人気ブログランキング |

なんじゃもんじゃの木

寺田本家さんがらみのネタを最後に一つ。

神崎町の寺田本家さんのお蔵のすぐ裏に小高い丘がありまして、そこに『神崎神社』があります。

寺田本家の寺田啓佐さんが婿入りした時に三回目の結婚式を行った神社でもあります。
(詳細は『発酵道』参照)

まあ、神社なんてのは、珍しくもなんともありませんね。

でも、白鳳時代に建立されたというと『へっ?』って思いませんか?
なんじゃもんじゃの木_f0193752_0244035.jpg
白鳳時代っていつごろだっけ!? って感じですよね。

調べてみると『大化の改新』のころのようです。1300年以上前ってことですねえ。

田舎のちょっとした丘の上にそんなのが平気で残っている日本って、やっぱりすごいと思います。

WBCでも優勝するはずですねえ・・・・・って関係ないか?
なんじゃもんじゃの木_f0193752_0172640.jpg
もちろんですが、御神酒として寺田本家の香取と鍋店の仁勇が供えてあります。

そして、この神社の境内に大きな『くすのき』があります。
なんじゃもんじゃの木_f0193752_0242151.jpg

人よんで『なんじゃもんじゃの木』
なんじゃもんじゃの木_f0193752_0262089.jpg

国指定の天然記念物にもなっている巨木です。
なんじゃもんじゃの木_f0193752_031815.jpg


1674年4月に水戸光圀公が参拝された時に、この木を見て、「この木はなんというもんじゃろうか」と自問し感嘆されたことから『ナンジャモンジャの木』として知られるようになったそうな。
なんじゃもんじゃの木_f0193752_0353993.jpg

それにしても黄門さん、実際はあんまり旅はしていなかったそうですが、話題はたくさん残してくれていますねえ・・・・・



2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング

by sakenihon | 2009-03-27 00:41 | 日本の風景  

<< 『ぎんかがみ』で一献 寺田本家 《発酵すれば元気になれる》 >>