人気ブログランキング |

埼玉の酒 鏡山

f0193752_340537.jpg今、さなぶりにある埼玉のお酒は『鏡山』の純米酒。

川越の小江戸鏡山酒造のお酒です。

実は先日この酒蔵へ見学に行きました。

お店の営業時間までには浦和に戻るために忙しい見学

でしたが、大変面白いお蔵さんでした。

なんと今年で4年目の生まれたばかりの蔵です。

総石高は200石。

200石造るのが精いっぱいの広さしかない酒蔵です。

ある意味で日本最小の蔵かも・・・・

昔から『鏡山酒造』という酒蔵はあったのですが、それと『小江戸鏡山酒造』は全く別の

酒蔵です。 

『鏡山酒造』はすでになく、酒蔵の建物は現在は市の所有となって観光資源となってます。
f0193752_524136.jpg
f0193752_531487.jpg

『旧鏡山酒造』を過ぎて、川越の古い街並みを越えたところに『小江戸鏡山』はあります。
f0193752_554615.jpg
f0193752_561138.jpg

f0193752_563555.jpg

なんと酒蔵は醤油蔵の一角を借りての立地です。
f0193752_591973.jpg

蔵の入口は醤油屋さんの売店の奥です。売店を通りぬけないと酒蔵へ入れません。
f0193752_5114920.jpg
その売店にはなぜか三宅島の商品がいっぱい。焼酎『雄山一』も並んでいます。
醤油屋さんの関係者に三宅島出身の方がおられるようです。

さて、いよいよ酒蔵の中へ・・・
とにかく、何もかもがコンパクトサイズです。 これだけのスペースで洗米・浸漬を行います。
f0193752_5175558.jpg
甑もミニですね。
f0193752_516319.jpg
放冷機もコンパクト。でもそれを置くスペースでさえイッパイイッパイ。
f0193752_5304049.jpg
麹室もこじんまり。
f0193752_517264.jpg
タンクは6本。でも仕込み用は3本だけ。他は貯蔵と仕込み水用だそうで・・・
このタンクの本数の制約で石高が制限されてしまいます。
f0193752_5243231.jpg
お酒を搾る槽(フネ)も今まで見た中で最小でした。
f0193752_5333248.jpg


杜氏さんは30代の社員杜氏さんで、南部流の杜氏さんからの指導を受けられたそうです。

こんな規模で大丈夫なのか?と心配になっちゃいますが、実はこの蔵の親会社は

天覧山という立派な蔵なのです。

天覧山のパイロット蔵と理解すればいいのか、一の蔵の金龍蔵みたいと理解すれば

いいのか? まあ、そういった感じなのかと理解しました。


この蔵を見せていただいて、獺祭の旭酒造さんの蔵を思い出しました。

経験・資産・スペースが圧倒的に不足している中で、過去にとらわれず出来る限りの

最大限の工夫で新たなビジネススタイルをゼロから築こうとしている姿に共通点を

感じたからです。

まだまだ、4回目の造りですが数年の内に豊盃や伯楽星のように化ける可能性も

十分秘めている、楽しみな酒蔵です。


おお~久々に『酒の向こうに日本が見える』らしい更新になりました。

あっ!でももう朝の6時。

今日も営業終了が遅かったんです。

今週ヒマがつづいたので有り難い土曜日でした。

これからチョット寝て、日曜日は早めの営業終了。千葉の家へ帰ってきます。

月曜日は初めてのお休み。 

それまで、なんとか頑張ろう!



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

by sakenihon | 2010-03-07 05:54 | 酒蔵めぐり  

<< Xデーがついに来るか?  3月度 お休みのお知らせ >>