人気ブログランキング |

橋平酒造 醸室(かむろ)

またまた随分長引いてますが、ここ数日宮城県の酒蔵巡り9月12日のことを延々と

ご報告いたしております。

レンタカーを借りたJR東北新幹線古川駅へ戻る途中に立ち寄ったのが橋平酒造さん。

といっても、現在はお酒は委託製造になっており醸造はしていません。

1790年の創業の大きな蔵だったようですが、旧古川市の中心市街活性化計画の

一つとして再整備され、古い酒蔵を活用した『醸室(かむろ)』という

商業スペースになってます。
f0193752_1027171.jpg
屋根は新しくなっているようですが、蔵自体はそのまま活かされています。
f0193752_10333561.jpg
f0193752_10314532.jpg

蔵ごとに飲食店や雑貨屋さんなどにレンタルされているようです。
f0193752_10395475.jpg
f0193752_10402847.jpg

橋平酒造さんも小さな蔵を使って『玉の緒』という銘柄のお酒を販売してます。
f0193752_10414943.jpg

造形美、そして白と黒のツートン。 すっごくオシャレだと思うのです・・・・・f0193752_10522111.jpg
f0193752_10524419.jpg
f0193752_10533252.jpg


蔵は”漆喰(しっくい)”というもので造られているということは何となく知ってました。

”漆喰”ってなんだ? とウィキペディアで調べてみると、

『石灰に麻の繊維を加え、草本や海藻から得る接着剤、水などを加え練り上げて作られる。』

とありました。 まったくの天然素材。

数十年前の高速道路や新幹線のコンクリートは崩落していることを考えると、

土と漆喰で固められた土蔵の凄さを感じます。

ましてや、こんなに美しいのですから世界に誇るべき資産ですよね、『蔵』って。


蔵の横には河が流れていました。 ここ新幹線駅の近くです。
f0193752_1192916.jpg


橋平酒造さんは現在でも宮城県酒造組合に所属する酒蔵です。

完全廃業を免れ、このような形でも蔵が残っていることに感謝。


これで9月12日の蔵めぐり(7蔵)終了です。
さあ、楽しみな晩酌タイム!
しかし、この後の写真はすべて超ピンボケ。 
完全な酔っぱらいで、ご報告できません。 あしからず。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-09-22 11:39 | 酒蔵めぐり  

<< 伯楽星の蔵の『あたごのまつ』 草薙剛の戦国生活 >>