人気ブログランキング |

本日の一献《10月25日》 喜島三宅

ここは日本酒主体のブログではありますが、せっかく三宅島のmbabanomeさんから情報をいただきましたので、『喜島三宅』という芋焼酎を求めて(本当は三宅島に向かいたいところですが)今日は都内水道橋で三宅島に出会ってきました。

つい最近までJR水道橋駅は私の通勤駅でしたのでかなり土地勘はありましたが、こんな店がこんなところにあったとは・・・・
f0193752_2014112.jpg


f0193752_20363241.jpg
店名『潮騒SHIO‐SAI」』
ここは伊豆七島から直送された味覚を存分に味わえます。
それもそのはず、親会社は三宅島でスーパーマーケットを経営している、まさに島直営のようなお店です。 『喜島三宅』をネット検索して見つけました。
噴火による全島避難で開業されたそうです。


まずは一献!
目的の『喜島三宅』をロックでいただきました。
命名は石原都知事だそうです。もちろん「喜島」は「帰島」を掛けたネーミング。

f0193752_20455364.jpg
f0193752_20493220.jpg


残念ながら酒蔵自体は未だ復興できていない状態のため『喜島三宅』は三宅島産のサツマイモを鹿児島県に送って、鹿児島の酒造メーカーで造られています。
苦肉の策なんでしょうが、三宅島と鹿児島、ともに火山で苦労している地域の連携プレーで美味しい焼酎が造られている。 それもまた良しです。
ラベルに表記はありませんでしたが、芋は黄金千貫、麹は黒麹かな?という本格焼酎です。
お芋の甘い香りがかなりしっかり出ていて、どっしりとした味わいの『焼酎好きの焼酎』という感じですね。飲んでみる価値ありです。
人気が出ると生産が間に合わず、冷凍や中国産のサツマイモを混ぜてしまう蔵もあると聞きます。
その点『喜島三宅』は三宅島産の芋を使うことに意味がありますから、安心できる焼酎ですね。
その代り品切れもあるようですが、自然相手ですから仕方ありません。
三宅のそして東京の芋焼酎と胸を張れる一品だと思います。

それに合わせてた肴は『尾長鯛の造り』
尾長鯛の造りも生まれて初めてです。7kgほどの大きなものだったそうです。
f0193752_20523329.jpg

尾長鯛。最高です。
ねっとりした食感がたまりません。(表現、下手かな?)
余計な脂がなくて、新鮮さが伝わってきます。本当に美味しかったです。
塩、わさび醤油、そして伊豆七島独特の刺身の食べ方「からし醤油」がそろった嬉しい演出。
島の魚は全体的にあまり脂はのらないあっさりした味わいだそうです。
日本酒に合います。

続いては日本酒で二献目!
お酒は栃木県小山市 小林酒造『鳳凰美田』
小さいながらもコツコツがんばってる実力派のお蔵さんのようです。
このお酒、お友達の高橋さんからウマい!っと聞いて、飲んでみたいと思ってたんです。
これもめぐり合わせ!? それも季節柄の「ひやおろし」ですよ~~~
これは頂くしかないでしょう。
f0193752_21553375.jpg
f0193752_2156984.jpg
ちと、写真が曲がってますが・・・
五百万石の精米50%ですから、大吟醸の生詰めといえますね。
美味しくないはずはないんです。
ん~~いい酒でした。
淡麗な口当たり、適度ですっきりした吟醸香。
今度は地元美田地区産「若水」を使った純米酒も飲んでみたいなと思います。


肴は『金目鯛のなめろう』
f0193752_22114419.jpg


聞いたことありますか?『金目鯛のなめろう』なんて。
『なめろう』は普通は新鮮なアジの刺身をたたいて、酒・みりんなどで溶いた白みそを合わせた房総の郷土料理です。三宅島では金目鯛ですか?贅沢ですよーー

これは、酒がすすむでしょう。しかたないでしょう?

調子に乗って三献目!
お酒は高知県安芸郡の南酒造場の『南』。
高知県は7月に回ってきたばかりですが、まったくノーチェックのお蔵です。
(またまた写真が曲がってます。ごめんなさい。)
f0193752_22385770.jpg
松山三井を60%まで精米した特別純米です。
辛口ですが高知県のお酒の割にはやさしい口当たり。
酵母は高知酵母としか書いてませんが、結構香りが出るタイプのCELL‐11あたりかな?
f0193752_22432349.jpg
肴は調子に乗って『くえの煮付け』を頼んだんですが、あまりの美味しさに写真を撮るのを忘れて、こんな状態になってしまいました。


てなわけで、島のうまい魚を堪能して上機嫌な時を過ごせました。
「くさや」だけでも5~6種類。「サメのくさや」なんてものもあって、次回は友達を誘って行きたい店です。
三宅島に行くともっとおいしいんでしょうねえ。更なる復興を心よりお祈りします。

お陰様で鳳凰美田まで飲めました。
本当に感謝!感謝! ごちそうさまでした。  
美味しい魚たちに合掌。

# by sakenihon | 2008-10-27 00:11 | 本日の一献  

日本酒 酒造り体験講座 第一回報告

遅くなってしまいましたが、19日に茨城の木内酒造さんで参加してきました、2008年日本酒造り体験講座のご報告です。
今回が搾りまでの全4回の第1回目となり、洗米から蒸し、そして米麹造りまでの工程を体験してきました。
いくら本を読んでもわからない疑問が1日のちょっとした体験でも随分理解できました。
やはり『百聞は一見にしかず』ですねえ。

写真と共に一連の流れを少し細かくご報告しますので、お付き合いください。

f0193752_23334388.jpg
まずはスタートにあたって、木内酒造の木内社長さんからの挨拶。
やはり事故米などの問題に腐心されておられるようです。ブランド価値の構築が益々大切だとのごあいさつでした。


f0193752_23351617.jpg
さあ、いよいよここで作業開始です。


f0193752_23181253.jpg
ふと、真上を見上げると巨大な梁。
その上に墨で書かれた文字で平成四年九月の新蔵であることがわかります。
大工さんと施主(蔵元)の名前も。
これからここでいったい何年の歴史が刻まれるのでしょうか・・・・・



さあ、いよいよスタートです。
f0193752_23472569.jpg
今回の酒造りの計画がホワイトボードに書かれています。
精米歩合50%の大吟醸酒を造る計画です。
ポイントはお米に計画通りの量の水分を吸収させること。
多くても、少なくても、ムラがあっても駄目なんですね。


f0193752_0243.jpg
10月5日にみんなで稲刈りした『ひたち錦』が精米歩合50%まで磨かれていました。
水晶のように輝いています。
このままで噛んだら、甘いかな? いえいえ、バリバリ噛んで、いくら噛んでも甘みはでませんでしたよ。


f0193752_23553711.jpg
まずはそのお米を小さなザルに分けて準備します。


f0193752_09946.jpg
それぞれのザルのお米が均等量になるよう正確に計量します。


f0193752_0145122.jpg
次にザルごとにお米を洗います。
精米後にお米の表面にわずかに残った米ぬかを洗い流すための『洗米』工程です。
洗米時間も秒単位で測ります。
今日は30秒でした。


f0193752_0224137.jpg続いて『浸漬』の工程。本格的にお米に水を吸わせる工程です。
今日の水温は18℃。かなり暖かい状況です。
水温が暖かいほどお米が水を吸うスピードは速くなります。
したがって作業があわただしくなり、大量に処理すると間に合わなくなります。
その為もあって、酒造りは水温の低い冬に行うのだそうです。


f0193752_029131.jpg
規定の時間を測りながら、水に漬けた順にザルを水から引き揚げて、水を切ります。


f0193752_0315690.jpg
『浸漬』の後、水が切れた状態のお米です。
『洗米』前に比べて水晶色が真っ白に変わり、指で押さえると表面が簡単に潰れるくらいにやわらかくなりました。


f0193752_038479.jpg
すべてのお米の水が切れたら、いよいよお米を蒸すための甑(こしき)に移します。
甑は巨大な円形の「せいろ」です。


f0193752_0425293.jpg
隅々まで丁寧に表面を平らにならします。
お米のいい香りがします。
炊飯と違ってお米が対流しませんので、隅に隙間があると蒸気が漏れて蒸しむらができるそうです。


f0193752_0462018.jpg
準備が終わると、幾重にも布(化学繊維)で蓋をして、ロープでしっかり固定します。


f0193752_0502324.jpg
そして、『蒸し』です。
甑の下からボイラーで作った蒸気が吹き込まれます。
それによってかぶせられた布の蓋は丸く膨れ上がってきました。
約1時間で蒸しあがり。


f0193752_0531736.jpgお米を蒸している間に精米機を見せてもらいました。
日本酒用の『竪型精米機』です。
上から下へお米が落下する途中でプロペラのようなものが回転してお米が削られます。
落ちたお米はまた上部へ運ばれ、また落とされるという繰り返しが数十時間も続けられます。
お米の温度が上がったり、割れたりしないようにじっくり時間をかける徹夜の作業です。


f0193752_161423.jpg木内酒造さんではワイン造りにも挑戦中。そのためのブドウ畑や水戸市内で経営されている飲食店「な嘉屋」で使われる無農薬野菜が酒蔵の裏で栽培されています。

f0193752_1144260.jpg酒造りで出た酒粕を肥料に利用しているそうです。
そのため、周辺の農薬を使った畑から害虫が集まってきて駆除が大変だそうです。
やはり、「無農薬」って容易にできるものではないのですね。
それらも、蔵びとさん達が酒造りと並行して行っています。


f0193752_1204174.jpg
お米が蒸しあがりました。
昔は蔵人が甑の中に入ってスコップで掘り出していましたが、今は文明の利器(リフト)で釣り上げて、お米を適温に冷ますための放冷機へ移動します。


f0193752_1295742.jpg
写真の手前からお米を投入すると、コンベアに乗って少量づつ奥の方の送られます。
その間に送風によってお米が冷まされる仕組みです。
小規模なお蔵では現在でも昔と変わらず、床にお米を広げて冷ましているところもあります。


f0193752_1343749.jpg
放冷機から出てきたお米は、適温に冷めていることを温度計で確認しながら、それ以上冷めないように小分けにされて布に包まれます。


f0193752_1371296.jpg
放冷機の中のお米は一粒も残さないよう最後まで集められます。
お米を無駄にするともったいないことはもちろんですが、計画量が狂ってしまい思ったようなお酒ができなくなります。


f0193752_1414780.jpg
蒸しあがり、適度に冷めた状態のお米です。
炊いたお米とは全く違い、水分が少なくパラパラ・コロコロとした感触です。
食べると硬めのお餅のようでモチモチしています。
噛んでもなかなか口の中で溶けずガム状になります。
強烈な甘みがドンドン湧いてきます。


f0193752_1514927.jpg
いよいよ米麹をつくる工程です。
室温30度以上、湿度50%以上に設定された麹室(こうじむろ)と呼ばれる部屋での作業です。
当然、手は十分に殺菌洗浄、靴は脱いで入ります。
まずは大きな台(床)にお米を5cmほどの高さに均等に広げ、もう一度冷ましながらお米の温度を測ります。


f0193752_1544423.jpg
お米の温度が適温になったところで、麹菌を万遍なく振りかけてゆきます。
日本酒造りに使われるのは「黄麹菌」というものです。
お米一粒一粒にくまなく菌が付くように、お米をひっくり返したり混ぜたりしながら何度も菌をま撒きます。


f0193752_244660.jpg
麹菌を撒き終るとお米を床の中央に集めて蒲鉾状に盛り上げます。
できるだけ温度ムラができないようにするためです。


f0193752_2738100.jpg
そのお米に幾重にも幾重にも布をかぶせ、包みこみます。


f0193752_210442.jpg
これで本日の工程が終了です。
明日まで丸1日麹菌がお米に繁殖するのを待ちます。
自然に50度ぐらいにまでの高温になるそうです。


翌日以降は温度管理がし易いように小型の箱に小分けにし、お米への麹菌の破精込み(はぜこみ)を促進する仕事となります。「破精込み」とは、麹菌がお米に繁殖してお米の内部まで菌糸を伸ばす状態のことをいいます。その過程が終わると米麹の完成で、酒母造り(もと造り)、仕込みへと続いてゆきます。
それは杜氏さんの職人技の世界になりますので、お任せすることになります。

次回の体験講座はこの1週間後の26日。
もろみの発酵具合を確認し、「添え」という仕込みの中の工程を体験します。

私は初めての参加でしたが、徐々に参加者のみなさんとも仲良くなってきました。
次回また会えるのが楽しみになってきました。

本当に『百聞は一見にしかず』です。

杜氏さん、蔵びとさん 皆様本当にお世話になりました。感謝です。
また、次回もよろしくお願いします。

# by sakenihon | 2008-10-24 02:40 | 日本酒の作り方  

日本酒の健康な飲み方

『酒は百薬の長』といいます。
のんべえの言い訳ではなく、古くは日本酒は本当に薬として利用されていた時代もありました。
まさに酒=薬です。
『薬』なんですから、当然ながら用法・用量は守らねばなりません。
風邪薬を一度にたくさん飲む人はいませんが、お酒は油断するとつい飲みすぎてしまいます。

でも日本酒も用法・用量を守って摂取すれば正に薬としての効果を発揮してくれます。
では日本酒の用法・用量とはなんでしょうか?
私は以下の点に気をつけて飲んでいます。

① 『適量』を守る。 
  適量は人によって違いますが、私の場合は一日2合程度です。

② ゆっくりいただく。 
  アルコールは酔いが回るのに時間がかかりますので、一気に飲むと酔いを感じる前に適量
  オーバーの危険性があります。ですから特に最初はゆっくりと。

③ 必ず『肴』をいっしょにいただく。
  お酒の旨味と肴の旨味が合わさって幸せ10倍です。
  ゆっくりいただくことにも通じます。肴も味わいながらゆっくりと。
  
④ 一人酒は極力避けます。必ず楽しい会話をしながらいただく。
  理想は3人ですね。会話が最も盛り上がる人数。
  多すぎると宴会的な盛り上がりでペースが壊れてしまします。
  家での晩酌の場合は、家族を巻き込みます。
  さらに家族は飲みすぎを止めてくれます。叱ってくれます。

⑤ 肴はできるだけ自分で造る
  自分で作ったものは、ゆっくり食べたくなるものです。
  家族にも食べて意見を言ってほしいもの。できれば「おいしいね!」って。
  そうすれば、自然に家族との会話が生まれます。

⑥ そして『和らぎ水』が大切です。
  バーでウイスキーのストレートやオンザロックを頼みますと、「チェイサー」と呼ばれる水が
  セットで出てきます。
  それと同じものを日本酒の場合『和らぎ水』といいます。
  『和らぎ水』は氷は入れず、あまり冷やさずがいいようです。
  贅沢をいえば軟水の柔らかいものの方が酒や肴の邪魔をしないのでお薦めです。
  お酒と同等位の『和らぎ水』をいただけば、アルコール度数は半分になります。
  また、時々お水で舌を洗うことで、味覚が衰えずいつまでもお酒を美味しくいただけます。

  アルコール摂取は逆にのどが渇いてしまう効果がありますので、喉の渇きを癒すために
  さらに飲んでしまい飲みすぎとなります。
  適量の酔いを感じたら、水の比率を上げてゆきます。要は口がさみしいだけですから。 
  
そうはいっても中々その適量を守れないのがのんべえの常なんですがね。
特に外では差しつ差されつだとマイペースでは飲めませんし、『和らぎ水』を出してくれる店もまだまだ少ないでしょう。
でも、これを実行すれば『日本酒は薬』になります。

是非お試しくださいまし。

(日本酒の効能についてはまた後日・・・)

なお、この記事は三宅島のmbabanomeさんから私の飲みすぎを心配したコメントがキッカケで作成しました。

# by sakenihon | 2008-10-21 19:20 | 日本酒と健康  

唐突ですが、アンパンマンの写真の説明します

このブログのスタート当初から私の顔写真の代わりに使わせていただいております、写真に付いて説明させてください。

トップ右上に貼りついております写真をもう少し引いたものです。
f0193752_19141363.jpg


ここは高知県南国市にあります土佐くろしお鉄道阿佐線(あさせん)の後免駅のホーム
今流行?のゆるキャラらしき人形とアンパンマンと石碑???なんじゃこれはってシャッターを押した一枚です。

アンパンマンの作者、やなせたかしさんは高知県の出身で、後免野田組合小学校(現南国市立後免野田小学校)の卒業だそうです。
そんな訳で後免駅のホームにアンパンマンとやなせたかしさんの書かれた詩?の石碑が立っていたというわけです。
もちろん私は今年7月中旬の蔵めぐりの途中で偶然にこのホームに降り立ったわけで、アンパンマンのファンというわけではありません。
でも、今夏の猛暑、ピーカンの空に下でこの風景に出会った時は、チョット感動いたしました。
後免の地名に掛けたこの詩「ごめん駅でごめん」もいいじゃあありませんか?
≪右上の小さな写真をクリックすると拡大してよく読めます。≫
素直な気持ちに戻れそうな詩ですよね。(曲にはなってないのかな?)
そんなこんなで、私のお気に入り写真の一枚となり、ブログの表紙を飾ることになりました。

土佐くろしお鉄道阿佐線というのは、この後免駅と奈半利駅を結ぶ鉄道で通称「ごめんなはり線」と呼ばれています。
「ごめんなはり線」には20の駅があって、そのすべての駅それぞれにやなせたかしさん作のキャラクターがいるんです。
石碑の上のキャラクターは後免駅の「ごめん えきお君」

各駅の駅名表示もこんな感じ。
f0193752_1956912.jpg


さらにさらに「ごめんなはり線」には「オープンデッキ車両」というものまであるんです。f0193752_2050961.jpg

写真には写ってはいませんが、デッキから見えるのは広大、雄大な太平洋です。
(写真に写ってるのは私ではございません。)
f0193752_20511613.jpg


2両だけしかないため、1日に数回だけしかチャンスはないそうですが、偶然にも私はピッタリこの車両に乗り合わせて写真を撮ることができました。
これも何かの縁を感じます。

私の目的地、「高木酒造」さんがある赤岡町の「赤岡駅」にはキャラクター達が大集合して私を迎えてくれました。
f0193752_201468.jpg


f0193752_2014582.jpg


赤岡町はこのほかにもご紹介しなければ!っというものが沢山ありますので、後日高木酒造さんの紹介の時に詳しく書こうかなと思ってます。
とにかく町の方々が本当に赤岡を愛し、街の歴史や祭りごとを大切にされていることがずっしり伝わる、本当にいい街でした。
こんな街でおいしい日本酒が営々と造られていると思うと、それだけで幸せを感じます。

高知県には「アンパンマンミュージアム」もありアンパンマン列車も走っているんですよ。
f0193752_19292486.jpg


f0193752_1931740.jpg



さらにさらに高知県は、はらたいらさん、「赤ベエ」の黒鉄ヒロシさん、「土佐の一本釣り」「純平」の青柳裕介さんなど多くの漫画家の出身地で『まんが王国』とも呼ばれるほど。
なんだか、高知県というと男性的な荒々しいイメージがあったんですが、青い空と海と楽しいキャラクターで埋め尽くされた、大変たのしいー県なんだと認識を新たにしました。

黒鉄ヒロシさんと司牡丹酒造の会長さんは従兄の関係とか、「土佐の一本釣り」「純平」の舞台となった土佐久礼(くれ)の西岡酒造さんには「純平」というお酒があるとか、楽しいネタがまだまだたくさんあります。
また順を追って・・・・・

また、今日も更新長くなった~~
最後までお付き合いいただいてありがとうございました。 
 ペコペコ

でも、今回が本来このブログでやりたかったことのイメージに一番近いかもしれません。
こんなコンテンツと日本酒をセットでご紹介できたらと思います。
もっと文章うまくなりたい・・・・・・・

# by sakenihon | 2008-10-20 21:36 | 日本の風景  

千葉県印旛郡栄町の丹波の黒豆『どらまめ』

先日天ぷらとなって紹介した、『どらまめ』の追加説明です。

明日、木内酒造さんの酒造り講座に行きますが、終了後の懇親会で一人一品持ち寄りなので、私はどらまめを持ってゆくことにしました。
それで、今日購入してきたんで、その時の写真です。
f0193752_116743.jpg


成田市のとなりに位置する印旛郡栄町の名産品です。
どらまめの「どら」はドラゴンの「どら」。栄町には龍角寺という奈良時代の大変古いお寺跡があり、竜神伝説が残っているため、町おこしとして「どら」をアピールしているようです。
印旛沼周辺に龍腹寺、龍尾寺というお寺もあったそうで、天から落ちた龍の頭、お腹、しっぽをそれぞれ祀ったとか。

もとは兵庫県の有名な丹波黒を持ってきて栽培したものです。
毎年、この時期に2~3週間だけの販売ですので、即席のテントで販売所ができます。
ここで、とれたての枝豆をおばさんたちが、枝から外しながら袋詰めして販売してます。
のどかでしょう。
f0193752_1425342.jpg


大変大粒で、実がふっくらしており、おまめの味が濃い枝豆です。
もし、この時期に成田近辺にお越しの際は是非一度お試しあれ!
わかりやすい販売所は千葉県立『房総のむら』内の「ドラムの里」という産直品販売所で販売してます。
一袋(300g)で350円程度です。

# by sakenihon | 2008-10-19 01:58 | その他いろいろ