「ほっ」と。キャンペーン

タグ:東京都 ( 32 ) タグの人気記事

 

三宅島からの恵み

いつもこのブログを応援していただいている、三宅島のmbabanomeさんから宅配便が届きました。

mbabanomeさんのご主人が釣りあげた魚がブログに載るたび、のんべえがコメントで

涎を垂らすものですから、気の毒になって”お裾分け”をいただいたようです。

届いてビックリ! ”お裾分け”どころではありません。

ちょっと早めのクリスマスプレゼントでした。

まずはドーンと伊勢エビです。 オイオイ、こんなもの頂いちゃっていいの~~
f0193752_22431584.jpg

デカイです!
すでに茹でていただいてますので、料理は楽でしたが、我が家のオーブンがエビで満タン状態。
f0193752_22495755.jpg
まるで、結婚式のディナー気分。 プリップリでございました。
これで、一番下の中学生の娘に”イセエビ”を教えることができました。
f0193752_2252311.jpg

”アオリイカ”も頂いちゃいました。
こんなデカイ烏賊の耳って見たことありません。 写真のお玉は子供用ではありませんよ。
f0193752_22561395.jpg
まるで、はんぺんのような分厚い身の部分はそぎ切りにして、刺身に。
f0193752_2322927.jpg
f0193752_23102820.jpg
ねっとりと甘いアオリイカは醤油とワサビもいいですが

柚子胡椒を加えた酢味噌がピッタリ合いました。


巨大な耳と足は酒蒸しにして、万能ねぎでこんな風になりました。
柔らかくって燗酒の肴にピッタリ。
実は天吹さんでいただいた花酵母の生酒の肴がこれでした。
優しい天吹と本当にバッチリでした。
f0193752_2355619.jpg

ブダイも届きました。 ブダイを食べるのは多分初めて。
これは薄味で煮物にしていただきました。
f0193752_23205219.jpg
身離れがよくてコロッとした歯触り。 
柔らかすぎず、パサツキもなく、魚の旨味はあっても臭みはなし。
美味しい美味しい白身の煮物を久しぶりに頂きました。

海の幸ばかりではなく、畑でとれた里芋や明日葉まで送っていただき、

三宅島の恵み満載のプレゼントでした。

お会いしたこともないmbabanomeさんから、こんな驚きの恵みをいただけたのも

ブログつながりのお陰です。

mbabanomeさん、本当にありがとうございました。

ずっと九州レポートを続けてしまって、ご報告とお礼が遅れまして大変失礼しました。

ご主人さまによろしくお伝えください。

またまた大物の釣果がブログに掲載されるのを楽しみにしています。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-12-18 23:54 | その他いろいろ  

ときにはビールのお話し

今日も帰宅は午前様。 

遅い時間から始まった宴会だったので、お酒の量は多くはなかったのですが・・・・

食事は鶏肉料理のコースで大変美味しかったのですが、飲み放題パックでしたので、

日本酒はイワユル『日本酒(冷・燗)』というやつで、しかたなくビールでお茶を濁しておりました。

飲み放題パックの日本酒、普通酒でももう少しまともなものが出てくると、嬉しいのですが・・・・


ところで、今日は早い時間に東京駅で立ち飲みビールを引っ掛けました。

というのも、アウグスビールから最近出たIPA(インディア・ペール・エール)というビールが

飲める店があると聞いたためです。

東京駅地下の黒塀横町のバーバー東京というビアパブです。

アウグスビールのほか、木内酒造さんのネストビールのホワイトエールも樽生でありました。

もちろん、海外物も充実してます。

焼酎は芋はなくて黒糖焼酎のみ、というところものんべえの琴線に触れるこだわり。 Good!


IPAというビールは本でしか知らなくて、一度飲んでみたかったんです。

大航海時代、イギリスが東インド会社を設立しますが、インドでもビールが飲みたいと

わざわざイギリスからインドまでビールを樽に詰めて船で運んだそうです。

ところが、高温地帯を長期航海しますから、ビールは腐ってしまいます。

そこで、腐敗防止のために防腐効果のあるホップを大量に投入したビールを造ったのが

IPAなんだそうです。

だからインディア・ペール・エールと呼ばれているんですね。

ホップが大量に入ってますから、滅茶苦茶苦味が強いビールだと聞いていました。

気合いを入れて飲んでみましたが、アウグスビールのIPAは確かに苦いけど旨味との

バランスがいいせいか、全然違和感なく飲めるビールでした。

水のようにゴクゴク飲むタイプではありません。

喉越しよりも味の広がりを楽しめるところは、日本酒と似ています。

日本酒でいえば、+20度の『雪の松島』か『くどき上手ばくれん』というところでしょうか。

普段はビールを飲まないのんべえですが、美味しいビールはやっぱり美味しい、です。


まだ、デジカメが修学旅行から帰ってきてません。

文章だけでごめんなさい。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-12-18 02:56 | その他いろいろ  

丸の内はオシャレだぜ!

ちょいと用事がありまして、東京駅丸の内口から皇居方面へ。

この付近、この10年でホントに変わりました。

古い低層のビルばかりでジミ~な地区だったんですよね。

それが今ではまるでマンハッタンですな。  

すんげー高級な雰囲気でのんべえは場違い。 おのぼりさん気分でパシャリ!
f0193752_482234.jpg


今日は天皇陛下の御在位20年の記念式典で皇居前は何やらドンチャン騒ぎ。

おまわりさんいっぱい状態でした。
f0193752_494043.jpg

帰りに寄った店もトルコ料理屋ですよ。 オシャレじゃありませんか!?

そんなもん食ったことありませんぜ。

店員さんもトルコ人らしき人ばかりで、さすがに「日本酒!」とはいえません。 

ここはおとなしくトルコビールを飲んでました。 ピルスナー。

ホップが利いているかと思ったら、拍子抜けするほどあっさりしてました。
f0193752_4114133.jpg




さて、金曜から日曜までまた12000円の旅へ出てまいりますので不在です。

皆さま留守番よろしくお願いいたします。

(といっても、まだまったく準備出来てません。 今日は徹夜だあぁ。)





いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-11-13 04:16 | 日本の風景  

飲みある記 水道橋

急に寒くなりました。

今年初めて買ったユニクロの”ヒートテック”なるものを試したくなってきました。

ところで、Wii Fit というやつは五十肩のリハビリにもってこい!ですわ。

遊びながら無理なく身体を動かせていいもんですねえ・・・・

もっと早くやっとけばよかった。


久々に水道橋のモツ鍋”角源”さんに行ってきました。

このブログで過去二回紹介したお店です。

生牡蠣とサンマのお刺身をいただいてきました。
f0193752_21473751.jpg
f0193752_21481816.jpg

f0193752_2151778.jpgお酒は福光屋さんの加賀鳶を。

このお店のモツ鍋は絶品です。特に塩味がおすすめ。

だれを連れて行っても満足してもらえます。

団体で予約する時は日本酒の持ち込みも相談に乗って

もらえるので大変重宝なんです。

これからの季節、また鍋が恋しくなって度々足が向きそう・・・

モツ鍋以外の魚も下手な居酒屋はぶっ飛びます。

のんべえ、一押しの一店なんですよ。



一人だったのでモツ鍋はパスして、同じ水道橋の”潮騒”
f0193752_0305386.jpg

ここは三宅島のスーパーマーケット直営の居酒屋。

三宅島直送の新鮮な魚が食える店です。 

のんべえのように白身好きの輩にはたまりません。

左が青鯛、右はハロウ(ホウキハタ)の刺身。
f0193752_144027.jpg

どちらも極めて淡白な白身。 身がモチモチしていて新鮮さが伝わります。 

それを塩で喰わせようってんですから、飲兵衛の気持ちがわかってますな。


もう一品、アジのなめろう。  房総の漁師料理ですが最近はよく見かけますね。
f0193752_115235.jpg
普通と違って、ダンゴ状に叩いてなくて、ネギやシソと軽く和えてあるタイプ。

アジのもっちり感とネギのシャキシャキ感のハーモニーが堪りません。

f0193752_11112681.jpg
三宅島の『雄山一』は残念ながら売り切れ!

で、芋焼酎『喜島三宅』のロックを一杯。

二杯目は日本酒に戻って”喜楽長(本醸造)”

という滋賀のお酒に行きましたが、焼酎の後で

お酒の記憶がありません。(反省)

このお店、伊豆諸島の焼酎が揃っています。 

焼酎ファン向きですね。




水道橋のはしご酒、肴は最高でした。

残念ながら、最高の肴の合わせる酒は日本酒ではなく焼酎が全盛でしたなあ・・・・・・

そこが残念でなりません。


今度はお酒を持参かな・・・・・。





いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-11-03 01:24 | 本日の一献  

北千住 手取川お蔵元を独占!?

このところのんびりした更新となっているにもかかわらず、

酒ブログのランキングは10位内をキープさせていただいてて、

有り難いやら申し訳ないやら・・・・ホントに皆さまに感謝です。

そういえば、日本酒ランキングの参加者が今日現在で515と急増してます。

ワインや焼酎のブログ数より多い状況が続いていますよね。

これは日本酒愛飲者が増えているということなのかな? だとすれば嬉しいことです。


さてさて、北千住の『酒千会』のつづき・・・・

この利き酒会、酒販店主催の割には蔵元さん直々の参加が多くて驚きました。

規模と歴史の成せる技ってやつでしょうか?


手取川さんのブース前で蔵元社長さんと15分ほども話し込んでしまいました。
f0193752_12385754.jpg

話題は、写真の一番手前の『手取川 吟醸生酒 あらばしり』

”あらばしり”というのはお酒を搾ったときに、最初(圧力をかける前)にほとばしるお酒。

その生酒ですから、出来立てのフレッシュさを楽しむ、主に春先に出回るお酒です。

それが、この秋の試飲会の出てくるとは・・・・・・?

手取川さんでは今年、お酒の酸化を抑えるために”窒素充填機”を導入したそうです。

瓶詰の際に上の方にできる空間の空気を除く目的で窒素を注入する機械です。

缶ビールでは当たり前に使われていますし、ワインのプライベートプリザーブというのも

窒素充填による酸化防止です。 しかし、日本酒ではまだ珍しい設備です。

のんべえは福島の大七さんで見たことがありますが、大七さんでも自慢の高価そうな設備でした。

(興味のある方はこちらを=>> 大七酒造の次世代型瓶詰ライン )

手取川さんでは窒素充填したうえで、徹底した低温貯蔵を行って品質の劣化を防いで

この商品を通年で販売しようという思惑なのです。

生酒を保存しておくと、冷蔵保管でも”生老香(ナマヒネカ)”という良くない臭いが出てしまいます。

その臭いが出ないように”あらばしり生酒”を熟成できれば、すばらしいことなのです。

手取川さんのこの”あらばしり生酒”はそんな素晴らしくスッキリした生酒でした。

これで、720ml 1529円は買いだと思います。(当然、在庫限りの限定商品)

ところが蔵元は「まだ臭いが出てます。」とのこと。 のんべえの鼻には感じませんが?

「これからまだ改良しますよ。」と力強いお言葉でした。 

窒素充填機の技術は『越の影虎』さんから教わりました、とざっくばらんに教えて

いただけました。

この後は吉田蔵についてのお話を延々と聴くことができて幸せでした。

吉田蔵の杜氏さんは息子さんかと思っていましたが、先代蔵元のご子息なんですね。 

実のご子息は他社の蔵で修行中だとか。  手取川は次世代も安泰のようです。
f0193752_13433631.jpg
この方が手取川正宗のお蔵元、

株式会社吉田酒造店の吉田隆一社長さん。

お酒への情熱がほとばしる熱い方でした。

手取川がまたグッと身近になりました。



f0193752_1514125.jpg手取川さんに窒素充填を指導された諸橋酒造さん

『越の影虎』も出品されていました。

HPを見ても窒素充填のことはありませんが、

”なまざけ”というそれらしい商品があります。

純米酒や大吟醸のいただいたのですが、

一番印象的だったのはここでも普通酒でした。

新潟の酒としてはしっかりしたタイプでバランスが良くて、

気楽な晩酌にもってこいの感じ。


こうゆういい普通酒が都内では大変手に入りにくいと嘆いたら、蔵の方から

「そ~なんですよ~~」と大変な共感をいただきました。


なんだか、今回はいい普通酒にいくつも出会えた不思議な利き酒会でした。




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-10-29 15:44 | 本日の一献  

三宅島酒造

このブログをはじめてすぐから、応援していただいている三宅島のmbabanomeさん。
f0193752_232049.jpg


ブログ『目指すはjunk garden』ではガーデニングや畑での野菜の様子を伝えています。

本人はお酒は一滴も飲めず、ご主人も飲み過ぎで完全ドクターストップ状態。

そんなmbabanomeさんのブログに本来はご法度のお酒ネタが載りました。=> こちら
f0193752_22433969.jpg

のんべえのブログに影響を受けてしまわれたようで・・・

三宅島で唯一の酒蔵、 『三宅島酒造』さんへの訪問記です。

のんべえも焼酎の蔵には入ったことがありませんので、

勉強になりましたよ。  是非覗いてみてくださいな。


三宅島酒造さんは焼酎の酒蔵さんで”雄山一”という

麦焼酎を造っておられます。

都内(本土)に焼酎の酒蔵ってほかにありましたっけ?


ご存知の通り、2000年の雄山の噴火によって全島避難。

避難が解除になったのは2005年の2月。

当然、島内の酒造りも一度は完全に途切れました。

そして、避難解除後初めて2008年に復活したのが三宅島酒造なのです。

ついつい、がんばれ~~と叫びたくなりますよ。 いつもは日本酒蔵に叫んでますが・・・・


実は、昔々のんべえはダイビングをやっておりました。

そのダイビングのCカード(NAUI ADVANCE)を取るための講習が三宅島でした。

いまでも、海の中の風景覚えてます。

三宅島は暖流にのって沖縄から流れてきたサンゴが生息していてキレイでした。


そんなこんなの関係で、三宅島が元気になるお手伝いが何かできないかな~?と

なんとなく思っています。

まずは”雄山一”をどこかで手に入れて、飲んで考えますか! やっぱり。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-10-23 23:54 | 酒蔵めぐり  

荒川区町屋の裏路地 落語で一献

もう一昨日になってしまいましたが、火曜日の夜は町屋という街へ繰り出しました。

千代田線と京成線、それに都電が交わる下町です。

駅から少し離れた路地の奥に『土佐自慢』という小さなお店。

名前の通り、土佐料理と土佐の酒が売りの居酒屋。
f0193752_19393623.jpg


この日はここで三遊亭鳳志さんの落語会があるというので、いつもコメントをいただいている

高橋さんと二人でお邪魔してきましたよん。

前座を務める若手女流講談の室井琴柑さんがお出迎え~~
f0193752_19404265.jpg

こんな感じの小さなお店。 地元の常連さんが集うお店。
f0193752_1945306.jpg

この店のどこで落語をやるかというと・・・・入口横の用意されたこの台が高座です。
お店の大将が”定額給付金”を使って作ったんだとか・・・・
f0193752_19514644.jpg

お客さんは14~15人で、お店はほぼ満席。 
まずは琴柑さんの元気いっぱいの講談。 那須の与一。
f0193752_19554523.jpg
f0193752_19571958.jpg
講座と観客の距離が2~3m。 話し手の汗が見える距離です。


つづいて本日の主役、三遊亭鳳志さんの落語。
鳳志さんは今年真打昇進となったばかり。 三遊亭鳳楽さんの一番弟子です。

おおきなからだに高座の台が壊れるんじゃないかとヒヤヒヤ。
f0193752_207497.jpg
ビールを飲みながら生の落語を聞けるなんて贅沢。
f0193752_2091150.jpg
 
f0193752_2092989.jpg
聞く方もリラックス、噺家さんものびのびとしゃべれるって感じの落語会でした。

終わった後はいっしょになって宴会です。
お店と集まったお客さんみんなが鳳志さんと琴柑さんを応援してるって雰囲気で和やか。
f0193752_20165662.jpg

鳳志さんは大の酒好き。 かなり飲み過ぎで体重オーバー。
目標では年内に8kgやせるんだって・・・・・ないと思います!

鳳志さんは落語会が開ける酒蔵を募集中です。
どこぞの酒蔵のかた~~、よろしくおねがいしま~す。

このお店、せっかくなのに日本酒の品ぞろえがよろしくないのが残念。

こんど行く時には、土佐の酒を持参することにしました。


土曜日には荻窪のいちべえさんの”いちべえ寄席”に参加の予定。

今度は思いっきり日本酒をいただきましょう・・・・




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-10-22 20:30 | 落語と日本酒  

東京八重洲に博多屋台出現


博多の屋台の雰囲気を再現させた店を東京駅前の八重洲で発見。

いただいた名刺には『やきとり 博多 手一本』となってますが、

看板もなく、ガード下のモツ焼き屋的店構え。 

古い住宅を改装したお店のようでが、店内はきれいです。


すごいなあと思ったのは、”砂肝刺し”(西日本では”すなずり”)がメニューにあったこと。

九州では全然珍しくありませんが、東京ではなかなかお目にかかれません。

残念ながら、のんべえがうかがった日は売り切れ。

代わりに出てきたのが”ハツ刺し”。  これも美味珍味!
f0193752_1472220.jpg
(注:博多の屋台では生モノは提供できません。)

”酢もつ”も博多でもポピュラーな逸品。

のんべえの大好物で、帰省の時にはスーパーで買って買えるほど。

シャッターを押す前にほとんど食べてしまい、汚い状態ですみません。
f0193752_20355.jpg
残念ながら日本酒は飲みたいものがなく、ホッピーで我慢。

お値段も屋台並み。 店員さんも元気で親切で好感触。

持ち込み料を払っても好みの一本を持って、もう一度行きたい店ができました。


”手一本”とは博多独特の手締めの方法、”博多一本締め”ともいいます。

夏の祭り”博多祇園山笠”にはなくてはならない伝統の儀式です。





やきとり 博多 手一本
東京都中央区八重洲1-4-4
03-5202-8555
営業時間 16:00~23:00 日曜定休



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-10-07 02:18 | 本日の一献  

アウグスビール

今日は唐突にビールの話題。

実はのんべえ、一時尿酸値が高かったことがありまして、「このままだと痛風になりますよ!」

との医者の言葉を聞いて以来、やきとりのレバーとビールは極力避けております。

よほど美味しそうな場合以外はこの2品は口にしません。

ビールの代わりはホッピーで我慢してます。 寂しいものです。
(ちなみにカミサンはビール党。 目の前でキリンラガーを旨そうに飲みます。 チクショー!)


こんなのんべえが思わず飲んでしまうビールが『アウグスビール』

エール系では木内酒造さんのネストビールも秀逸です。

しかし、国内のラガー系ではアウグスの右に出るものを私は知りません。
(日本酒と違って専門外なんで気楽に断言しちゃいます。)


そのアウグスビールさん直営のビアレストラン『アウグスビアクラブ』が出来たというので、

行ってまいりました。場所は六本木ヒルズの近く。 
f0193752_12111.jpg

のんべえ、六本木は防衛庁がなくなって初めて。 浦島太郎です。

おお~~六本木ヒルズってこんなところに建っちゃったのねえ~~って感じ。

アウグスビールは元キリンビールのアメリカ現地法人の副社長さんと一番搾りを造った

ブラウマイスターが二人で立ち上げたビールメーカー。

一般の小売はせず、高級飲食店への生ビールタンク販売のみ。

ですから、普段はなかなか飲めなかったんです。
f0193752_1174047.jpg
まずは定番ピルスナー1パイント。

ピルスナーはチェコがご本家の淡色ラガー。

日本のビールの原型のようなものですね。

つい、うっかりシャッターの前に一口グイッと

やっちゃった!

これを飲むと、「ビールも醸造酒なんだあ!」

ということを思い出します。

コク・甘み・旨味・苦味・炭酸のバランス最高。

なめらかで心地よい喉越しが楽しめる、

日本人の嗜好に合ったピルスナービール。

ヨーロッパの麦芽とチェコのホップを使っているそうだけど、日本酒に比べると原料の善し悪しが

ストレートに出てしまうのかもしれないなあ・・・なんて考えながら飲みほしました。

さらに福島の工場から出来立てを毎日直送ということも旨い理由か?

エール系だと数年寝かせると旨味が増すということもあるようです、ラガー系はやはり

鮮度が重要なようです。(メーカーのCMみたい・・・)


さらに、ネットの事前情報で評判良かったので注文したマルゲリータ。
f0193752_13139.jpg
これも旨かった。 生地のもちもち感もよかったけど、トマトのフレッシュ感がいいです!

いつも和食ばかりののんべえでも旨いと思いましたよ。


日本酒にはないベタボメになってしまいましたけど、旨いビールを飲んでみたいという時

にはホントにおススメ。

ただし、御値段は多少お高め。

1パイント(568ml)で980円~ ですから・・・・・・

いい原料で真面目に少量生産すると高くなってしまうのは日本酒もビールも同じか!?

今日は2パイントで止めました。 (オトナの節度?)


日本酒でもこんなスッキリしたベタボメ記事、書いてみたいなあ・・・・・
できないんですよねえ・・・・・ついつい理屈っぽくなって。




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-08-26 01:51 | 本日の一献  

いちべえ寄席

荻窪の有名地酒処「いちべえ」さんのいちべえ寄席に行ってきました。(って昨日も書いたか)

残念ながら寄席の後の宴会は予約が取れず、寄席のみ。

今回は三遊亭鳳志&桂吉坊さんの二人会。

いつもと違った二人会のせいか?大盛況の大入り満員。

一人座布団一枚分のスペース。  けっこうキツイ姿勢ながら、浴衣姿の女性客もちらほら。

みなさん和気あいあいで落語を楽しめました。
f0193752_1104614.jpg

三遊亭鳳志さんと
f0193752_1153677.jpg

桂吉坊さん。
f0193752_118656.jpg


鳳志さんは東京、吉坊さんは上方の若手。

お互いにかなり意識しながらの二人会。 緊張感もあって楽しめました。

これで木戸銭1000円はリーズナブル?

このあと、いちべえさん自慢のお酒が飲み放題の宴会だったのですが、今回は予約一杯。

しかたなく、阿佐ヶ谷~高円寺方面の夕暮れの街に消えたのんべえでした。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-08-24 01:26 | 本日の一献