人気ブログランキング |

鶴来 もう一つの酒蔵 萬歳楽

菊姫の鶴乃里から始まって、ずっと石川付近のネタになってしまいました。

読む方は飽き飽きだと思います。 今日で終わりにします。


菊姫から歩いて数分の距離に、もう一つの酒蔵があります。

萬歳楽の小堀酒造店です。
f0193752_239563.jpg


どちらも”兵庫県吉川町特A地区産山田錦””手取川の水”を使っています。

ところが、この二つの酒蔵には大きな大きな違いがあります。


ご存知の通り、菊姫は濃口杜氏がおられた酒蔵。 

いまでも能登流・濃口流が底流に流れる酒蔵だと言えると思います。

これに対して小堀酒造店で昭和47年から平成16年4月までの33年間、杜氏を務めた

中居清杜氏は南部杜氏なのです。

中居杜氏は南部杜氏の神様 平野佐五郎杜氏の弟子で”現代の名工”でもあります。


ですから、歩いて数分の距離で使う材料も同じなのに、今でも酒質は全く違います。

重厚な菊姫に対して、萬歳楽はスッキリ、やさしく、軽快なお酒のイメージ。

やはり宮城・岩手のお酒に通じるものがあります。


面白いですよね。 

”米” ”水” ”土”も重要ですが、造り方によって全く違ったお酒になるんですから。

”菊姫”と”萬歳楽”を呑み比べて”能登流”と”南部流”を比較するのも面白いですね。



中居清杜氏の伝記が広島の『富久長』今田酒造さんのサイトにあります。

これ、面白いです!

蔵元と杜氏のイザコザまで書かれていて、きれいごとではない”杜氏の生活”がよくわかります。


【中居清杜氏の伝記】 (今田酒造HP ささびと屋 より)
 (無茶苦茶長い文章ですので、「加賀の菊酒の覚醒1~4」だけでもどうぞ・・・)

 ① 酒界に60余年

 ② 挑む

 ③ 言い伝え

 ④ 人となり

 ⑤ 黎明

 ⑥ 名杜氏の胎動

 ⑦ 加賀の菊酒の覚醒1

 ⑧ 加賀の菊酒の覚醒2

 ⑨ 加賀の菊酒の覚醒3

 ⑩ 加賀の菊酒の覚醒4

 ⑪ 夢のしずく


明日、日曜日は木内酒造さんの酒造り体験です。 
行ってきま~す。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-10-18 00:32 | 酒蔵めぐり  

<< どらまめ 石川県の酒蔵分布と水 >>