人気ブログランキング |

タグ:日本の歴史 ( 42 ) タグの人気記事

 

にしんの昆布巻

f0193752_200342.jpg昨年の年末、近くの大手スーパーで

『にしんの昆布巻』
を買いました。

正月用にワゴンに山積みで販売されていた商品

です。

にしんの昆布巻が特別好きなわけではありません

が、裏面の表示の中に『おおっ!』という箇所が

あったので、思わず買ってしまいました。
f0193752_1957744.jpg『中国産の昆布』と『アメリカ産のにしん』が

原料ですが、生産地は『富山県』

なっています。

『おおっ!』はこの『富山県』の部分です。

なぜ、この商品が富山県で造られているのか?

この理由、わかりますか?


ヒントは『北前船』。
f0193752_2275398.jpg


本来は昆布にしんも北海道の物産です。

かつて(江戸時代~明治初期)は昆布もみがきにしんも『北前船』という輸送船で北海道から

各地に運ばれていました。

その『北前船』の寄港地の一つが富山であり、運ばれた食材の加工の場所ともなっていました。

その名残りで富山県は現在でも『にしんの昆布巻』 『魚の昆布〆』『昆布入りかまぼこ』

などの昆布加工品の生産が多く、昆布の消費量日本一だそうです。


福島県での酒の肴として有名な『にしんの山椒漬』。

こちらも山形県の酒田まで北前船で運ばれた「みがきにしん」を陸路で福島へ運んだこと

から生まれたもののようです。


実は、のんべえがいま一番興味があるのが『北前船』。

きっかけは富山の『満寿泉』『舛田酒造店』さんへ行った時からはじまります。

『舛田酒造店』さんの生い立ちのHPをご覧ください。=> こちら!

実際に行ってみると驚くのですが、舛田酒造さんは海まで100mとないような場所にあります。

ここから『北前船』ってなに?という興味が湧きました。

少し調べてみると、日本各地の食材や文化を交易によって流通させ、日本人の味覚だけでなく

いろいろな文化の形成にも大きく関わっていたもののようです。

特に日本酒にとっては原料となる米の輸送、そして日本酒そのものの輸送にも大きく関係して

いることがわかりました。

各港での『北前船』の代理店的な役割を果たしたのが『廻船問屋』。

富山の舛田酒造店さんや愛媛の石鎚酒造さんの前身は『廻船問屋』だったとのこと。

直接にも間接にも日本酒と北前船は深~い関係があるようです。


北前船を調べてゆくと日本酒以外にも、現在の私たちの生活や文化のルーツがいろいろと見えて

きそうです。

まだまだ勉強中ですが、今年はつれづれに『北前船』をキーワードにしたネタもこのブログに加えて

ゆこうとおもいます。

よろしくお付き合いくださいませ~~


f0193752_2229183.jpg
満寿泉『舛田酒造店』がある富山市東岩瀬の現在の風景。

昔、北前船が停泊していたであろう岸壁には、外国船籍の貨物船。

積み荷は中古の日本車でした。







にほんブログ村 酒ブログへ <<日本酒関連のブログがいっぱい!

ランキングへ参加してま~す。
1日1回、ポチっとワンクリックのお恵みを・・・・・・

こちらをクリック⇒人気ブログランキングへ

by sakenihon | 2009-01-06 22:59 | 日本の歴史  

『一献』のはなし

すでに2回の『本日の一献』をお届けしました。
今日は『一献』という言葉についてお話をさせていただきたいと思います。

最近はあまり使われなくなりましたが、年配の方々は「是非私と一献おつきあいください。」なんて使い方をされることがありますね。

天の恵みであるお米から作られるお酒は人間が神様と何らかの契りを結んだり、神様とのいろいろな交信(祈祷)の際に使われる一つの道具という意味もあったようです。
神社にお参りすると本殿の両側に日本酒の大きな樽が積んでありますよね。
穀物の豊穣を願い、また感謝して神様にお酒を奉納していたんですね。
お酒と神事とはヤマタノオロチの神代の昔から切っても切れない関係のものだったんですね。

そして一献という言葉もそのような神事にまつわる言葉だったようです。
一献とは「盃一杯のお酒と肴のワンセット」のことを表していたそうです。
そして、そのセットが(肴はそれぞれ違うものが添えられて)三度饗される、『三献』が正式なスタイルだったそうです。
そして、その盃を毎回三くちで飲み干すのが作法だったとか。

現在もその名残として残っているのが結婚式での『三三九度の盃』なんだそうです。
昔は結婚式の席上でもちゃんと三献の儀式があったのですが、現在では簡略化され盃一杯を三回で飲み干すだけとなってしまったようです。

まあ、その代りに披露宴だの二次会だので飲みまくり騒ぎまくりの新郎新婦もおられるようで、神も仏もない平和な日本です。

この故事に習い、このブログでの「本日の一献」でも極力お酒と肴のセットでご紹介するように頑張りたいとおもいます。
いつまでつづくやら・・・・・・・・


なお、上記の小ネタはのんべえが読んだ複数の本などの情報から類推した部分を含んでおります。もし間違った部分がございましたらご指摘くださいませ。

by sakenihon | 2008-10-10 02:27 | 本日の一献