人気ブログランキング |

2009年 10月 14日 ( 2 )

 

酒蔵が食用米を販売


今日の日本経済新聞の記事で、 『酒蔵が食用米を販売』という記事がありました。

一の蔵さんが”ひとめぼれ”を発売し、酒販店で販売するのだとか。

そういえば、 「一ノ蔵農社」という農業法人を作って環境保全型の農業を進めているんでした。

協力農家とのタイアップ事業でもあるようで、農家の仕事を奪うものでもないようです。

農家・酒蔵・酒販店が共同で一の蔵ブランドの低農薬米を販売するビジネスなんですね。

吸収合併でなく、4社合同で大きくなった一の蔵さんらしい事業の広げ方だと思います。

少しお値段が高い(2500~3000円/5kg)のが気になりますが、

うまくいくといいですね。


『一の蔵』について過去のレポート



いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-10-14 20:19 | 本日の一献  

利き酒会に行ってきました。


今日は都内で開催された利き酒会にお邪魔してきました。

本来は酒販店さんや飲食店さん向けの催しなのですので、まさに”お邪魔”です。

いろいろ利いてきましたが、特に印象に残ったものをご紹介。

利き酒会に行ってきました。_f0193752_2348268.jpg

新潟県南魚沼市の青木酒造さんの『鶴齢』。利き酒会に行ってきました。_f0193752_23375034.jpg

もともと酸が軽くてサラリとしながら、旨味はしっかり。

食中酒として大変いいお酒。

20BYからは”越淡麗”という新しい酒米を

積極的にに使いはじめているそうです。

”越淡麗””山田錦””五百万石”の交配種で

収穫時期は9月後半。

「やわらかくてふくらみがある」という説明通りの印象でした。

鶴齢さんの持ち味とピッタリの酒米のようで、鶴齢さん人気がますます上がりそう。




利き酒会に行ってきました。_f0193752_23493448.jpg

富山県富山市の富美菊酒造さんの『羽根屋 純吟 富の香仕込 生原酒』利き酒会に行ってきました。_f0193752_2346144.jpg

"富の香”はこれまた富山県で交配された新しい酒米で、

”山田錦””雄町錦”の交配種だそうです。

グラスを口に近付けただけで、エステル臭(梨系?)が立ちます。

聞くと”1801”という高エステル生成酵母を使っているそうです。

酸は柔らかくサラリと飲みやすいお酒で、香り系がお好き

な方は要チェックかもしれません。




そして、一番のお気に入りはこれでした。

静岡県掛川市、 土井酒造場『開運』利き酒会に行ってきました。_f0193752_0163731.jpg

赤磐雄町を使った純米吟醸。

さらさらでありながら、ふくよか。

やさしい香りにまろやかな旨味。

雄町ってこんなに美味しかったんだ、と

あらためて気付かされた感じです。

飲み飽き無縁で、一人で一升瓶が空きそう。

今年はタンク一本だけの仕込みで、蔵にも

在庫はわずからしいです。

1.8L 3400円と少し高めですが、

見つけたら購入をおススメします。

(というか、私が買いたい・・・)


美味しいお酒が多くって、吐き出さずについつい呑みこんじゃいます。

終わった時にはいい気持になってました。

まだまだ、修業が足らないですなあ・・・・・





いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-10-14 00:37 | 本日の一献