博多百景

心に残った博多の風景を順不同にご紹介。

これがのんべえの生まれ故郷です。


『さきと』

f0193752_2259465.jpg

なぜか東京で噂のお店。  『さきと』さんです。

博多で日本酒といえばココ!って感じで複数の人から教えていただきました。

ところが、地元の人(KEIZOさんも含めて)はご存じないという不思議なスポット。 

舞鶴という天神から少し離れた静かな一角にありますが、予約なしには座れません。

うなぎの寝床状のお店にカウンターのみ約20席。 ご夫婦で切り盛り。 活気があります。

日本酒も肴もしっかり揃ってます。  特に魚のレベルは卓越。
f0193752_2323155.jpg
f0193752_2332065.jpg

お通しは大きなさつま揚げがドーン!
f0193752_2355433.jpg
お酒は杜の蔵 黒田城 大手門
f0193752_23373632.jpg
冬の博多の高級食材といえば”アラ”。
相撲取りは福岡場所でアラの鍋を食べるのが楽しみだそうです。
似た魚が思いつかない、魚の王様です。
f0193752_23152363.jpg
”タイラギのひも” タイラギは東京では平貝といいます。 
この”ひも”が食えるとは・・・・臭みなくコリコリとして美味珍味。450円。 これはお得。
f0193752_23175895.jpg
お酒のおかわりは井上合名さんの三井の寿
三井郡(みいぐん)太刀洗町(たちあらいまち)というところで、筑後川の上流沿いにある酒蔵。
”福岡の酒”で全国区になった数少ない銘柄といえますか?
f0193752_233679.jpg
真鯛さんこんにちは! のんべえは魚のカマとかカブトが大好きです。
f0193752_23323653.jpg
お酒の〆は鍋島さんで。
f0193752_23384188.jpg


やきとり

博多には屋台も含めて無数の焼き鳥屋さんがありますが、たまたま入った一軒。
f0193752_23423623.jpg

焼き鳥屋さんに焼き鳥がない! 
博多の焼き鳥屋は本来そんな感じ。
f0193752_0105916.jpg


もちろん鶏もありますが、
f0193752_23521662.jpg
烏賊やタイラギ(平貝)もあります。
f0193752_23535389.jpg
牡蠣もあります。
f0193752_23543463.jpg
そして、博多で”ネギ”は玉ねぎです。 
東京に出てきて”ねぎま”が長ネギだった時はショックだったっけ・・・
f0193752_23562070.jpg

ここではお酒は”繁枡”一本でした。
f0193752_23582311.jpg
f0193752_005651.jpg
普通酒とはいえ精米65%のしっかりとしたお酒。

若干の甘口ですが、焼き鳥(塩)にピッタリ。

本当に楽しめました。


屋台
博多は何と言っても屋台です。
f0193752_0131348.jpg
メニューが豊富。 でも生モノはご法度。 
もし生ものを出していたらヤバい店。ボラレる可能性大です。
f0193752_0203342.jpg
お酒は八女の喜多屋酒造。
屋台でもチャンと蔵元の名入りグラスで出てくるところが嬉しい。
f0193752_0185426.jpg


深夜スーパー

スーパーがあるとつい魚売り場を覗いてしまうのが、のんべえの性(サガ)。
それにしても新鮮で安い魚の数々。 ここはショボイ深夜のスーパー?
f0193752_048251.jpg
f0193752_0423612.jpg
f0193752_0425860.jpg
f0193752_04326100.jpg
f0193752_0434599.jpg

のんべえが大好きな”酢モツ”。豚モツですがフグ皮より好きです。
東京にないのが不思議。
f0193752_0463924.jpg

これは凄い逸品では? 生食用鶏肉セット。398円。
4種の鶏肉にそれぞれ違ったタレが付いている! 
関東は豚肉。 関西は牛肉。 九州は鶏肉文化ですね。
f0193752_053260.jpg


通りすがりの居酒屋のディスプレー

これ本物。 60㎝はありそうな大鯛のアラ。 この大きさは天然ですね。
f0193752_0591471.jpg


やっぱり博多はいい街ですねえ。

でも、そのお陰で飲み過ぎて前後不覚。
前日は簡単に見つかった「KEIZO」さんにたどり着けずに、中州の徘徊老人と
なってしまいました。



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-12-10 01:08 | 本日の一献  

<< これが冬の博多の高級珍味 アラ! 博多西中洲 酒BAR 「KEIZO」 >>