(あいやま)』  の三種類。
精米歩合はすべて50%の純米吟醸です。
f0193752_219037.jpg
自分が飲んでみたいので、以前からこの利き酒はやろうと心に決めていたのですが、
この震災で一度は断念。
ところが、しっかり冷蔵保存された2008年度のお酒を発見。
今回の企画となりました。

お米の違いだけでこんなに味わいも薫も変わるのか!?と、
日本酒の面白さを再発見できると思います。

こんなふうにお酒を楽しむことができるんですから、
この商売はじめてよかったなあ~~~

酒の神様にまたまた感謝!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

【さなぶりメルマガ配信してます】
お酒の新メニューやイベント情報をお知らせします。
配信ご希望の方は、さなぶりHPにて登録をお願いします!


『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

[PR]

# by sakenihon | 2011-09-25 02:20 | さなぶり