さっきTVでウエンツが・・・・ 金沢 やちや酒造へ

さきほどテレビを見ていましたら、ウエンツ瑛士が出演している「お宝さがしの旅」的な番組に金沢市の『やちや酒造』さんが出ていました。
さすがに石川県でも最も歴史があるお蔵だけのことはあって、いろいろお宝が出ていました。

やちや酒造さんへは7月に訪問しました。
先ほどのTV番組に出ていた、ご高齢の先代第13代蔵元さんから蔵の中を案内してもらいました。
いつか書こうと思っていたお蔵さんでしたので、この機会に書いちゃいます。
f0193752_23113168.jpg


やちや酒造さんのお酒の銘柄は『加賀鶴』です。
天正11年(1583年)加賀100万石の藩祖、前田利家公が尾張から金沢へ移ったときにお供してきた大名家お抱えの蔵元です。
寛永5年(1628年)に『谷内屋』の屋号と『加賀鶴』の銘柄を殿様から拝受し、その年を創業の年としています。
420年間酒造りを続けてきたのですから、間違いなく全国屈指の歴史ある酒蔵であり企業ですね。
400年以上も同じ場所で、営々と続く産業って世界的にも類を見ないのでは?
一種の世界遺産だと思います。日本酒の酒蔵は。

酒蔵は金沢駅から北東へ3kmほどのところにあり、蔵の前の道が『旧北国街道』です。
金沢から一つ目の宿場「津幡」への途中の街道に面し、多くの旅人が行きかっていたのでしょう。
寒い寒い旅の道すがら身体を芯から温めるのは400年前も、やっぱり暖かい日本酒です。

蔵の玄関を入ってすぐの土間に面して座敷があります。
座敷といってもほとんど板張りです。
下の写真の右上隅に畳のようなものが見えると思いますが、そこの一畳だけが畳で蔵元の座る場所だったそうです。
f0193752_23353324.jpg


御覧のように大きな自在鍵が二つぶら下がる囲炉裏が切ってあります。
なぜ、2つも自在鍵があったのでしょうか?
向って左の火は普通に煮炊きをするための囲炉裏。
そして、右側はお酒の燗付け専用の囲炉裏なんだそうです。
旅人がいつ身体を温めに立ち寄ってもいいように、お酒専用の火がいつも用意されていたというわけですね。そしてこの板張りに座って一服していったのでしょうね。
f0193752_23515676.jpg
ちなみに、左側のカギは釣り針型をしていて七福神の『恵比寿さん』(漁業・商売繁盛の神)を現わし、右のカギは根本の部分が丸く膨らんでいて『大黒さん』(豊作の神様)が被っている帽子を現わしているとのことでした。

このお蔵のものについて、一つ一つを聴いていったら何日もかかりそうでした。


残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいましたが、この酒蔵の中に古くて大変立派な土蔵がありました。 家屋と土蔵は国の有形文化財に指定されています。
この土蔵には驚きました。屋内の土蔵です。
壁の厚さが約40cm。ですから土蔵の大きな扉も厚さ40cmあります。
この扉、一つで重さが2トンだそうです。
壁も扉も土でできているのは当然ですが、土の壁に2トンの土の扉がどうやってぶら下がっているのか? それも数百年間びくともしないで。
確かに大きな鉄の蝶つがいで接合しているのですが、なぜ土にそんな強度があるのでしょう?
私は目の前で現物を見ても信じられませんでしたよ。
現代ではだれも作れない技術だそうです。
いにしえの日本人の技術力に畏敬の念を感じます。
(写真がないのがホントに残念です。)
f0193752_130499.jpg
金沢に行かれることがありましたら、兼六園だけでなく『やちや酒造』へも立ち寄ってみてください。
お酒を召し上がらない方でも、きっと生きた歴史を肌で感じることができると思います。

あっ!それと昭和61年のNHK銀河テレビ小説「かなかな虫は、天の蟲」の舞台となったそうで、酒蔵でロケが行われた酒蔵としても金沢の人の記憶に残る場所だそうです。
(このことは特に13代目のご自慢のようで、当時の写真アルバムなど見せていただきました。)

最後になりましたが、『加賀鶴』はてらいのない、旨味たっぷりの辛口、石川のお酒です。
東京にも取り扱っている酒販店さんは多いと思いますが、是非現地で召し上がっていただきたいお酒です。




ランキングに参加してま~す。
ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック人気ブログランキングへ
[PR]

# by sakenihon | 2008-11-01 00:48 | 酒蔵めぐり  

本日の一献 《10月30日》 『銀だら粕漬け』で飲み過ぎです

昨日の夜はついつい飲み過ぎてしまいました。

f0193752_23515161.jpg
先日ご紹介した藤井酒造さんの『龍勢 夜の帝王』、一升瓶でしたのでまだまだ残ってまして、先日と同じく熱燗にして飲んだんですが、これが旨かった~~

先日、栓を開けてすぐは酸味がかなり強かったんですが、それから2日ほど経って適度に酸が抜けて、私にとってはすごーくいい感じ!に化けておりました。
いやー、これだから日本酒は面白いんです。
さすがは『夜の帝王』。 夜な夜なよく化ける酒です。


日本酒は栓を抜いてすぐが一番旨いとおっしゃる方もおられるようですが、私はそうとは限らないと思ってます。
特に酸が強かったり発砲性のものの場合は、舌への刺激が強いので自分好みの飲みごろというものがあっていいと思いますね。
つうことで、昨夜のこのお酒は私の飲みごろとピッタリ一致していたようで、盃がついつい進んでしまいました。
チョット反省。

肴も久々のヒットでした。
いつもの御徒町吉池で購入した銀だらを2日間ほど酒粕に漬けて焼いただけのもの。
脂ののった銀だらに、きりっとしまった辛口燗酒がど真ん中にはまりました。
こんなんがあったら、どうしてもグビっといってしまいます。
f0193752_18394416.jpg


銀だらの粕漬けって結構いい値段しますよね。一切れ300円とか。
今回は大きな一切れを400円で買ってきて、写真のように5つに切り分けて粕に漬けました。
お値段も超お手頃で大満足の夜。

今宵も美味しいお酒と素晴らしい食材に感謝 感謝。




ランキングの参加してま~す。
ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック人気ブログランキングへ
[PR]

# by sakenihon | 2008-10-31 19:05 | 本日の一献  

たかが水、されど水、忘れちゃいけない『水』のはなし

日本酒に限らず、飲料である限り『水』は不可欠な材料です。
興味のない方には退屈な話題ですが、今後いろいろな酒蔵を紹介するときに不可欠な項目ですので我慢してくださいね。

日本酒造りにおいても米と同じくらいに重要な材料となります。
日本酒を造るための水は『仕込み水』と呼ばれます。
お米は遠くから運ぶことも可能ですが、水はそうはいきません。
酒蔵のある場所の水がその場所の酒の味の個性となります。

水に含まれるマグネシウムカルシウムなどの鉱物が酵母菌のエサとなりますので、その含有量がお酒の味に大きく影響します。
マグネシウムやカルシウムの含有が多いものを硬水といい、少ないものを軟水といいます。
硬水は舌ざわりがザラザラして、ちょっとチクチク感じることもあります。
軟水は舌ざわりが柔らかくなめらかに感じます。超軟水は「ぬるっ」とした感触さえあります。

本来では硬水の方が酵母にとってエサが豊富な水ですので、お酒造りに向いています。
が江戸時代の最大の酒造地域となったのも、灘の水が六甲山の岩盤の鉱物を含んだ硬水であったためだそうです。
硬水で造った日本酒はアルコール発酵のスピードが速く、すっきりした辛口の酒ができます。
これに対して京都伏見は軟水です。
軟水でゆっくりと発酵させるとやわらかな旨味の強いお酒が造りやすいようです。

江戸時代は軟水で日本酒を造るのは困難でしたが、現在は技術の進歩や温度管理の発達によって軟水での酒造りが可能になりました。
そればかりか軟水によるゆっくりとしたアルコール発酵が吟醸酒造りに向くことから、最近では軟水のほうが酒造りに向いているとさえいわれます。
軟水にマグネシウムやカルシウムを人工的に加えることは容易、という観点からも軟水の方が扱いやすいともいえるようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【獺祭の仕込み水】
私が今まで味わったなかで最も柔らかいと感じたのは、獺祭で有名な山口県の旭酒造さんの仕込み水です。
検査室の中の蛇口から直接に飲んだ、その水の舌触りの柔らかさには驚きました。
獺祭の酒質の滑らかさは精米だけではなく、仕込み水にも秘密があると確信しました。

市販されている水は火入れされていますし、ペットボトルの臭いが移ってしまうこともあります。
酒蔵に行くことがありましたら、是非湧き出す清水を直接口にしてみてください。
酒蔵には玄関先に井戸があるところもあり、近所の住人の皆さんが自由に持ってゆくことができます。
f0193752_21131836.jpg
この写真は広島県西条市のとある酒蔵の前で、ペットボトルに水を汲んでいる近所の方の風景です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

硬水、軟水の度合いを表すのは「硬度」という指標です
硬度の表し方には「ドイツ硬度」「アメリカ硬度」があります。
現在ではアメリカ硬度が一般的で、市販のミネラルウォーターなどにはすべてアメリカ硬度で表記されています。
しかし、第二次世界大戦前まではドイツ硬度が一般に使われていたため、日本酒造りの世界では今でもドイツ硬度を使われることが少なくありません。

アメリカ硬度(ppm)の計算方法(含有量は一例)   
-------------------------------------
 カルシウム   x  係数  + マグネシウム   x  係数  = アメリカ   ドイツ
含有量(mg/L)           含有量(mg/L)            硬度     硬度
   13         2.5       6.4          4      58      3.25
-------------------------------------
ドイツ硬度(dH)=アメリカ硬度(ppm)  x 0.056

硬度とは『炭酸カルシウム(CaCO3)が1リットル中に含まれているmg数』
             アメリカ硬度       ドイツ硬度
軟水           0~60         0~3.3
中程度の軟水    61~120        3.4~6.7
硬水         121~180        6.8~10.0
非常な硬水      181以上        10以上

ランキングに登録しました。
『ワンクリック』お願いいたします!
人気ブログランキングへ
[PR]

# by sakenihon | 2008-10-30 21:16 | 日本酒の作り方  

本日の一献《10月28日》 夜の帝王はお燗好き

今日の一献。

日本酒は藤井酒造さんの『龍勢 夜の帝王』です。
f0193752_23515161.jpg

ちょっと怪しいネーミングですが、中身は全く怪しくありません。
だいぶ肌寒くなってきましたので、『お燗で一杯』が恋しい季節になってきましたね。
この『龍勢 夜の帝王』はまさにお燗で化けるお酒です。

八反錦を60%精米した特別純米酒です。
常温で飲むとかなり強い酸を感じます。
旨味が強い酸味に隠れてしまいがちなのですが、これをお燗にしますと酸が随分まろやかになり、隠れていた旨味がパッと開きます。
余計なヒネ香などがなくて、大変すっきりした味わいの純米酒らしい純米酒です。


f0193752_2125190.jpg
お燗はぬる燗よりも50℃くらいの熱燗にした方が、より旨味が立つように感じました。
ぬる燗がお好みなら、一度熱燗にしたものを多少冷まして飲むといいと思います。
冷めても香味は損なわれません。
日本酒独特の燗酒の美味しさを、是非お試しください。



藤井酒造株式会社は広島県竹原市にある、純米酒100%の酒蔵です。
藤井酒造「龍勢」は軟水による酒造法を確立した三浦仙三郎から直々に指導を受け、明治40年に行われた第一回全国清酒品評会で第一位を獲得しています。
平成17年にはヨーロッパのワインコンテストの日本酒部門でゴールドメダルを獲得した実力蔵です。
造りの規模を抑えながら、一つづつ徹底して丁寧な仕事を守る頑固さを持っています。
そのため、時代に流されず本当にしっかりとした酒らしい酒を醸している蔵です。

今年7月に訪問し、蔵元の弟さんで杜氏の藤井雅夫さんから直接に話を聴けました。
大変腰が引くく控え目な方でですが、こと酒造りの話になると厳格さや頑固さが話の隅々で感じられる方でした。

お蔵が立地する広島県竹原市も大変素晴らしい、日本の原風景を残す街です。
f0193752_31373.jpg


f0193752_325970.jpg


この先に蔵元があります。
一般の方が気軽に見学できるギャラリーもあります。
機会があったら是非足を運んでいただきたい街です。



ブログランキングに参加しました。
ワンクリックのお恵みを~~
人気ブログランキングへ
[PR]

# by sakenihon | 2008-10-29 03:23 | 本日の一献  

酒造り講座のオマケ。餅つき

木内酒造さんの酒造り講座はいつもお楽しみがついてきます。

今回はちょっと早い「餅つき」がオマケです。

f0193752_1952213.jpg
f0193752_19553240.jpg





なんともち米は酒米と一緒に甑で蒸しました。
さすが酒蔵!!


まずは杵でもち米を丁寧にすりつぶしてからつきます。
それにしても大きな臼です。
f0193752_20173377.jpg
餅をついてるのは二人の外人さん。
酒造り講座は国際色も豊かです。


お餅をついている間に大根おろしを準備。
量が多いから大変です。
f0193752_20201232.jpg
お餅は大根おろし、きなこ、あんこ、お雑煮とフルコースで楽しく頂きました。
少し早いお正月。


f0193752_20242488.jpg
いつもはここで当然のように
「ちょっと一杯」が入るところですが、
今日はお茶だけ・・・


f0193752_2195859.jpg
というのも、今日は日本酒につての講義があるからでした。
講師は木内酒造技術顧問の林先生。
難しい話をとても楽しく話してくれます。
結論は「お酒は適量に尽きる」ということ。
やっぱりね。


f0193752_21142230.jpg
講義は座学だけではありません。
日本酒のアルコール度酸度アミノ酸度日本酒度の測定の実技までありました。
レベル高いですようねー
毎年続けてるから、参加者のレベルが上がって、ここまでやるようになったんでしょうかね。


f0193752_21194766.jpg
これは日本酒度の測定。
甘口だと比重が大きいのでシリンダーの中の浮状の測定器は浮きます。辛口だと沈みます。
その時の値を見て「日本酒度」を測るんだ~なるほどねーって、初めてのメンバーは感心しきりです。
私も興奮しましたよ。ホント!


今回の酒造り講座には都内から参加の若いグループもいます。
私のように一人でぶらりと参加した者もいます。
小学校で英語を教えている外人さんもいます。
今日はベトナムからのお客さんもいました。

みんな微生物が造る日本酒の世界を楽しんでいます。
興味をもたれた方は、遠慮なく途中参加をお勧めしますよ。
次回は12月7日。
少し間は空きますが、いよいよ「しぼり」です。


★ランキングに参加しました★
へーッと感じていただいたら、ワンクリックのお恵みを~
人気ブログランキングへ
[PR]

# by sakenihon | 2008-10-28 21:47 | 日本酒の作り方