人気ブログランキング |

タグ:千葉県 ( 22 ) タグの人気記事

 

寺田本家 《マクロビオティックと日本酒をつなぐ酒蔵 つづき》

蔵見学を終えた後、今日のメインイベントとも言える『トークショー』です。
f0193752_17122790.jpg

寺田本家23代蔵元の寺田啓佐さん、寺田さんの出版された『発酵道』という本の
編集者の吉度日央里さん、そしてドラマ『相棒』シリーズの宮部たまき役でお馴染みの
女優(元)高樹沙耶=現在は本名の益戸育江さんの三人によるトークショーです。

今は使われなくなった”旧蔵”が会場です。
”旧蔵”もいい感じです。
f0193752_17311315.jpg
f0193752_1731254.jpg

30分以上前からお客さんが場所取りを始めていました。
お客さんが健康食系の雑誌を見ながら待っているのが目につきました。
f0193752_1729649.jpg

トークショー開始です。
f0193752_1732234.jpg
テーマは「チェンジ」。
寺田さんが直前に決めたそうです。
寺田蔵元は「桶売り商売から今の酒造りへのチェンジ」を、益戸さんは「女優からフリーダイビング、そして農業へのチェンジ」を、吉度さんは「大手出版社社員から出産・子育てから現在の編集者へのチェンジ」をと、それぞれが壮絶なチェンジの歴史を語っていただきました。
f0193752_17322093.jpg
会場は和やかながら、話に引き込まれてしまい、約1時間があっという間でした。
3人のチェンジを支えた共通キーワードはやっぱり『マクロビオティック』ということだったようです。
子供を抱えたままの立ち見の人も含めて、誰一人途中で退場する人はいませんでした。

トークショーを終わって外に出ると、すでに太陽が傾き始めていました。
f0193752_1821056.jpg

『酒蔵まつり』のフィナーレに近づき、中庭は”歌えや踊れや”状態。
f0193752_184357.jpg
f0193752_1845885.jpg
f0193752_1851098.jpg
蔵人さんによる『もと擦りうた』
f0193752_1885688.jpg

そして最後は蔵元の寺田さんがリード役となって『ふるさと』を「うさぎおーいし~」と大合唱。
f0193752_18114342.jpg

日暮の酒蔵で煙突を見上げながら『ふるさと』を歌っていると、胸がじーんとしてきました。
f0193752_18143039.jpg


寺田本家さんの酒蔵まつりのレポートはこれでおしまい。

ですが、発芽玄米酒『むすび』によって、どうしてこんなに寺田本家さんが元気な酒蔵
になったのかは、今一つ理解いただけないと思います。

その部分の補足はまた明日・・・・・・




2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング

by sakenihon | 2009-03-22 18:23 | 酒蔵めぐり  

寺田本家 《マクロビオティックと日本酒をつなぐ酒蔵 》

寺田本家さんのお酒については、このブログをスタートした当初に紹介しています。

①本日の一献の第一回での『香取 精米90%』
②ドイツ料理と日本酒での『五人娘 純米吟醸』

しかし、寺田本家さんの特徴はこれだけでは全く伝わっていません。
f0193752_17272135.jpg
寺田本家には

発芽玄米から造った『むすひ』

というお酒があります。

このお酒を紹介するのが寺田本家さんの特徴を

ご理解いただける近道だと思います。



玄米が原料ですので当然精米歩合は100%、アルコール度7~8度のこのお酒は

酒税法上の規定では清酒ではなく『その他雑酒2』と区分されます。

年間を通じて小ロットで生産され、造る度に味が違うという代物です。

活きた醪が混じっているため白濁し、発泡性が極めて強い甘口です。

玄米特有の雑味と香りで、蔵元自らが「日本一まずい酒」と公言するものです。

寺田さん独特の信念で勝手に造られて、売れるはずがないお酒だったのですが、

このお酒がなかったら、以下のような『酒蔵まつり』はなかったでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
蔵の中庭では、いくつものグループのミニコンサート。
f0193752_17571669.jpg

微生物の発酵の力を使った『足湯』も大盛況!
f0193752_17594674.jpg
ポッカポカのヌカの中に足を突っ込んで、子供達も大はしゃぎ!
f0193752_180505.jpg

のどが渇いたら仕込み水。 この水も『電子技法』という炭の力を利用したもの。
f0193752_18132065.jpg

当日は、蔵の中も完全オープンで見学できました。(こんなに見せて大丈夫?)

大きな甑から見学スタート!
f0193752_18174988.jpg
f0193752_1818324.jpg
f0193752_18184213.jpg
f0193752_18194154.jpg
今年の麹造りは終了したとはいえ、麹室にも入れます。
f0193752_1820272.jpg
この麹室も『電子技法』の理論によって、
床や壁や天井には大量の炭で埋め込まれているそうです。 
f0193752_18201926.jpg
丁寧に仕事の要領まで説明されます。
f0193752_18212368.jpg

酒母室です。ここが『菌』の宝庫。
f0193752_18292527.jpg
この板の色、素晴らしい! この板の中に様々な『菌』が住んでいるんです。
薬品やアルコールは一切使わない、ここの掃除は水による高圧洗浄だけ。
f0193752_1831726.jpg
空調は天然空調。
f0193752_18361693.jpg
これは『生もとづくり』『山おろし作業』に使用される『もと擦り桶』。 
 (注)「もと」は酒の右側に「元」という漢字です。
この蔵では『もとすり歌』を歌うことでリズムと時間を測りながら作業がなされているそうです。
f0193752_18481768.jpg
この『山おろし作業』は大変な重労働で、それを省略するために『山おろし廃止』(山廃)という
酒造りの方法が生まれたこと、現在のような高精米のお米の山おろし作業は楽になったこと、
までを丁寧にご説明していただきました。

そして発酵中の仕込みタンク。
f0193752_18495249.jpg
f0193752_18504489.jpg


この日だけで、千人以上がこのような見学をできたと思います。
非常に丁寧で詳しい酒蔵見学でした。
感謝です。

随分長くなってしまいましたが、このあとに蔵元と益戸育江(高樹沙耶)さんとのトークショー。
その模様は続けて次回に・・・・・・




2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング

by sakenihon | 2009-03-21 19:09 | 酒蔵めぐり  

酒蔵まつり2009in神崎 《寺田本家》

もう一週間ほど前のことになりましたが、3月15日に千葉県の利根川沿いの街、

神崎町(こうさきまち)で開催された『酒蔵まつり2009in神崎』のレポートです。

この町には、『仁勇』『鍋店(なべだな)神崎酒造蔵』と、 『五人娘』『寺田本家』

の二つの酒蔵があります。

今回の『酒蔵まつり』はこの二つの酒蔵を中心とした街ぐるみのお祭りでした。

【神崎町には神様がいっぱい!】

成田駅から成田線で銚子方面へ約20分ほど、下総神崎(しもうさこうざき)駅で下車。
東京からは2時間以上、成田線は単線。 便利な場所ではありません。
f0193752_238229.jpg

駅から酒蔵まつりの会場までは約2km。
当日はシャトルバスもありましたが、来場者が多すぎてほとんどの人はテクテク歩き。
f0193752_23175574.jpg
その道すがら、たくさんの神様(道祖神)に出会いました。 
大きな木があるところには神様がいます。
f0193752_23241964.jpg
f0193752_23271972.jpg
道の角々にも・・・
f0193752_23293245.jpg


【鍋店酒造のお祭り】
最初の訪れたのは『鍋店酒造』  この付近では大型の近代的な酒蔵です。
入口付近から大混雑。交通整理も大変です。
f0193752_23331549.jpg

餅つきなどのイベントも多彩。
f0193752_23361798.jpg

お酒以外の地元の産物の販売など、多種多様な模擬店が並びます。
f0193752_23371748.jpg

ここだけで5000人以上の人出だとか・・・大規模な酒蔵祭りです。


【寺田本家のお祭り】

寺田本家さんも大盛況です。 が、鍋店さんとはまったく違った雰囲気と客層。
そう!寺田本家さんは普通の酒蔵ではないんです!
私のこの日の目的も寺田酒造さん。 以前から一度来てみたかったお蔵さんでした。
蔵の前の小さな通りは100軒もの出店とお客さんで、まるで原宿竹下通りです。
f0193752_23524033.jpg

まず違うのはその出店の”なかみ”
ほとんどのお店に共通するキーワードは・・・・・・・
『オーガニック』 『ナチュラル』 『マクロビオティックス』
テントの柱も『竹』というナチュラル感。
どこから集まって来たんだ?と驚くほどの若い人たちのお店ばかり。
f0193752_23584069.jpg
f0193752_23585393.jpg
f0193752_23593350.jpg
f0193752_23594813.jpg

やっと、寺田本家さんの前にたどりつきました。
ようやく「あこがれの酒蔵」さんとの出会いです。

鍋店(なべだな)さんよりずっとこじんまりとした、古風な酒蔵。
そして、来場者の雰囲気がなんとなく『酒蔵まつり』にはそぐわないんです。
なんといっても女性が多い。 やっぱりそうなんだあ~~と感嘆しました。
f0193752_0124083.jpg
入口の受け付けにはお花がいっぱい。
f0193752_0165058.jpg
入り口横にはこんな案内。
やっぱり「マクロビオティック」です。
f0193752_0153862.jpg


寺田本家さんは変わった酒蔵!
蔵元の寺田啓佐さんの口癖は『発酵すれば腐らない!』

神崎町を『発酵の里』にしてしまったのも寺田さんの功績でしょう。

神崎町のHPにも『発酵の里』の文字が刻まれています。

寺田本家さんとその酒蔵まつりについては、明日ゆっくりと紹介します。
是非、ご覧いただきたいと思います。





2つのランキングへ参加してま~す。
お手間をかけますが、ポチっとワンクリックのお恵みを!


日本酒関連のブログがいっぱい!酒ブログランキングへ⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

お酒全般!人気ブログランキングヘ  ⇒⇒⇒  人気ブログランキング

by sakenihon | 2009-03-21 00:53 | 酒蔵めぐり  

エアバス超大型旅客機A380を撮ったどーっ!

またまた、お酒には全く無関係のネタですみません。

成田空港の滑走路の先端に小さな公園があります。

「さくらの山公園」  
f0193752_15201045.jpg

ここは成田空港から飛び立つ飛行機が間近に見れるスポットで、大きな望遠レンズを抱えた

マニアさんの姿が絶えません。

のんべえはいつもの小さなデジカメだけを持って、飛行機見学にやってきました。
f0193752_15255963.jpg
f0193752_15263531.jpg

4~5分間隔であらゆる大小・各種航空機の着陸、離陸を見ることができます。

のんべえは飛行機に乗ることはあまり好きではありませんが、見ることは好きです。


今日、ここへ来た目的はただ一つ。

シンガポール航空のエアバスA380という飛行機の離陸を見ようとやってきました。

この飛行機、なんと総二階建の超大型

747ジャンボを抜いて世界最大の旅客機です。

最大で約700名の旅客を運べるそうですが、シンガポール航空で使われている機種の定員は

400名ほどだそうです。 

それだけに内部は広くてゴージャスです。 まるで空飛ぶホテルです。

興味ある方はこちらをどうぞ=> シンガポール航空

今現在、日本国内でこの飛行機が飛んでいるのは成田⇔シンガポールの一路線のみ。

つまり、いまここでしか見れない飛行機。  1日1回、11時30分離陸の一発勝負!


11時50分ころ、そろそろかな?と思って待っていると。

   ん? なんか大きくないか?    来た~~~!  来ましたよ!!
   あ~~ボケてる~
f0193752_15521283.jpg

   やっぱり、全体がずんぐりしてます。   
f0193752_15533917.jpg

f0193752_16152368.jpgこちらは、普通の飛行機。
飛び立つ角度の違いが歴然。

   (拡大写真) エンジンが大きく見えて、翼がたわんでいるように見えます。
f0193752_15562147.jpg

   写真ではぶっとさ感が伝わらないのが残念。
f0193752_16175228.jpg
 
   小さなデジカメでもよく撮れてる!
f0193752_1618749.jpg

   離陸後の上昇カーブも大変緩やか。
f0193752_1621187.jpg


  一生に一回くらいは乗ってみたいですねえ。

  最後に、この飛行機は普通じゃない! がよくわかるおとなの記事    
   こんなことありですか???  => 世界のこぼれ話 18禁!(笑)




にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-12-23 16:40 | その他いろいろ  

成田は北総鉄道の建設ラッシュ!


お酒には全く関係ないお話しです。


のんべえの住んでる成田の近くでは今、新しい鉄道が建設されています。

バブル崩壊などの影響で長らく『印旛日本医大』駅までで建設がストップしていたのですが、

小泉政権下で成田空港の利便性向上を目指して建設が再開され、2010年開通を目指して

急ピッチで残り区間の建設が進んでいます。
f0193752_2232377.jpg
新しい区間の鉄道は仮称ですが『成田新高速鉄道線』と呼ばれています。
f0193752_2243650.jpg
『北総鉄道』 『京成線』 『都営浅草線』 『京浜急行線』と直通運転で羽田空港と接続される予定。
f0193752_22452100.jpg
後々は成田~羽田間が約1時間で結ばれるそうですが、
f0193752_2251293.jpg
そのためには都営浅草線の一部をバイパス化して特急運転が可能にする必要があるそうで、
f0193752_2254496.jpg
実現にはまだまだ時間とお金が必要なようです。
f0193752_2255518.jpg
便利になるのはいいんですが、心配なのは運賃。 

今でも北総鉄道は日本一高い鉄道なんていわれています。 

開通したのはいいけれど庶民には乗れない料金、なんてことになるんじゃないかなあ?



近くに酒蔵でもあればもっと絵になるかもしれないけど、今回は酒ネタにはつながりませんでした。


でも、せっかくだからこの工事が進んでゆく風景を時々撮影しておこうと思います。





にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-12-18 23:25 | 日本の風景  

ホームセンターでビール造り?


せっかく車でガソリン使って病院に行くってんで、ついでに買い物を頼まれまして・・・・・

『ジョイフル本田』というホームセンターをご存知でしょうか?

茨城県土浦市に本社をおいて、茨城、千葉を中心の東関東に14店舗ほどのお店があります。

このホームセンター、とにかく デカイ! 

一つのお店が平均で東京ドーム2個分ほどもあります。

その中でも『千葉ニュータウン店』は特に大型店でドーム3.2個分だそうです。
f0193752_1643376.jpg
デカイだけあって、品揃えがいいんです。

この日の買い物は、年末の大掃除に備えて台所のレンジカバーと換気扇のカバー。

カミサンによると3点レンジのカバーはなかなか売ってないんだそうで・・・・・3枚入りで498円。
f0193752_16471179.jpg
お店の中の写真撮影は遠慮しましたが、とにかく広いです。

このホームセンターにはペット専用の買い物カートもありました。
f0193752_16512244.jpg
売り場にはワンちゃんを乗せたカートでお買い物しているお客さんが目につきます。

アメリカ型のショッピングセンターで、ガソリンスタンドもあります。
f0193752_165447100.jpg
近隣より5円程度は安いので、この日も満タンにしました。

このホームセンターにはなんと地ビール工場があるんです!
f0193752_17224880.jpg

f0193752_17233515.jpg

 『プレストンビール』という地ビールで『ブラウンエール』『ペールエール』

『アイリッシュエール』の3種類を造っているようです。

日本で一般的なラガービールではなくて、エールビールです。

ラガーとエールは酵母の違いで、エール酵母の方がラガーよりも発酵温度帯が高いそうです。

一般に温度が高い方が酵母がエステルを生成しやすく香りが高くなるそうです。

そのためエールビールは香り高くコクがあるビール、ラガービールはスッキリした爽やかさと

喉越しのいいビールってことになるんですね。

日本酒は、低温でゆっくり発酵させた方が香り高いお酒になるって思うのですが、ビール酵母と

日本酒酵母では性質が違うのかな?

この疑問、あした木内酒造さんの酒造り講習会に行くので詳しく聞いてみようと思います。


ブラウンエールとペールエールを買ってみました。
今日の夜、カミサンと一緒に味見してみます。
f0193752_17542249.jpg






にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-12-13 18:01 | 酒蔵めぐり  

もっと増えればいいな! ドクターヘリ

先日、久しぶりに病院というところに行ってきました。

特に病気というわけではないのですが、チョットした検査のため大きな病院に行きました。

『日本医科大付属北総病院』   我が家からは車で30分ほど。

現在、 北総鉄道の終着駅がこの病院前の『印旛日本医大』駅です。

北総鉄道は都営浅草線や半蔵門線、京成線にも繋がっていますので、この行き先表示を

ご存じの方は多いかもしれません。
f0193752_9474043.jpg

千葉県北部(北総)ではたぶん一番大きな病院だと思います。

この病院には『ドクターヘリ』が2機あります。

この近辺の救急医療に地域密着で大活躍しています。

以前、私の娘が通っていた小学校で児童が怪我をした時も校庭に飛来したそうです。
f0193752_9582230.jpg

このヘリコプターを見て、アッ!と思った人いませんか?

今年の夏、新垣結衣と山下智久が主演したテレビドラマ『コードブルー』の舞台となったのが

この病院。 使われたのもここのヘリコプターです。

このドラマの中には「八街(やちまた)」なんていう千葉の地名が出てきて楽しかったな!


ところで、私は6月に3日間だけこの病院に検査入院していたのですが、ちょうどその時に

岩手・宮城内陸地震が発生しました。

地震発生からしばらくして2機の内の1機が飛び立って、私の入院中には帰ってきませんでした。

地震被災地域に飛び立ったようです。

まだ日本全国にドクターヘリは十数機しかないそうです。 

もっと増えればいいのにね。 

もっとうまくお金使ってよ、麻生さん!


岩手・宮城内陸地震の震源地の近くで犠牲者も出た宮城県栗原市には『一の蔵』さんの

『金龍蔵』がありましたので大変心配しました。

『金龍蔵』は一の蔵さんの中でも吟醸酒など大変いいお酒を醸している酒造場です。

蔵の一部が崩壊したり土壁が損傷したものの、人的被害と貯蔵中のお酒には被害が出な

かったと聞いて安心したのを思い出しました。=>金龍蔵便り 文月号(被害状況)

しかし、最新情報では、残念ながらレンガ造りの煙突は撤去されたそうです。
=>金龍蔵便り 霜月号



(と、最後はしっかり酒ネタで〆。 我ながらウマい!)


にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-12-13 11:22 | その他いろいろ  

成田からの富士山

昨日の朝は寒かった~~~

でも寒くてお天気がいい日には、成田市からも真っ白な富士山がきれいに見えます。

こんな日は何か得した気になります。

f0193752_0565718.jpg


手前に河のように見えるのは印旛沼です。






いつものんべえのつぶやきを読んでくださり感謝感謝です。
「酒ブログランキング」ってのに参加しています。
ワンクリックがのんべえの励みになります。
こちらのバナーをポチっとお願いしま~~~す。⇒⇒⇒ にほんブログ村 酒ブログへ

by sakenihon | 2008-12-08 01:02 | 日本の風景  

佐原の最上白味醂

千葉県佐原市 現香取市佐原は江戸時代には利根川の水運を活かし、物流上の要として大変栄えた街でした。
今でも街の中心を運河が流れており江戸の情緒を色濃く残し、映画や時代劇のロケ地としても多く活用されている『街ぐるみ博物館』の街です。
f0193752_15373562.jpg


また、隣接の『香取神宮』は下総国一宮で全国400の香取神社の総本社でもあります。
江戸時代に栄えた『お伊勢まいり』は全国から現三重県伊勢市の伊勢神宮を目指す旅ですが、東方からのお伊勢参りの際には香取神宮に参拝し、江戸で名所見物などをしながら、伊勢を目指すというのが定番コースとなっていたとの記述もありますので、その繁栄ぶりは大したものだったのでしょう。(岩波新書 江戸の旅文化 神崎宣武著)
f0193752_15431736.jpg


また、全国を測量し詳細な日本地図を作成したことで知られる伊能忠敬は佐原の出身で、旧宅近くに伊能忠敬記念館も建造されています。

文化的にも大変に栄え、小江戸とも評され廃藩置県の際には千葉県の県庁所在地の候補にもなったといいます。もしそうなっていたら今の千葉県は随分とイメージが変わっていたかもしれませんね。

こんなに栄えた佐原ですから酒蔵も多かったそうですが、現在ではたった2軒が残っています。
幸いなことにこの2軒は極めて健在です。
一軒は『東薫酒造』さんこちらの蔵の杜氏及川恒男杜氏南部杜氏協会会長、全国酒造杜氏連合会会長を務ておられる日本屈指の現役名杜氏で、吟醸酒を中心に毎年いい酒を醸しつづけている蔵です。

そして、もう一軒が『馬場本店』さん
馬場本店さんは日本酒も造られていますが、何といっても『みりん』が有名です。
商品名は『最上白味醂(さいじょうしろみりん』です。
f0193752_12552759.jpg
『味醂』が通常の日本酒と違うところは、原料米に『もち米』を使うこと。
それと発酵の日数(いわゆる「もろみ日数」)が大変長く約2ヵ月も続くこと。つまり、徹底的に糖化させて甘みを引き出すということのようです。

高精白なもち米から造ったものを白味醂、低精白のものを赤味醂と呼んでいたそうです。


f0193752_13112131.jpg


馬場本店さんの『最上白味醂(さいじょうしろみりん』は醸造用糖類などを加えず、国内産もち米と焼酎を用いた江戸時代そのままの製法で造られた味醂で、『飲める味醂』とも呼ばれます。

使いかけで保存しておきますと、右の写真のように瓶の口や首の部分に白い粉が付いてきます。これは糖分が結晶化したもののようです。それほど糖分が多いということで驚かされました。
また、開栓後は(写真のように)色が濃くなることはあっても、香味は変質しないそうです。

私が、佐原に行った時の馬場本店さんの売店での光景ですが、『みりん』というものの理解がないらしい外人さんが、この味醂を試飲して『グッドスゥーイトワイン!』と表現していました。
非常に的を得た表現だと思います。

価格は普通の日本酒並みですので一般の合成みりんに比べると割高ですが、和洋を問わずプロの料理人からは「一度使うとやめられない」と評価が高いようです。
特に仕上げの照りに差が出るのだそうです。

東京からも日帰りで気軽に出かけられる距離です。
もし、機会がありましたら是非一度は立ち寄って、街中の散策をしながら馬場本店さん、東薫酒造さんへ立ち寄ってください。 (2軒は隣接しています。)




ランキングへ参加してま~す。
ワンクリックだけで投票いただけます。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-11-16 13:37 | その他いろいろ  

【速報】 『房総のむら』秋祭り情報

まったくお酒とは無関係なネタですみません。
まじめなネタが続いたんで、チョット気分転換です。

『体験博物館 千葉県立房総のむら』では本日~明日にかけて「秋のまつり」を開催中!
天気もよかったし、タダ!ってことでフラりと行って参りました。
f0193752_19271060.jpg


久々に行くとさすがは県立!って感じで少し立派になってました。
こんなご時世に入場無料で一日つぶせるのは、小さな子供を持つ家庭にとっては助かりますね。
今日もお客さんでいっぱいでした。
江戸の町並みが再現されたこの通りがメインです。
薬屋さん、本屋さん、蕎麦屋さん、小物やさんなどがあって、それぞれでいろんな体験ができます。
f0193752_1929465.jpg


ろうそく造りの体験 300円
f0193752_193047100.jpg


f0193752_1931724.jpg


小さな水路で船にも乗れて・・・
f0193752_19315754.jpg


道端では流山市から来た「新撰組」の殺陣が・・・
f0193752_19324794.jpg


武家屋敷では鎧兜も着れます。 七五三シーズンだもんね!
f0193752_19334251.jpg


優雅な「野だて」
f0193752_1934967.jpg


こんな人も・・・虚無僧(こむそう)っていいましたかね。
私の幼い頃(昭和30年代)は普通に街にいましたよ。お久しぶりでーす。
f0193752_19344588.jpg


房総の農家。本物を移築したものです。農家の中でもかなり立派なものでしょうね。
『房総のむら』には全部で3軒(上総・下総・安房)の農家があります。
f0193752_19353439.jpg


農家の前の畑には野菜がいろいろ・・・・だまってもらってはいけません。
f0193752_19362824.jpg


畑の隅のこんなものが! 
鞘が30cmはある、どでかいお豆さん。 『なた豆』っていうらしいっす。
f0193752_1938170.jpg


立派な母屋です。 武家屋敷よりはるかに立派。
f0193752_19385495.jpg


二階の軒下には干し柿が・・・・季節ですものね!
f0193752_19392766.jpg


「へちま」ってのも久しぶりに見ました。 それにしてもデカイ。
これでタワシ作ったらすごいのができそう・・・・
f0193752_1940513.jpg


敷居は踏みつけちゃだめですよ! ご先祖様の頭だから、って叱られてました。
f0193752_19404628.jpg


お窯もまだ健在です。
お湯からは湯気が・・・・・ 炭の臭いが漂います。天井は真っ黒。立派な竹炭になってます。
お窯の上には神様が・・・・火の神様かな・・・・『火』は神聖なものなんです。やっぱり。
f0193752_19434938.jpg


黄門様だ‼   でもちょっとお疲れ?
f0193752_19443483.jpg


お土産は地元の農家直送の野菜がいろいろ。
もしかしたら栄町特産の丹波黒豆『どらまめ』が今年最後の販売に出会えるかも?
f0193752_19451054.jpg



今日はいい天気でした。
木漏れ日がやさしい秋の休日を満喫できました。
f0193752_19453818.jpg



房総のむらの『秋の祭り』イベントは11月末までやってますよ。
ただし入場無料は明日11月3日までです。明日もお天気は良さそうです。 
お近くの方はどうですか?
(お昼には駐車場がいっぱいになります。)



11月3日のプログラムとパンフもらってきました。 (それぞれクリックで拡大します。)
f0193752_195031.jpg


f0193752_19504230.jpg


f0193752_19511826.jpg


f0193752_19522522.jpg



ランキングへ参加してま~す。
よーやるわ!っと思ったら、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2008-11-02 19:59 | その他いろいろ