「ほっ」と。キャンペーン

タグ:男の手料理 ( 20 ) タグの人気記事

 

神々の国 島根 李白いと旨し

このところ少し目先を変えようと、買う酒買う酒が思ったようなものでなく、素直にコメントできず

またまた更新ペースが鈍っておりました。

この時期、”秋上がり”なのか”ヒネ”なのか微妙な状態のお酒も多いようで・・・・・

まあ、いい酒ばかり飲んでいるとその良さがわからなくなるかもしれないので、時には想いに

そぐわないものを飲んでおくのもいいかも・・・・と考えるようにしてます。


というわけで、今日は多少無難ですが島根県松江市の李白酒造の『李白』を飲んでいます。
f0193752_240286.jpg
山田錦の55%精米の純米吟醸。

吟香はそれほど有りませんが、旨味と酸味はそこそこで、

いい感じの甘みがグッと膨らみながらキレもいい。

冷やでも燗でもいいですねえ。 

このスッキリした甘みはのんべえのスイートスポット。

好みのど真ん中。 飲み過ぎます。

貯蔵・保管にも問題なく爽やかな呑み口が十分楽しめました。


こんどは、レポートしやすいお酒でよかった~~



肴も男の手料理で頑張りました。”冬瓜の鶏そぼろあんかけ”

これが久々の大成功! 料理屋並み! 自画自賛!(これで白醤油ならよかったんですが)
f0193752_2532984.jpg
 


ところで、島根県って広いんですねえ・・・・      (無知丸出し)

鳥取県と同じくらいかと思いきや、鳥取県の約2倍、岡山県と同じくらいの広さがあるんですね。

その東西に長い県土に、34蔵の酒蔵がバランス良く分布しているんですねえ。

酒造組合のHPの分布図を見ると壮観です。
f0193752_2244449.jpg

それにしても、知らない酒蔵が多いなあ・・・・ 

10月12日に交通会館で「しまねの地酒フェア」があったみたい。 気づくのが遅かった。


恥ずかしながら、島根の酒って李白さん以外飲んだ記憶がありません。

当然、出雲杜氏と石見杜氏の違いもイメージできていません。

北前船の史跡も多い場所だし、何といっても神々が降臨された、

日本酒とは切っても切れない間柄の場所ですよね。

もっといろいろ飲んでみたいエリア。 

それに、これから冬の間は松葉ガニが旨い!   行ってみたいなあ~~~


李白さんでも毎年、三遊亭鳳楽師匠の寄席が開催されています。

今年は今月14日に開催のようですが、すでにキャンセル待ち状態。

地元に完全に定着した年中行事になっているんでしょう。
 



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-11-09 03:20 | 本日の一献  

満寿泉 平成17BY 大吟醸無ろ過生原酒

台風一過とともに9月がやってきました。
もう完全に秋の空気。
そろそろ2009年も終盤ですよ。  
だれか時計の進み方を速めたんじゃないでしょうか。


さてさて、三盃杜氏最後の造り平成17度醸造 満寿泉を開けちゃいました。
f0193752_1521951.jpg

このお酒は吟奏の会のお酒ですので、加水なしの原酒です。
(吟奏の会はすべて原酒です。 原酒は寝かすと旨くなるというのが吟奏の会のコンセプト)

すべて表記すると一般品との価格の整合性が取れなくなるからでしょうか、

”純米”とも”吟醸”とも表示がありません。

しかし、ラベルを見ると間違いなく精米50%の純米大吟醸。 

お米も山田錦で間違いないと思います。


f0193752_3244859.jpgさて、感想です。

古酒にもいろいろあります。

元々のお酒のレベルがあって、さらに寝かせ方で老い方が全く変わります。

ですから、古酒といっても多種多様。 


このお酒の第一印象。  ”背筋がピンと伸びて眼光鋭い、旧日本軍人”

”明治生まれの滅茶苦茶厳格でカクシャクとした老人”という感じです。

つまり、年は取ってるけどまったく老けていない、弱っていない、腰が曲がっていない・・・

ここまで書いて、ハタと気がつきました。 私の三盃杜氏のイメージそのままですわ!


色はわずかに黄身がかっていますが、無ろ過であれば当然のレベル。

搾りから4年を経過しているのに、丸みはほんのわずか。

飲んで見ろ!と挑戦してくるような ガッツーンとくるしっかりした古酒。

香りは微かに紹興酒っぽい熟成香がありますが、ひね香には至っていません。

甘み・旨味は間違いなく増幅・凝縮しているんだと思います。

しかし、酸がしっかり残っているので全くダレた感じなく、キリッとしまってます。


すでに二日にわたって飲んでます。 

二日目に栓を開けた時、軽く酸が抜ける音がしました。

無ろ過生原酒とはいえ、4年経ってもまだ生きているんだと驚き。

しかし、二日目になるとかなり丸みが出てきて、甘み・旨味が前面へと出てきました。

正直、のんべえには二日目の方が好みです。

開栓当日は三盃杜氏から睨まれているようで、怖すぎる酒でした。

4年前の搾りたてはどんなお酒だったのか、飲んでみたくなりました。

そしてできれば三盃杜氏ともお会いしてみたかった・・・・

しかしどちらも、もう叶わぬ願い。


こんな古酒もあるんだと大変勉強になりました。

そして、保存温度の重要性も改めて認識しました。

本当に古酒は千差万別。  
   (このお酒は500mlで1575円でした。)


このお酒に合わせた肴は「さすの昆布〆」 ( のんべえ手作り)
f0193752_250141.jpg

"さす”というのは富山の方言で”カジキ”のこと。 つまり「カジキの昆布〆」です。

ヒラメよりもコクがあるカジキに、さらに昆布の旨味が絡まる逸品です。

お酒の味をグッと引き立てる富山名物の肴です。

富山の銘酒に富山の肴、これぞのんべえの楽しみ。

贅沢な一献をいただけました。

=====================================
富山県は昆布の消費量が全国一。
かまぼこにも昆布が入ってますし、昆布出汁のおでんの上にはとろろ昆布が乗ってます。

これも北前船が北海道から大量の昆布を運んできた結果の文化です。
昆布の旨味が利いた肴と、硬水で造った辛口の富山の酒は最高の組み合わせ。
これぞ日本の食文化。
=====================================



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-09-02 03:31 | 本日の一献  

本日の収穫

梅雨が明けて雨は減ったものの、カラッとしませんね。
湿気の多い南風の日が多くて、除湿機が今でも活躍しています。

久々に真面目な?お酒の話題から離れて、庭の状況報告です。

キュウリは順調に毎日2~3本できてます。
ついつい欲張ってしまい、大きくしすぎます。
4本の苗を買ったんですが、それぞれ違う種類だったので、いろんなキュウリが楽しめてます。
最近だんだん曲がるようになってきてしまいました。

トマトも同じく4種類。 赤と黄色、丸いのと紡錘形のものなどいろいろ。
今は黄色の紡錘形のミニトマトがよく取れて、食べても甘いと娘に人気です。
f0193752_1172661.jpgf0193752_1181847.jpg



f0193752_129298.jpg
ブラックベリーもいよいよ本格的に色づいてきました。

写真ではイチゴのようですが、2~3日後には真っ黒に熟します。

これからカーッと暑くなると、そのスピードも加速します。

去年は大豊作で果実酒もたくさんできました。

今年はどうなるか?


というわけで、今日の収穫はこんな感じです。
f0193752_1391875.jpg
f0193752_1425690.jpg


食べきれないキュウリは浅漬けにして大量消費してます。
f0193752_221141.jpg

我が家の浅漬けレシピ。(キュウリ300gのとき)
 ① 適当に皮をむき、半分か三分の一程度に切ってビニール袋に入れる。
 ② 塩5gを放り込み、ビニール袋をカシャカシャと振る。
 ③ 漬け出汁を入れてビニール袋の口を結んで冷蔵庫へ。(空気が入らないように)
    (漬け出汁=白だし25㏄+みりん5cc+酢1㏄+水70cc)
 ④ ときどきビニール袋の口を締めなおして空気を抜く。
 ⑤ 好みに合わせて、1日~3日漬けていただく。 
     3日たってもシャキシャキ感は変わりません。


ついでにチョットかわった、ヨーグルトヌカ漬。
少し前にテレビで見たネタです。
ヌカ漬けは糠の力で乳酸菌発酵を起こしているんだそうです。
ヨーグルトを使えば1日で簡単に糠漬けができるそうで試してみました。
f0193752_274560.jpg

適当に塩をしたキュウリをヨーグルトに放り込むだけです。
たしかに糠漬けっぽい香りはしますが、酸味が少ないので本物よりサワヤカ。
糠漬けではなくて、別物として面白い。
ヨーグルトが余ったときにはいいかも・・・・・



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-07-21 02:48 | 木と花と野菜  

『菊姫 にごり酒』 と 『夏野菜のサラダ』

今日も暑かった~~
おまけに風が強くて、窓も開けられず。
出来るだけ我慢してますが、少しだけクーラーを使いました。
夏はまだまだこれからですねえ。


この暑さを紛らすために買ってきた『菊姫 にごり酒』。

これは大事に育った普通酒。
この酒の製造年月は08年12月。
搾って火入れしたものをすぐに瓶詰したものと思います。
私が購入した酒販店では、蔵に頼んで瓶で低温保管してもらっていたものを6月に引き取ったといってました。
販売店でも最も温度設定が低いリーチイン冷蔵庫に保管されていました。
搾って、私の手元に届くまで徹底した温度管理。 感謝です。

普通酒でも育ちの良し悪しがあるんだなあ~~、と変な感心。
 

f0193752_2043237.jpg
ラベルには『火入れをしておりますが、酵母 乳酸菌が残っている可能性があります』の文字。
まだ発砲性が残ってるかな? と開栓は慎重に。
しかし、あっけなく開きました。  (これは当たりか?ハズレか?)

舌にかすかな澱の感触があるのは気のせいか?と思う程度。
喉に流れる感触は滑らかでスムージー。
酸味はほとんどありませんが基本は切れのいい辛口です。
でもお米の自然な甘さがしっかりあって、”キレあま”って感じです。
アフターフレーバーは、軽いフルーツ系。 
メロンほど濃厚ではなくスイカかな?  おおっ!正に夏向き・・・・ ってか?



で、この酒に相うかなあ~と頑張って造りました。(のんべえらしくないメニューだけどね。)

『マグロのカルパッチョ 夏野菜のサラダ添え』
f0193752_21364753.jpg

一番下に刻んだ”ツルムラサキ”を広げ、その上に酢で〆たビンチョウマグロと土佐酢を使ったキュウリの浅漬けを乗せました。
まわりには表面を炙ったパプリカと万願寺トウガラシ、湯むきしたミニトマトをトッピング。
ドレッシングは土佐酢です。
 (キュウリとミニトマトと万願寺トウガラシは庭で採れた素材です。)

洋風に見える和風サラダになってますかね?
我が家にはガラスっぽい洋風のお皿がないので、陶器でガマン。

せっかくなので、グラスもシャンパン用のフルートグラスで・・・・
f0193752_21473191.jpg

一升ビンは写さない方が良かったかもね。
冷たく飲むのがポイントかも。
氷を浮かべてもいいですね、
さらに炭酸水を少し加えてスパークリングで楽しむのもアリではないでしょうか?


これで少しは涼しくなった?
イエイエ、頑張りすぎて汗かいちゃいました!

カミサンは呆れるし・・・・

【ひとりよがりの自己評価】
甘めで酸味の少ないアッサリ系の今回のにごり酒には、土佐酢の酸味は正解かも。
マグロの中で一番アッサリ系のビンチョウマグロも酒の邪魔をしてなくて◎です。
”ツルムラサキ”は香りが強いので、多すぎたり切り方が大きいとお酒の香りとぶつかるなあ。

庭の食材と寛大なカミサンに感謝ですなあ。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-07-13 22:03 | 本日の一献  

伏見の英勲には山椒が似合う?

東証株価が1万円を超えたとか。
実情はまだまだいい話はなんにもありませんが・・・・
早く好転してほしいものです。

のんべえは毎週200円のロト6に夢を託してますが、一向にかすりもしません。 ふーっ。


さてさて、一昨日の酩酊のご報告。

f0193752_1262034.jpg
yutakahashiさんからもコメントをいただきましたが、
私も日頃の家呑酒は2000円台前半が目安です。
ですから良くても特別純米か純米吟醸になります。
大吟醸は外呑み中心にしてます。

晩酌は食中酒向きがいいので、その意味でも大吟醸は避けます。
大吟醸は値段の割にガッカリという当たり外れもあるので、
普段は買っても4合瓶です。 

しかし、今回は12年連続金賞受賞の齋藤酒造さん へのお祝いの想いで購入した
純米大吟醸の一升瓶。 
3,675円也。
せっかくなので気合いを入れて、チャンと飲まないとね。


というわけで、今回は気合いを入れた男の手料理シリーズ。 肴にも力を入れました。
田植えのついでに買ってきた実山椒と合わせて、”京の味”を演出です。
ん~~これぞ、「酒の向こうに日本が見える」 のコンセプト!


まずは一品目。 
「山椒だし巻き卵」 のんべえの創作料理です。 
f0193752_1521882.jpg
昆布と鰹節でしっかり出汁をとってがんばりましたが、
実はこれが生涯初の”だし巻き”です。
卵焼きと比べてだし巻きはゆるいので、壊れやすいことがよく分かりました。
不格好はご愛敬・・・
f0193752_1571711.jpg
切り口はこんな感じ。
山椒、たっぷり入ってます。
初めての割にはまあまあの出来で自画自賛。
やさしい卵と出汁の風味に山椒のプチプチピリッとした感触がよくマッチしてグー!


二品目は定番の「ちりめん山椒」f0193752_2111490.jpg
山椒の香り重視でかなりの薄味にしました。

生の山椒の実が口の中でプチプチとはじけて香りがふわっと広がります。
オカズではなく、完全な酒の肴ですね。



そして、ついでの3品目。
「”芋がら”とさつま揚げの炒め物」
f0193752_2271845.jpg
”芋がら”は山椒と一緒に茨城の道の駅で買ってきたもの。
これも、のんべえにとっては生涯初の食材。
”京の味”からは逸脱しますがご勘弁を。

芋がら自体には味はないけど、出汁や他の食材の旨味をよく吸ってくれて、シャキシャキした歯ごたえがなかなか良かったっすよ。
ぬるま湯で十分晒さないとエグミが残ってしまうので、下準備には時間がかかりますが、酒の肴向き食材ですね。




これだけの肴を用意して『英勲 純米大吟醸 生原酒』にイザ挑戦!

酸がしっかりして、甘ったるさが全くないどっしり系の大吟醸。
やさしい女酒のイメージではありません。
酵母を活かしたフルーティーさ、というものでもありません。
ただ、山田錦にはない、特徴あるかすかな米の香りを感じます。

しっかりした主張があるけど出しゃばり過ぎない、ぎりぎりのバランス。
たぶん、日本酒吞みには万人受けするであろう酒。
味わいにも香りにも、奇をてらったものがなく、大吟醸の王道といってもいいかも。
毎年の金賞受賞が頷けます。

特徴を表現するために利き酒を繰り返すうちに、ついつい盃が・・・・・
気づけば身体がポカポカ、いい気持ち。

しかし、一定値以上まで行くと盃が重くなってしまうのは、そのドッシリとした酒質のせい?
おかげで飲み過ぎることなく、いいところでストップできました。
〆は和らぎ水も忘れずに。

「伏見の酒」と京の味覚の「山椒」の組み合せは、
互いに存在を譲らず、しかし互いを殺さずという、なかなかの取り合わせでした。

いや~~、満足 満足。
酒の神様に感謝、感謝。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-06-13 12:28 | 本日の一献  

湯葉ちりめん山椒で一献

先日、 茨城の道の駅で買ってきた生の実山椒を使った、酒の肴第一号。

ありきたりですが、やっぱり”ちりめん山椒”でした。

f0193752_23231414.jpg

ちょうどNHKの料理番組で京料理の先生が作っていたのを参考に。

ちりめん山椒に湯葉を加えて、”湯葉ちりめん山椒”なる一品です。

といっても簡単で、またまた3分間クッキング。

いつもは塩抜きのためにもチリメンジャコは下茹でしますが、今回は酒と味醂に

材料を放り込んでチャチャと水分を飛ばすだけ。(NHKレシピ通り)


出来上がりは、やはりジャコの塩分が少し気になる仕上がりとなりました。

旨味が強い酒の肴にはまあまあというところかな。

今度はもっと真面目に作ってみます。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-06-06 23:36 | 本日の一献  

『黒石つゆやきそば』 もどき?

お昼ごはん、何にしようかな・・・・

f0193752_0412564.jpg台所付近をゴソゴソしていると、カップめんの焼きそばを発見。

『やきそば』 といえば・・・・・・ピンと来てしまいました。

これで”つゆやきそば”作ってみよう!

そうそう、2月の青森・黒石で初めて知った、B級グルメ『黒石つゆやきそば』の再現ができたら?

これはいいアイディアかも?


というわけで、簡単に昆布出汁をベースにめんつゆを混ぜ、日本そば風つゆを作成。

後は普通のカップ麺の作り方で焼きそばを作ったものを丼で合体。

カップ麺添付の”ふりかけ”と”あげたま”を乗せて一丁上がり!
f0193752_0492193.jpg

結果は、

ん~~~ショッパイ。

普通に焼きそばのソースと日本蕎麦の出汁で味の濃さが2倍になっちゃいました。

どちらも普通の半分ぐらいの薄めの味付けにしないとダメなんだ~~

当たり前のことに気付きませんでした。

アホでしたねえー とほほ・・・・

でも、全部食べちゃいましたけどね。

今度はもう少しうまく作って、日清か明星に投稿しようかな・・・・・


本場ものの『黒石つゆやきそば』はこちらです↓。 f0193752_057266.jpg


『黒石つゆやきそば』は昨年開催の”第三回B‐1グランプリin久留米”で「ばさらうまか賞」を受賞!
今年は9月に第四回が秋田県横手市で開催ですって。




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-06-05 01:16 | 日本酒の作り方  

房総の味覚『あじのなめろう』で一献

昨夜はまるで台風のような風雨。
窓に打ち付ける雨音が煩くて、なかなか寝付けずチビリチビリやってました。



f0193752_234862.jpg先日ゲットした四国土佐の高木酒造さんの

「土佐金蔵 純米生原酒」、いい酒でした。

土佐酒らしくきりりとしまった酸味が舌に心地よく、

男酒でありながら米の香りがしっかり。

辛口ながら旨味・甘み・ふくよかさはタップリ。

ああ、日本酒飲んでるな~~と喉が大喜びです。

冷やもいいけど常温か一肌程度もいい。

酒米は”松山三井”の65%、時期的にはすべて火入れ済み

だけど一部ユーザーの要望で数十本だけ生で取ってある

ものの一本だそうな。

高木さんの酒質の特徴で、しっかりと温度管理をしておけば

実に楽しい熟成をしてくれる。

その意味で生原酒での保存を依頼したユーザーへ感謝。

もう一本買って、冷蔵庫で1~2年寝かせようかな・・・・

いや、あったら飲んじゃうよな。

鈴木屋成田店の店長によると、「しばらく常温保存して、敢えて少しヒネさせても面白い」

んだそうで、それも試してみようか。 

ん~~楽しすぎる。


土佐酒だからカツオの刺身でも、と思っていたらカミサンが鰺を買ってきてしまった。
f0193752_2355082.jpg


鰺も今が旬で新鮮なものが豊富。さらにお安い!

こんなに立派な鰺が1匹100円しないんだから文句はありません。

よっし! 鰺ときたら『なめろう』だ! で決まり。

早速、房総の味覚『鰺のなめろう』の3分間クッキング開始です。

まずは頭を落として・・・
f0193752_2384529.jpg
 
三枚におろして・・・
f0193752_2392551.jpg

皮を引いて・・・
f0193752_2395794.jpg

骨を取り除いたら下ごしらえは終了。
f0193752_2423274.jpg

あとは細かく切った鰺に味噌・みりん・酒・生姜汁・ネギなんかを混ぜで包丁で混ぜ混ぜしたら出来上がり!  さすがは漁師料理、簡単です。
f0193752_2445240.jpg

のんべえはこれをたっぷりのお酢で食べます。 房総・御宿の漁師料理屋で覚えた食べ方。
不思議と全くすっぱくなくて、すごく合うんです。


鰺3匹、300円弱でこんなにたくさんできてしまったよ。

まあ、余ったらフライパンで軽く焼いて『さんが焼き』にしようと思っていたら、

普段は魚嫌いの高校生に娘が、パクパク食べてしまったよ。

親爺の酒の肴、横取りすんなよな~~



えっ? 土佐金蔵との相性はって? 

それは聞くに及ばずでしょ!



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
下のバナーのワンクリックでランキングがアップし、のんべえの励みになります。
お手数ですが、一日一回のご協力お願いしま~す。

酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ
[PR]

by sakenihon | 2009-05-29 06:57 | 本日の一献  

『のんべえ、すし職人になる』の巻

今日、のんべえは寿司職人修行をいたしました。
といってもほんの3時間ですが・・・・・

都内すしチェーン店主催のカルチャースクールです。
参加費3000円也で簡単ながら一通り教えていただけて、
自分で作った寿司を食べて終了というコースです。
f0193752_002157.jpg

外国人のハネムーン客の参加者もいました。

先生のお手本実演を見た後、まずは鰺の三枚下ろしに挑戦!
半身はにぎりのネタに、残りの半身は冷たい味噌汁(冷や汁)の具にしました。
もう少しうまくできると思っていたんですが、苦戦しました。
f0193752_0482.jpg

まあ、いろいろありましたが頑張りましたよ。
笑顔で握らないと美味しいお寿司にならないよっ!って何度も言われましたので、楽しく元気に握ったらシャリが多すぎて 「個性的なお寿司ですねえ~」って言われました。
f0193752_094923.jpg

飾り寿司のつもりです。花に見えますか?
f0193752_074886.jpg


結構楽しめましたし、シャリいっぱいでお腹いっぱいになりました。(笑)

今回お世話になったのは「すしざんまい」を展開中の築地喜代村さんの「すしカルチャー講座」でした。




2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング
[PR]

by sakenihon | 2009-05-10 00:25 | その他いろいろ  

古民家の夕べ、補足

今日は久々の雨がシトシト・・・・
昨日までの庭仕事の筋肉痛もあって、家でのんびりしています。


先日の横浜古民家のイベントで、お酒の事ばかり報告しましたが、酒に合う肴をという
リクエストもありまして、数品作って持って行きました。

① 春キャベツとセロリの浅漬け
② ソーキ(豚の軟骨肉)と大根の黒糖煮
③ 鶏のもも肉の粕漬け   
の3品です。

その中でも”鶏のもも肉の粕漬け”はなかなかの成功でした。
久世酒造さんの長生舞を絞った酒粕に味噌と塩を加えた漬け床に、鶏のもも肉を一晩
漬けこんだものです。
一口大に切ってフライパンで少し焦げ目が付く程度に焼いて出来上がりの超簡単料理。
サラダ菜に包んで、お好みで白髪ネギを添えて食べていただくようにしました。

皆さんに出す前にチョット味見したところ、思っていた以上にいい感じに酒粕味噌の風味
が活きていて、酒の肴として我ながら納得の一品でした。

『飲んでいるお酒の酒粕を使った料理』が合わないわけがない!と自画自賛。
今度は、自分用にコスト的に安上がりの”ムネ肉”でも試して見ようと思います。

もし上出来だったら報告します。




2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング
[PR]

by sakenihon | 2009-05-05 19:40 | 本日の一献