人気ブログランキング |

いちべえ寄席 落語そっちのけで酔いつぶれ~

土曜日は荻窪へ。  いちべえ寄席です。
f0193752_2215951.jpg


一週間のうちに2回も落語を聞いてしまいました。

事情があって遅刻してしまい、到着した時には三遊亭鳳志さんの噺は終わりかけ。

ゲストの三遊亭兼好さんの”目黒のさんま”だけを聴くことに・・・・
f0193752_221641.jpg

正直なところ今回は落語より”酒”目当てです。

何が出るかはその時の運ですが、いちべえさんですからハズレはありませんぜ!

f0193752_22262199.jpgまずは、福岡の ”いそのさわ”の駿(しゅん)

のんべえの出身地のお酒です。 

子供の頃はテレビCMもやってたなあ~

精米60%の純米酒。

HPの商品紹介にも載ってないので、

限定品なのかな?

今回の中ではスッキリ淡麗な印象。

f0193752_2384846.jpg
つづいて、岐阜県瑞浪市の中島醸造”小左衛門”

信州産美山錦を55%まで磨いた特別純米酒。

こちらもスッキリ系でしたが、駿よりはコクがあったな。
f0193752_23274210.jpg 
でました! ”ワルの代官” (ちょっとピンぼけ)

島根県の加茂福酒造さんの本醸造酒です。

f0193752_23451243.jpgこの酒蔵には”死神”なんてお酒もあって

チョイと不気味。

”死神”は昨年の夏にいちべえ寄席で

鳳志さんが落語の”死神”をやったときに

出てきたそうです。

”ワルの代官”のほうは何やら独特の酸があって、

クセのあるお酒でした。

代官というより”曲者(くせもの)”って感じです。

f0193752_23511415.jpg

長野県諏訪郡の菱友醸造(ひしともじょうぞう)の御湖鶴(みこつる)

精米60%の純米酒”ひとここち”というお酒。

この蔵の蔵元兼杜氏さんは弱冠26歳で蔵を買い取って

酒蔵を再建したんだって! すごいですねえ。

カンブリア宮殿でも取り上げられたって、全く知りませんでしたよ。

これって有名なお話なんですか?もしかして常識?

”黒曜天然水仕込み”ってのは黒曜石の地層から湧き出る

有り難~い水だそうです。

酩酊が進み、残念ながらお酒についてのコメント不能。

f0193752_0161894.jpg
そして、滋賀県琵琶湖北岸の冨田酒造さんの”七本槍”

滋賀渡船6号というお米の77%精米の純米酒。

酵母は協会9号。

七本槍だから77%?  ちょっとオシャレ?

実は、今回のお酒のなかでダントツ人気だったのがコレ。

スッキリサラサラだけど水っぽくなくて存在感は失わず、

フルーティーな薫りが極めてほのかで肴を選ばない

バランスの良さ。これは飲めます。 

スルスルと一升いけちゃうかも。

ある意味身体に悪い酒? 


ところで、”渡船”と山田錦の親株”短稈渡船”は同じお米でしょうか?

ご存知の方教えてくださ~い。


飲んでるばかりでなく、ガッツリ食べてきました。
脂ののった〆サバとホタルイカの塩辛。
f0193752_0415113.jpg
見たとおりの刺し盛り。
f0193752_0421244.jpg
ガッツリ系豚キムチ鍋。
f0193752_0423362.jpg
これだけあったら十分です。

一時間半の落語と一時間半の懇親会。

初対面同士でも落語と日本酒の話題で盛り上がります。

終了したのは6時半。  

当然これだけでは終わりませんでした~~ ヒック!

 
なんとかその日のうちに無事帰宅しましたが、荻窪から成田までの帰宅の路は長かった・・・・

でも、また行っちゃいそうだなあ~~



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-10-26 00:58 | 落語と日本酒  

<< いいわけ・・・ 三宅島酒造 >>