人気ブログランキング |

塩竈の銘醸蔵 浦霞

今回の酒蔵巡りの最後は『浦霞』の酒蔵、株式会社佐浦さん。

創業は1724年(享保9年)。5代藩主伊達吉村より、鹽竈神社の御神酒を納めるようにとの

御下命を受けたのが始まりです。その前は糀屋だったようです。

現在は総石高13000石、特定名称酒比率97%、吟醸比率50%の酒蔵です。
f0193752_1591880.jpg

こちらは予約制で蔵見学ができるのですが、酒蔵の中には入れず外側からの説明のみ。

ラッキーだったのは、平日の訪問のためマンツーマン(正確にはマンツーウーマン)で

対応いただけたこと。ゆっくり話が聴けました。

浦霞の蔵は本塩釜の駅から徒歩3分ほど。 ほとんど駅前的立地。

元は埋立地だったところで、地盤が軟弱なんだとか。

その補強のために蔵のいたるところが石造りとなっています。
f0193752_22672.jpg
f0193752_2311935.jpg土台として全体に敷き詰められたのが稲井石(仙台石)。 

蔵元佐浦家の家紋(丸に違い丁子)の暖簾をくぐって蔵通路へ。f0193752_2401843.jpg
正面に見える大きな瓦屋根が吟醸系専門の大正蔵。 その手前が麹室。

大正蔵は土台に”秋保石”、壁は”野蒜石”、麹室は”塩釜石”と、とにかく石づくし。

現在の建築基準法では再建不能だとか。

通路の先には大きな杉玉。 ビニールシートの向こうは非吟醸系を造る享保蔵。

しかし、立ち入りはここまで・・・
f0193752_248020.jpg

ところが、のんべえの必死さが伝わったのか、ビニールシートを開けて覗かせていただけました。

そこには大中小3つの木桶ありました。

浦霞は『桶仕込み保存会』にも加わり、昔ながらの木桶仕込みの造りも行っています。
 
仕込みを前にして木の乾燥を防ぐため水が張ってあります。

木桶仕込みでは三段仕込みに小→中→大と桶を変えて仕込むのだそうです。  ほぉ~~っ
f0193752_2574760.jpg

浦霞には名誉杜氏として平野重一杜氏がおられます。 

今年で80才になられますが、今でも蔵人の指導のために蔵へ出ておられます。

平野重一杜氏の叔父様(父上の弟)が南部杜氏の親分中の親分、故平野佐五郎杜氏

平野重一杜氏の若いころは木桶が現役で使われていました。

平野重一杜氏が木桶造りを再開した最大の目的は、自動化が進む酒造りの中で、

若い蔵人に酒造りの基本とか真髄を伝えることだそうです。

素人でも木桶での温度管理の難しさは想像できます。

そこには多くの知恵が隠されているのでしょうね。


すこし中途半端ですが、今回はここまでです。

次回続けて平野重一杜氏、浦霞禅、宮城酵母のお話をさせていただき、

今回の酒蔵巡り旅報告の締めとさせていただきます。




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-10-01 03:42 | 酒蔵めぐり  

<< 浦霞禅と平野重一杜氏 塩竃神社 >>