人気ブログランキング |

タグ:北陸地方 ( 3 ) タグの人気記事

 

にしんの昆布巻

f0193752_200342.jpg昨年の年末、近くの大手スーパーで

『にしんの昆布巻』
を買いました。

正月用にワゴンに山積みで販売されていた商品

です。

にしんの昆布巻が特別好きなわけではありません

が、裏面の表示の中に『おおっ!』という箇所が

あったので、思わず買ってしまいました。
f0193752_1957744.jpg『中国産の昆布』と『アメリカ産のにしん』が

原料ですが、生産地は『富山県』

なっています。

『おおっ!』はこの『富山県』の部分です。

なぜ、この商品が富山県で造られているのか?

この理由、わかりますか?


ヒントは『北前船』。
f0193752_2275398.jpg


本来は昆布にしんも北海道の物産です。

かつて(江戸時代~明治初期)は昆布もみがきにしんも『北前船』という輸送船で北海道から

各地に運ばれていました。

その『北前船』の寄港地の一つが富山であり、運ばれた食材の加工の場所ともなっていました。

その名残りで富山県は現在でも『にしんの昆布巻』 『魚の昆布〆』『昆布入りかまぼこ』

などの昆布加工品の生産が多く、昆布の消費量日本一だそうです。


福島県での酒の肴として有名な『にしんの山椒漬』。

こちらも山形県の酒田まで北前船で運ばれた「みがきにしん」を陸路で福島へ運んだこと

から生まれたもののようです。


実は、のんべえがいま一番興味があるのが『北前船』。

きっかけは富山の『満寿泉』『舛田酒造店』さんへ行った時からはじまります。

『舛田酒造店』さんの生い立ちのHPをご覧ください。=> こちら!

実際に行ってみると驚くのですが、舛田酒造さんは海まで100mとないような場所にあります。

ここから『北前船』ってなに?という興味が湧きました。

少し調べてみると、日本各地の食材や文化を交易によって流通させ、日本人の味覚だけでなく

いろいろな文化の形成にも大きく関わっていたもののようです。

特に日本酒にとっては原料となる米の輸送、そして日本酒そのものの輸送にも大きく関係して

いることがわかりました。

各港での『北前船』の代理店的な役割を果たしたのが『廻船問屋』。

富山の舛田酒造店さんや愛媛の石鎚酒造さんの前身は『廻船問屋』だったとのこと。

直接にも間接にも日本酒と北前船は深~い関係があるようです。


北前船を調べてゆくと日本酒以外にも、現在の私たちの生活や文化のルーツがいろいろと見えて

きそうです。

まだまだ勉強中ですが、今年はつれづれに『北前船』をキーワードにしたネタもこのブログに加えて

ゆこうとおもいます。

よろしくお付き合いくださいませ~~


f0193752_2229183.jpg
満寿泉『舛田酒造店』がある富山市東岩瀬の現在の風景。

昔、北前船が停泊していたであろう岸壁には、外国船籍の貨物船。

積み荷は中古の日本車でした。







にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-06 22:59 | 日本の歴史  

たぶん日本で一番小さな酒蔵 『御所泉』

昨夜、書いた『やちや酒造』さんから徒歩15分のところに、もう一軒酒蔵があります。
有限会社武内酒造店さん。お酒は『御所泉』です。
こちらへも『やちや酒造』さんと同じ日にお邪魔してきました。
f0193752_11271119.jpg


私の推測ですが、全国最小規模のお蔵さんの一つだと思います。
武内酒造さんの石高はなんと100石です。
日本酒の生産量を表す時は『石高(こくだか)』という言葉をつかいます。
1石は一升瓶(1.8リットル)100本分です。
100石ということは1年間のお酒の生産量が一升瓶で1万本ということになります。

普通、酒蔵として成り立つには400石以上の規模が必要と言われています。
原材料となるお米の購入費に加えて、不動産、設備の維持、杜氏さんや蔵びとさんのお給料などの固定費を賄うためには、その程度の規模が必要となるのは推測できます。

『御所泉』が現在の規模でなんとか成り立っている秘密は販売方法にあるようです。
問屋さんや酒屋さんを通さず、蔵近隣の約200軒の消費者へ直接販売することによって、流通コストをほぼゼロに抑えていることが、特徴だとおもいます。

200軒で年間一升瓶1万本の消費するわけですので、平均1軒あたり50本、毎月4升飲んでくれるお客さんが200人いるということになりますね。すごいヘビーユーザーさんです!
一度に6本、12本と箱買いすることも珍しくないそうです。
昔からの近隣の愛飲家に支えられたお酒といますね。
蔵元が最終消費者宅まで直接届ける究極の直販ですが、昔はこれが普通の姿だったんですね。
東京向けの味ではなく、昔からの石川の酒の味が残っているとも言えますね。
f0193752_12463335.jpg
最近の純米酒傾向に全く背を向け、すべて醸造用アルコール添加原酒のアルコール度数は20%とかなり特徴のある酒造りです。
蔵元の武内さんの軸足にブレはなく、『これしかない!』という姿勢でやっておられます。

こうゆうお蔵が残ってることは嬉しいものですが、経営は楽ではないようで副業として酒蔵の隣にコンビニエンスストアを経営されています。
蔵元の奥さまが店長をされ、家族の総力でお酒造りを続けておられるお蔵です。
なんとかこれからも酒造りを続けていただきたいものです。

蔵元のHPがなくなってしまいました。
酒販店(石川県・宮崎酒販店)さんのHPに詳細がありましたのでリンクします。



松井秀喜が通った金沢星稜高校がお蔵の目の前です。
写真には大学しか映ってませんが、高校もすぐ横です。
松井の下宿もこの近く金沢市御所町だったと聞いています。
f0193752_129321.jpg




ランキングへ参加してま~す。
ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-11-01 12:54 | 酒蔵めぐり  

さっきTVでウエンツが・・・・ 金沢 やちや酒造へ

さきほどテレビを見ていましたら、ウエンツ瑛士が出演している「お宝さがしの旅」的な番組に金沢市の『やちや酒造』さんが出ていました。
さすがに石川県でも最も歴史があるお蔵だけのことはあって、いろいろお宝が出ていました。

やちや酒造さんへは7月に訪問しました。
先ほどのTV番組に出ていた、ご高齢の先代第13代蔵元さんから蔵の中を案内してもらいました。
いつか書こうと思っていたお蔵さんでしたので、この機会に書いちゃいます。
f0193752_23113168.jpg


やちや酒造さんのお酒の銘柄は『加賀鶴』です。
天正11年(1583年)加賀100万石の藩祖、前田利家公が尾張から金沢へ移ったときにお供してきた大名家お抱えの蔵元です。
寛永5年(1628年)に『谷内屋』の屋号と『加賀鶴』の銘柄を殿様から拝受し、その年を創業の年としています。
420年間酒造りを続けてきたのですから、間違いなく全国屈指の歴史ある酒蔵であり企業ですね。
400年以上も同じ場所で、営々と続く産業って世界的にも類を見ないのでは?
一種の世界遺産だと思います。日本酒の酒蔵は。

酒蔵は金沢駅から北東へ3kmほどのところにあり、蔵の前の道が『旧北国街道』です。
金沢から一つ目の宿場「津幡」への途中の街道に面し、多くの旅人が行きかっていたのでしょう。
寒い寒い旅の道すがら身体を芯から温めるのは400年前も、やっぱり暖かい日本酒です。

蔵の玄関を入ってすぐの土間に面して座敷があります。
座敷といってもほとんど板張りです。
下の写真の右上隅に畳のようなものが見えると思いますが、そこの一畳だけが畳で蔵元の座る場所だったそうです。
f0193752_23353324.jpg


御覧のように大きな自在鍵が二つぶら下がる囲炉裏が切ってあります。
なぜ、2つも自在鍵があったのでしょうか?
向って左の火は普通に煮炊きをするための囲炉裏。
そして、右側はお酒の燗付け専用の囲炉裏なんだそうです。
旅人がいつ身体を温めに立ち寄ってもいいように、お酒専用の火がいつも用意されていたというわけですね。そしてこの板張りに座って一服していったのでしょうね。
f0193752_23515676.jpg
ちなみに、左側のカギは釣り針型をしていて七福神の『恵比寿さん』(漁業・商売繁盛の神)を現わし、右のカギは根本の部分が丸く膨らんでいて『大黒さん』(豊作の神様)が被っている帽子を現わしているとのことでした。

このお蔵のものについて、一つ一つを聴いていったら何日もかかりそうでした。


残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいましたが、この酒蔵の中に古くて大変立派な土蔵がありました。 家屋と土蔵は国の有形文化財に指定されています。
この土蔵には驚きました。屋内の土蔵です。
壁の厚さが約40cm。ですから土蔵の大きな扉も厚さ40cmあります。
この扉、一つで重さが2トンだそうです。
壁も扉も土でできているのは当然ですが、土の壁に2トンの土の扉がどうやってぶら下がっているのか? それも数百年間びくともしないで。
確かに大きな鉄の蝶つがいで接合しているのですが、なぜ土にそんな強度があるのでしょう?
私は目の前で現物を見ても信じられませんでしたよ。
現代ではだれも作れない技術だそうです。
いにしえの日本人の技術力に畏敬の念を感じます。
(写真がないのがホントに残念です。)
f0193752_130499.jpg
金沢に行かれることがありましたら、兼六園だけでなく『やちや酒造』へも立ち寄ってみてください。
お酒を召し上がらない方でも、きっと生きた歴史を肌で感じることができると思います。

あっ!それと昭和61年のNHK銀河テレビ小説「かなかな虫は、天の蟲」の舞台となったそうで、酒蔵でロケが行われた酒蔵としても金沢の人の記憶に残る場所だそうです。
(このことは特に13代目のご自慢のようで、当時の写真アルバムなど見せていただきました。)

最後になりましたが、『加賀鶴』はてらいのない、旨味たっぷりの辛口、石川のお酒です。
東京にも取り扱っている酒販店さんは多いと思いますが、是非現地で召し上がっていただきたいお酒です。




ランキングに参加してま~す。
ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-11-01 00:48 | 酒蔵めぐり