人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

にしんの昆布巻

f0193752_200342.jpg昨年の年末、近くの大手スーパーで

『にしんの昆布巻』
を買いました。

正月用にワゴンに山積みで販売されていた商品

です。

にしんの昆布巻が特別好きなわけではありません

が、裏面の表示の中に『おおっ!』という箇所が

あったので、思わず買ってしまいました。
f0193752_1957744.jpg『中国産の昆布』と『アメリカ産のにしん』が

原料ですが、生産地は『富山県』

なっています。

『おおっ!』はこの『富山県』の部分です。

なぜ、この商品が富山県で造られているのか?

この理由、わかりますか?


ヒントは『北前船』。
f0193752_2275398.jpg


本来は昆布にしんも北海道の物産です。

かつて(江戸時代~明治初期)は昆布もみがきにしんも『北前船』という輸送船で北海道から

各地に運ばれていました。

その『北前船』の寄港地の一つが富山であり、運ばれた食材の加工の場所ともなっていました。

その名残りで富山県は現在でも『にしんの昆布巻』 『魚の昆布〆』『昆布入りかまぼこ』

などの昆布加工品の生産が多く、昆布の消費量日本一だそうです。


福島県での酒の肴として有名な『にしんの山椒漬』。

こちらも山形県の酒田まで北前船で運ばれた「みがきにしん」を陸路で福島へ運んだこと

から生まれたもののようです。


実は、のんべえがいま一番興味があるのが『北前船』。

きっかけは富山の『満寿泉』『舛田酒造店』さんへ行った時からはじまります。

『舛田酒造店』さんの生い立ちのHPをご覧ください。=> こちら!

実際に行ってみると驚くのですが、舛田酒造さんは海まで100mとないような場所にあります。

ここから『北前船』ってなに?という興味が湧きました。

少し調べてみると、日本各地の食材や文化を交易によって流通させ、日本人の味覚だけでなく

いろいろな文化の形成にも大きく関わっていたもののようです。

特に日本酒にとっては原料となる米の輸送、そして日本酒そのものの輸送にも大きく関係して

いることがわかりました。

各港での『北前船』の代理店的な役割を果たしたのが『廻船問屋』。

富山の舛田酒造店さんや愛媛の石鎚酒造さんの前身は『廻船問屋』だったとのこと。

直接にも間接にも日本酒と北前船は深~い関係があるようです。


北前船を調べてゆくと日本酒以外にも、現在の私たちの生活や文化のルーツがいろいろと見えて

きそうです。

まだまだ勉強中ですが、今年はつれづれに『北前船』をキーワードにしたネタもこのブログに加えて

ゆこうとおもいます。

よろしくお付き合いくださいませ~~


f0193752_2229183.jpg
満寿泉『舛田酒造店』がある富山市東岩瀬の現在の風景。

昔、北前船が停泊していたであろう岸壁には、外国船籍の貨物船。

積み荷は中古の日本車でした。







にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-06 22:59 | 日本の歴史  

『魔王』  のんべえ的楽しみ方

f0193752_027980.jpgある方から、なんと『魔王』をいただきました。

のんべえの酒好きと経済的苦境を見かねてのことなんでしょうが、

まだまだ世の中には優しい方がおられるものです。本当に感謝です。


《このブログは日本酒中心ですが、日本国内で造られた『和酒』であれば

地ビールや焼酎などもこだわらずに取り上げさせていただくつもりです。》



九州出身ののんべえにとって、焼酎は学生時代から日本酒以上に馴染みのあるお酒です。

のんべえの若い頃、博多の屋台の焼酎は『さつま白波』『霧島』『雲海』が定番で、『いいちこ』

はブレーク前でした。

東京で焼酎といえば酎ハイ用の宝焼酎しかなく、「焼酎のロック!」なんて注文すると本当に

馬鹿にされていました。

その後の二度にわたる焼酎ブームで、昨今のように焼酎があふれる飲食店の風景は隔世の

感があります。

その第二次焼酎ブームの主役が『森伊蔵』『伊佐美』などとともに『魔王』でした。

鹿児島の芋焼酎で、原料と製法にこだわり生産量が限られているため、なかなか手に入らない

『幻の焼酎』として今も品質と人気を保っています。

幸せなことにのんべえはブームの始まったころに手頃な価格で魔王をけっこう飲んでました。

ほっこりとしたサツマイモの香りが口中に充満して、いかにも芋焼酎という感じです。

味自体は重厚ですが、舌触りはアルコールのピリピリくる感じが少なくて大変飲みやすい

滑らかさがありますので、従来の芋焼酎の野暮ったさを覆すようなお酒だと思います。

せっかくの魔王ですから、なにかのんべえらしい楽しい飲み方はないものか?と考えました。

そこで・・・・・・『芋』と『芋焼酎』でどうだ!?企画
我ながら、ちょっとアホっぽいかとも思いましたがやってみました。
f0193752_20215510.jpg


といっても、ただのおイモではありません!
f0193752_23481917.jpg
 サツマイモ三種!

まん中の黄色いのが『安納芋』
以前、 10月に紹介した蜜がしたたる糖度最高のお芋。

右側のが『種子島ゴールド』という紫イモ。  鮮やかな紫色でおいしそう!

カミサンは「ムラサキなのになんでゴールドなんやあ!」とわめいておりました。

そして、左側の白っぽいお芋が本日の主役の『黄金千貫』というお芋。

上質な芋焼酎の原料となるのが主にこの『黄金千貫』です。

国産で丹精込めて造られた『黄金千貫』は大量にできないために、『魔王』のような上質な焼酎

も量が限られるのです。

一時、人気が出た銘柄の焼酎が大量にスーパーの店頭に並ぶようになると、良質なお芋の確保

が間に合わなくなって、他の品種のお芋や海外産(主に中国産)や、冷凍のお芋を混ぜるように

なってしまいます。

表示は「黄金千貫使用」のままですが、使用率がぐんと下がり突然に味が格段に変わってしまう

ということが珍しくないというのが現実です。  大変残念です。


講釈が長くなってしまいました。 ごめんなさい。

まずは『安納芋』『魔王』
f0193752_1561570.jpg
まあ、想像通りのとびきり甘い安納芋と魔王は悪くない組み合わせです。

多少安納芋の方が濃厚で勝ってしまう感がありますが、十分楽しめる組み合わせでした。

次に『種子島ゴールド』『魔王』
f0193752_265984.jpg
『種子島ゴールド』は初めて食べましたが、思ったほどの甘みも香りもなくて、ちょっと拍子抜け。

なんともコメントしにくい・・・・・・・というのが本音。 悪くはないけど期待が高かっただけに・・・・・

そして、最後が『黄金千貫』『魔王』
f0193752_210342.jpg
焼酎造りに向いてるとはいえ、食べて美味しいかは別モノ。 

見かけもイマイチですしお値段も三種の中では一番お安めです。

正直なところ期待してませんでした。

ところが、ところが食べてビックリ! 甘さもあり、何といっても香り高い。

あの魔王から漂うお芋の香りで、大変お芋らしいお芋といった感じです。

我が家のくちウルサイ娘どもの評判も上々。

そうなると、当然のことながら魔王とも自然にマッチしてしまいます。

さらにおもしろいことに、今まで感じたことがなかった魔王の米麹の香り を感じたのです。

焼酎とはいっても、その発酵過程の最初は日本酒と同じくお米から麹を造ります。

いつも日本酒で親しんでいる、米麹の香りがほんのりと口の中で広がった瞬間は驚きと感動

でした。  

酒と肴があまりにも自然な組み合わせだったために、奥深い香りまで気づかせてくれたの

かもしれません。 

今まで焼酎を飲んで米麹の香りなんて感じたことがなかったので、大変感動的?な経験が

できました。 

やっぱりお酒は楽しんで飲まなくっちゃね! ん~~~~幸せ!


今回は魔王はオンザロックで楽しみましたが、次回はお湯割りを試してみたいと思ってます。






にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-05 02:50 | 本日の一献  

本日の一献  《元日の一献》

せっかくの元日の一献ですから、何か特別なお酒がほしいものです。

ということで、取って置きの一本を開栓しました。

12月のはじめに買っておいたもので12月3日の更新でも紹介した四国高木酒造さんの

『豊の梅 大吟醸原酒 2002年』です。

広島県産山田錦を35%まで精米したお酒で、その年の日本酒観評会で金賞を受賞したもの

と同じタンクのお酒です。f0193752_22224015.jpgf0193752_22233849.jpg

それだけいいお酒を6年間も瓶詰状態で冷蔵保存したお酒です。

滅多に飲めるものではありません。

いつ開けようかと思っていましたが、年の初めに気合いを入れて開けることにしました。

お正月ですから肴には事欠きませんが、写真はのんべえの得意な肴、ホタテの粕漬け焼き。
f0193752_2327279.jpg
写真でも少しわかると思いますが、古酒らしく薄く黄みがかった色あいです。

口に含むとナッツのような香りとブドウに似たフルーツ系の香りがかなり濃厚に薫ります。

味はまず甘味を強く感じます。 

レベルの日本酒度は+6度で辛口を示していますが、6年を経た今では―10度以上の甘口へ

変貌しているようです。 

普段は日本酒を飲まないカミサンと娘にも舐めさせてみましたが、「甘いね」という感想でした。

無ろ過の原酒のために瓶詰後も発酵が進んで酒質が変わったのだと思いますが、具体的な

メカニズムまでは説明できません。

酸味もわずかに残っているので甘ったるさはありません。 深い旨味やコクを感じます。

少し前に紹介した『満寿泉 全麹』の香り・味わい・舌ざわりにかなり似ていますが、全麹ほどは

甘くなく、こちらの方がさらりとして飲みやすいように感じます。

全麹はデザート向きでしたが、こちらは写真の「ホタテの粕漬け焼き」のような塩分が強い肴でも

かまぼこのようなあっさりしたものでも合いました。

「古酒」といっても本当にいろいろありますが、このお酒はかなり上品且つ上質な古酒である

ことは間違いありません。

元々が最上質な日本酒を低温で寝かせるとここまで深みが増すのか!という見本のような

お酒でした。   

酒の神様、ごちそうさまでした!



正月早々贅沢なスタートを切らせていただきましたが、今年は『いかに低価格で上質なお酒を

いかに美味しく飲むか?』
を真面目に??探究できるよう努力したいと思いまーす。








にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-03 23:59 | 本日の一献  

新酒の目印 《杉玉》


f0193752_1733722.jpg
12月20日更新の記事の上の写真に対して、三宅島のmbabanomeさんから以下のコメントをいただいておりました。
    「私はシャッターの上のところにぶら下がっている物が気になりました~
     蜂の巣ってことは無いですよね^^」


それ以来、新年一発目のネタは『杉玉』にしようと決めておりました。

写真に写っている、軒先からぶら下がっている茶色い丸い物体は、『杉玉(すぎたま』とか

『酒林(さかばやし)』と呼ばれているものです。 蜂の巣ではありません。

酒蔵の目印であり看板代わりのトレードマークの役割をするものです。

杉の穂先を集めて造られています。

毎年、新酒の搾りが終わると酒蔵の軒先などに新しい杉玉をぶら下げます。

これによって『新酒ができましたよ~~』ということを知らせるわけです。

ぶら下げてすぐは下の写真のように蒼蒼とした色です。
f0193752_17552476.jpg
酒蔵にとっては杉玉を下げた日がその年の商いの始まりとなりますので、、酒蔵にとっての元日

のようなものともいえますね。  

角松のような縁起物としての意味合いが強かったのではないでしょうか。


その後、新酒として出荷される以外のお酒は涼しい酒蔵で貯蔵されて夏場を越え、

秋頃に熟成が進んで飲みごろになったころ、『ひやおろし』などと表記して出荷されます。

そのころには杉玉はすっかり茶色に変色し、『お酒がおいしくなったよ~~』と知らせてくれる

というわけです。
f0193752_1894863.jpg
江戸時代から続く洒落たプロモーションですね。


どうして酒蔵に杉の葉があるのか?という疑問があるとおもいます。

杉の木は酒蔵自体の建材のほか、酒樽や桶などの酒造りの道具のほとんどに使われて

いましたし、杉の葉は抗菌・殺菌効果はあるとのことで、道具を洗うためのブラシやほうき

として幅広く使われていました。

お酒を搾っている最中に麻の袋が破れた時には、破れた口から杉の葉がついた枝を

突っ込んで応急処置にも使っていたそうです。(これは石川県の久世酒造店の先代さん

から聴いたことです。)

このように杉と酒蔵は切っても切れない関係で、杉の葉も酒造りの間は必ず酒蔵に

あったと推測されます。

酒造りが一段落ついた時期に、蔵人が余った杉の葉を使って杉玉を造っていたのでしょう。

それは酒造りの緊張感を紛らわす気晴らしでもあったし、『今年も仕事したど~』という証の

意味もあったのではないかと空想しております。


ちょうど今は酒造りの最盛期。 搾りも始まっている頃ですね。

今年も全国で様々な美味しいお酒が続々と出来上がっているんでしょうね。

本当に楽しみです。

健康な飲酒生活を今年も続けられることを切に願い、杉玉の写真展をお届けしま~す。
f0193752_18322749.jpg
f0193752_18323787.jpg
f0193752_18324874.jpg
f0193752_18325622.jpg
f0193752_1833770.jpg
f0193752_1833184.jpg
f0193752_18333168.jpg
f0193752_18334080.jpg
f0193752_1833551.jpg
f0193752_1834324.jpg

f0193752_33362.jpg

f0193752_354456.jpg
f0193752_362659.jpg
  

ご鑑賞ありがとうございました。





にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-02 18:45 | 酒蔵めぐり  

謹賀新年

皆様、新年明けましておめでとうございます。

どん底状態の経済状況ですが、これ以上悪くはならないよ~~~っと

明るく2009年を迎えましょう!

四国酒蔵巡りも年末ギリギリで終了しましたし、今年は少しゆっくりペースで

更新させていただこうかと思っています。

できれば極寒の2月に酒蔵巡りをしてみたいなあとも考えていますが、実現できるか?

乞うご期待!

本年の応援よろしくお願いいたします。




にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-01 17:10 | その他いろいろ