人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

関東信越きき酒会

またまた更新が滞ってました。

この間何をやっていたかと言うと、メニュー開発。

特に「モツ煮」です。

先週の北千住の「大はし」さんに続いて、浅草の屋台風居酒屋街へも出没して、

モツ煮とか牛スジ煮を食べ歩いてます。

現在メニューになっているモツ煮は豚を使ってますが、牛もありですね。

とりあえず、牛スジの煮込みを作ってそこに豆腐(大はしさんのパクリ?)と

煮玉子を加えたものを作ってみましたが、難しいものです。

牛スジは堅過ぎてもダメですが、柔らかすぎてもスジらしさがなくなりますね。

次は牛モツ(てっちゃん・アキレス・センマイ・・)の煮込みに挑戦しようと準備中。


さて、先日8日に埼玉スーパーアリーナで開催された『関東信越きき酒会』へ

行ってきました。

関東信越国税局管内の埼玉・群馬・栃木・長野・新潟・茨城、6県のきき酒会です。 

デカイ箱ですが、何といっても出品蔵数も多くって大盛況でした。
f0193752_11331072.jpg

営業開始前に慌てて廻ってきたので、細かな印象までは残っていないのですが、

全体的にいい印象だったのが群馬県と栃木県でした。

群馬は全体に優しくて柔らかくバランスのいいお酒が多いですね。

栃木は各蔵が特徴的で頑張ってるなという印象です。

記憶に残ったのは、栃木の『仙禽』『渡船(府中誉)』『惣譽』『四季桜』

群馬の『群馬泉』『桂川』、新潟の『王紋(夢)』などなど。
f0193752_1147062.jpg
f0193752_11471619.jpg
f0193752_11473338.jpg
f0193752_11482361.jpg

蔵元さんとゆっくりお話する時間がないのは仕方がないけど、ちょっと残念。

ほとんど飲まずに吐き出してはいたんですが、終わるころにはほろ酔いでした。

これからはきき酒会のシーズンですね。

21日の栃木の新酒発表会(北千住)、23日の山形県のきき酒会(池袋)、

5月の長野県の酒メッセなどに顔を出す予定です。

見かけたら声をかけてくださいませ。

栃木県の会の後はまた『大はし』に立ち寄りそうな欲望が湧いております・・・

さあ、今日は土曜日。お天気もいいし! 

たくさんのお客様が来て下さればいいですねえ。

じゃ、これから買い出しに行ってきま~す。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

by sakenihon | 2010-04-10 11:58 | さなぶり  

決戦の土曜日は・・・

せっかく桜は満開なのに、雨が降ったり寒かったりで花見日和は訪れませんね。

さて決戦の土曜日は、お陰さまで賑やかでした。

初めての一人での1階と2階同時営業は、お客様のご協力と忍耐でなんとか乗り切りました。

いただいた注文を忘れて催促を受けることしばしば・・・

減少を続ける脳細胞の要領オーバーで、頭が真っ白になること数回。

いつもながらお客様に申し訳なく思っておりますです。 すみません。


昨日の日曜は22時半で営業を終わらせていただき、一カ月ぶりに千葉の家へ

帰ってきました。 

家族の顔を見て、短時間ですが話をして、高校生の娘に足と背中をマッサージしてもらって、

少しだけ充電できました。

今日(月曜日)は浦和に戻る途中で北千住で下車。

たまたま欲しかったお酒が北千住の酒屋さんにあったから。

それを買ったついでに、北千住の有名居酒屋『大はし』さんへ行ってきました。

太田和彦さんも紹介されている、『肉とうふ』が名物の居酒屋です。


店に着いたのは開店10分前の16時20分。

小雨降る店の前にはすでに数人の開店待ち客が・・・

開店時には行列は20人程になっておりました。

そして、開店5分後には約40席の客席はほぼ満席。

その一度に来るお客様の注文をオヤジさんと息子さんの二人で遅滞なくこなすの

ですから凄いもんです。

ここの『肉とうふ』は関東では珍しく豚ではなく牛肉の煮込みです。

味が染みているのに歯ごたえはしっかり。

部位はスネ肉かな?などと思いながらいただきました。

豆腐も木綿ではなくトロンとした絹ですが牛肉の甘じょっぱい旨味がよく滲みてました。


私の滞店時間はわずか30分でしたが、大変勉強になりました。

急いで浦和に戻って18時15分には店の明かりを付けましたが、さすがに雨降りの月曜日。

のんびりした時間が流れておりますよ。

ブログの更新や新しいメニューの試作などで夜はふけてゆきそうです。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

by sakenihon | 2010-04-05 22:26 | さなぶり  

決戦の土曜日だぁ~

いい陽気になりましたね。

桜の花も見頃です。

が、のんべえはそんな余裕もなく土曜日の夜に備えてます。

このところ土曜日が一番お客様が多くて賑やかなんです。

さらに今日は6名のご予約を2階の座敷でお受けしているので、

ホントに一人でこなせるか? 勝負です。

老体に鞭打って頑張ってみます!



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

by sakenihon | 2010-04-03 14:57 | さなぶり  

福島県 自然郷

HPのメニューをやっと全面更新しました。

一か月も経つと全く内容が変わってしまっていました。すみません。


和酒処さなぶりを開店させる前から、是非置きたいと思っていた大木代吉商店の

『自然郷』をようやく置くことができました。

福島県の矢吹という小さな町にある酒蔵です。

先日行った都内でのきき酒会で蔵元さんにもお会いし、改めて試飲してみての結果です。

蔵には一昨年の6月に訪れていますが、ノーアポだったので店先にお邪魔し奥様とお話し

ただけで蔵の中へは入ってませんが、お酒の酒質には大変興味がある酒蔵でした。
f0193752_1135394.jpg

この蔵は無農薬自然栽培米にこだわり、お酒は大変アミノ酸が多いお酒です。

つまり、スッキリしてなく重たいお酒です。

あまりにアミノ酸が多いので料理酒として花開いたのが『こんにちは料理酒』。

日本食だけではなくフレンチやイタリアンのシェフなどにも愛用されている

知る人ぞ知るの料理酒が造りの半分を占めているほど。

主要銘柄の『自然郷』も大変重厚なお酒だったのですが、数年前に南部杜氏から

越後杜氏へ変わったのがキッカケで随分酒質が穏やかに変化しました。

というのも、その越後杜氏というのが新潟の白滝酒造さんで上善如水を永年醸して

こられた高綱杜氏さんなのです。
f0193752_11395436.jpg


ご存知の通り、上善如水はすっきりしすぎるほどスッキリしたお酒で、自然郷とは

全く対照的なお酒ですので、随分思い切った切り替えです。

その結果、自然郷もかなりやわらかな酒質になっていました。

お酒の銘柄も『自然郷 さわやか』となっています。

でも、最近のスッキリ系のお酒に比べるとまだまだコッテリとしていて福島らしい

旨味の強いお酒です。

今回、自然郷の純米酒をメニューに加えたほか、本醸造を定番酒に加えることにしました。

いままで唯一の定番だった富山の満寿泉白ラベルに次いで二つ目の定番となります。

満寿泉は辛口系、自然郷は旨口系ですね。どちらも常温保存でグビグビ飲めます。

ついでに料理酒も「こんにちは料理酒」を使うことにしました。

通常の料理酒の3分の1くらいの量で食材の旨味を引き出してくれるんだそうです。

お酒の力って凄いもんですねえ。やっぱり。



『浦和 和酒処さなぶり』のHPへ 


いつものんべえのブログを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」に参加しています。
こちらのバナーのワンクリックがのんべえの励みになります。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

Lancers.jp

by sakenihon | 2010-04-01 11:46 | 酒蔵めぐり