人気ブログランキング |

2009年 12月 09日 ( 1 )

 

博多西中洲 酒BAR 「KEIZO」

佐賀の酒蔵を巡った後、最後に訪れた福岡県田主丸の『若竹屋酒造場』で

教えていただいたのは、『酒BAR KEIZO』。 博多西中洲のお店でした。
f0193752_22143064.jpg

福岡市に戻ったその夜、さっそく中洲へ直行。

中洲は西日本有数の歓楽街です。

中洲といっても那珂川を挟んで東中洲と西中洲に分かれます。

ざっくりいえば、東中洲はミニ歌舞伎町。 西中洲は赤坂か西麻布って感じです。

デジカメの液晶画面に映る小さな地図(上の写真)を覗きながら、

西中洲の落ち着いた路地をフラフラと探索。

那珂川の川辺のビルの2階に驚くほどスムーズに辿りつけた。

やはり酒の神さんのお導きだろうか?
f0193752_2343557.jpg

カウンター5~6席とテーブル席。 定員10人という感じのお店。

カウンターの中には日本酒が並んだ冷蔵庫と、焼酎が並んだ棚。
f0193752_23105889.jpg
f0193752_23121935.jpg

そしてカウンターの中には店主の田川敬三氏がひとり。

店主も腰かけて、客と同じ目線でのんびり話ができるお店です。

田川氏、のんべえの顔を見て驚いたような反応。

後で聞くと、フリーのお客さんはほとんどいないのでビックリしたとのこと。

若竹屋さんの紹介であることを伝えると、警戒感も霧消して大歓迎していただきました。

で、さっそく若竹屋さんからスタート。
f0193752_23173884.jpg
やはり「基本はお燗」なんです。 それもチャンとしたお燗です。

今回の旅で、改めてお燗酒の良さを再認識したのんべえ。

ただ、お燗だとペースが上がって飲み過ぎるのが困ったところ。

f0193752_23252660.jpg
「この酒呑んでみてよ」と勧められたのが『玉出泉』の大吟醸。

福岡市に隣接する二日市の大賀酒造さんのお酒。

太宰府天満宮の近くです。

田川さん曰く「これといって特徴はないけど飲める酒やろ?」

確かに大吟醸というより特別純米くらいの印象だけど

変な癖もないしバランスも悪くない。

一升で3500円ほどで価格もそれなり。

それにしても田川さん、少し無責任なお酒の進め方ですよね。

その裏にはこのお店のシステムが・・・・・

2時間飲み放題(軽い肴付き)で3000円ポッキリなんです。

全種類飲んでも3000円なら気楽に飲めます。

のんべえは会話が弾んであっという間に2時間が過ぎ、1時間延長の4000円のご会計でした。


なんと、のんべえと田川さんは同じ年齢。

田川さんは、のんべえが受験で落っこちた高校の卒業生。

もし、のんべえも受かっていたら同級生になる間柄だったんです。

共通の知り合いもいました。

アイヤ~奇遇ですなあ。  不思議なご縁。

またまた、嬉しい出会いがあった博多の夜でした。


実は、調子に乗って、この翌日も続けて行ってしまいました。

そして、その行動が次の出会いを招いたのです。


『酒BAR KEIZO』
福岡市中央区西中洲3-5 ホワイトビル2F
電話 なし
20:00~翌6:00




いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2009-12-09 00:09 | 本日の一献